まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

規則的変態作品、川畑文昭さんの「亀」にチャレンジ【前編】

f:id:masanii_origami:20190615230559j:image

さて、コレは何を作っている所でしょう!


タイトルのとおり、川畑文昭さんの「亀」でございます。


残念ながら1日(正確には2時間)では終わらず、仕込みを終えたところでタイムリミット。


光に透かすと思いのほか綺麗だったので、お披露目したくなりました。

f:id:masanii_origami:20190615231336j:image
幾何学的な模様と印影が美しいですね。


今日は中間報告と、カメちゃんを折ろうと思った動機をお送りいたします。


❶きっかけはTwitter
コメダで折り紙にふける
❸続きは自宅で
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶きっかけはTwitter
川畑文昭折り紙作品集の「ステゴサウルス」を、必死の思いで完成させた時のこと。
(6月3日の記事)

masanii-origami.hatenablog.com


Twitterにて、こんなリプライをいただきました。

 


「亀」の方が、さらに川畑さんの変態趣味をさらに発揮されています


「亀」より「ステゴサウルス」の方が難しかった

 

つまり、お二人のリプライをまとめると…


「ステゴサウルス」より「亀」の方が変態度が高いが、「亀」の方が簡単


ということは…
俺にもできるんじゃね?
2回目のステゴちゃん、結構うまくできたし!

(6月11日の記事)

masanii-origami.hatenablog.com


という安易な発想で、次のターゲットをカメちゃんに決めたのでした。


コメダで折り紙にふける
久しぶりにゆっくり過ごせる休日だったので、妻と2人でコメダ珈琲へ。


もちろん、カメちゃんを折るためです。
(妻は読書)


おしぼりをテーブルの隅に追いやり、コップの下に紙ナフキンを敷いて、準備完了。

f:id:masanii_origami:20190615231031j:image


蜂蜜オーレウインナーをすすりながら、上機嫌でテキストを開きます。


どれどれ…
うん。変態だね。


ステゴサウルスの変則的な変態とは、また別の変態です。


無数に並ぶ六角形のライン。
これは規則的変態です。


1時間ほど仕込んだところで、妻が読書に飽きてきた様子。


「コレ(下の写真)をあと1段階細くするんだけど、それまで待てる?」

f:id:masanii_origami:20190615231104j:image

と尋ねたら、即答で却下されました。


❸続きは自宅で
自宅で夕食後、仕込みの残りに着手します。


ここでも1時間くらいかかったでしょうか…
やっと、テキスト通りの仕込みが完了。

f:id:masanii_origami:20190615231643j:image


それぞれの交点は、完璧とは言えませんが、まぁまぁキッチリ揃えることができました。

f:id:masanii_origami:20190615231657j:image


ライトに透かすと、角度によって三角形の色が変わります。

f:id:masanii_origami:20190615231327j:image


小さい頃に流行ったおもちゃ「ピタゴラス」みたいですね。


しかし、仕込みだけ終わらせて満足している場合じゃありません。

ステゴサウルスと並ぶ変態作品、明日から本格的に組み立て作業に入ります!


♦︎♦︎♦︎


ということで、今日はカメちゃんの中間報告でございました。

さすがに、仕込みをびっしりやる高難度作品は、サクッと短時間では作れませんね…


ここから盛大に失敗しなければ、次回には完成品をお披露目できると思います。

応援よろしくお願いします\(^o^)/

 

<素材紹介>

創作おりがみ(35.0)

今回使ったもの。大きさと紙質の良さは、ステゴサウルスでも大活躍しました。

<テキスト紹介>

川畑文昭折り紙作品集

www.origamihouse.jp

過去に紹介した「ステゴサウルス」「ネコ」「ヨーダ」などの上級者向け作品を掲載。

 

帰り電車でホロ酔い折り紙、からの朝活! 〜久しぶりのあじさい折り〜

f:id:masanii_origami:20190613235538j:image

飲み会帰りで電車に揺られながら、次は何を折ろうかボンヤリ考えていました。


最近、ガチあじさい折りをやってないな…
ここ1ヶ月で作ったのは、「あじさい玉」くらい。
(6月7日の記事)
https://masanii-origami.hatenablog.com/entry/2019/06/07/234103


あじさい折り、やりたいな…
と思って、カバンを覗くと、あるではないか。


ダイソーの良い和柄があるではないか!
誰だ、こんなに粋な計らいをしたのは。


昨日の俺かッ!
いいぞ昨日の俺!
分かってらっしゃる!!


ということで、久しぶりに「電車内折り紙」を決行。
テキストの中でも指折りのお気に入り作品、「花折りピラミッド」を折りました。


❶23:00の攻防
❷朝8:00の仕上げ!
❸「お酒×折り紙」のススメ
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶23:00の攻防
隣の人がうたた寝をしている横で、バキバキと仕込みを始めたはいいものの…


ふと思いました。
花折りピラミッドは、普通に作って1時間コース。
家に着くまで終わらねぇ!


しかも、半分くらい仕込んだところで、折り筋が反対だったことが発覚。


うおおッ
俺としたことがッ
酒の力は恐ろしい…
さらに終わらねぇ!!


隣の人、目を覚ます。
一瞬こっちを見る。
しかし、再び寝る。


よし、チャンスだ。
完全に、こいつ(隣のおっさん)の迷惑にはなっていない!
一気に加速するぜッ!!


ということで、最寄駅に着くまでに、ここまで進みました。
f:id:masanii_origami:20190613235713j:image


まぁ、酔っ払った状態で、30〜40分でここまで作れれば上出来でしょう!


❷朝8:00の仕上げ!
さすがに、家で続きをやる体力はなかったので、翌日に持ち越し。


朝の通勤電車で早めに座れたので、中途半端なまま放置されたピラミッドを取り出します。


「電車で折り紙してると、注目されるんじゃい?」

「声かけられない?」


という質問をよくもらうのですが…
残念ながら(?)誰も興味を示しません。
世間は冷たいものです。


誤差をちびちび修正しながら、進めること約15分。
何とか完成まで漕ぎ着けました!

f:id:masanii_origami:20190613235927j:image


❸「お酒×折り紙」のススメ
定期講座の生徒さんの中には、
「晩酌しながら折ると、作業が捗るんだよね」
という方がいらっしゃいます。


お酒を片手に折り紙を楽しむのも、なかなか素敵な趣味ですよね。

皆さんは、お酒を飲みながら折り紙をやる事はありますでしょうか?


私は、めっぽうダメみたいです。
「ちょっとズレたけど、まいっか!」と、雑になってしまうんですよね。
今回、改めて実感しました。


私はホットコーヒーを片手に、喫茶店で折り紙をやる瞬間が最高に幸せです。
(アイスコーヒーだと結露するので)


折り紙の楽しみ方が、人によって色々あるのは、とても良いですよね。

皆さんも、オススメの楽しみ方があれば、ぜひ教えてください^^


♦︎♦︎♦︎


というわけで、久しぶりのみ花折りピラミッド」でございました。

f:id:masanii_origami:20190613235918j:image


6月に入り、街にはあじさいの花が咲き始めましたね。

タイムラインにも、あじさい折り作品が増えてきて、嬉しい限りです。

私も時間を作って、色々な作品にチャレンジしたいと思います(^o^)

川畑文昭さんの「ステゴサウルス」にリベンジ! 〜もうやりたくないと言ったのに〜

f:id:masanii_origami:20190611235532j:image

川畑文昭折り紙作品集の中でも「変態」と名高いステゴサウルス。


2回目のチャレンジにして、やっと納得のいくクオリティになりました!

f:id:masanii_origami:20190611235943j:imagef:id:masanii_origami:20190612000136j:image


「できねぇ」「悪夢」などとボヤきながら、何とか完成させたのは、1週間前のこと。
(6月3日の記事)

masanii-origami.hatenablog.com


「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があるように、人間というのは愚かなものです。

あんなに辛い思いをしたのに再挑戦するなんて、マゾなんじゃないか。


ということで。
一応、曲がりなりにも“2周”した私から、僭越ながらアドバイスも兼ねて、今日のコラムをお送りいたします。


❶「初心者殺し」の序盤を乗り切る
❷多少の誤差は、どうにでもなる!
❸深まる「作品への理解度」
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶「初心者殺し」の序盤を乗り切る
いきなり「8/23」という、ワケの分からない寸法から始まるステゴサウルス。

3等分を8箇所同時にやったり、紙の途中のヘンな所から折ったり…
という具合に、変則的な折り筋がたくさん出てきます。


「ここの折り筋、付けづらいな…」

と思ったら、いっそのこと、反対に折ってしまいましょう。


特に、工程19で3等分するシーンでは、谷折りのラインのうち片方を山折りに折り直すと、すんなり折れました。


変則的な角度をつける工程22も、絵柄がジャマして目印が見えづらいので、反対(山折り)に折ってから谷折りに直しました。

f:id:masanii_origami:20190611235819j:image


「終盤になって、破れたらどうしよう」と心配になりますが、よほど乱暴に扱わない限り、意外と大丈夫です。


紙の消耗に気を取られて、ラインがずれては本末転倒。

無理やり引っ張るような過酷なシーンは出てこないので、思い切って何度も折り直しましょう。


❷多少の誤差は、どうにでもなる!
ハイレベルな作品は、少しの誤差が命取りになることがよくあるのですが、ステゴサウルスは何とか押し切ることができます。
(事実、1回目は結構ごまかしました)


蛇腹を重ねたままボキボキ折っていくと、端の方がメチャクチャになりますよね。
どうせ体の内側に隠してしまうので、ノープロブレム!


背中の板や、おなかの形が歪んでいても、最後に微調整すれば「それっぽく」なります。


所々で「うわ、ズレた!」
と落ち込む事もありますが、あまり気にせず進んでいきましょう。
諦めなければ、何とかなります!


❸深まる「作品への理解度」
2回目となる今回は、前よりも短時間、なおかつ細部までキッチリ仕上げることができました。

f:id:masanii_origami:20190612000010j:image


まるまる3ページにわたる地獄のような仕込みも、あんなに苦しんだ工程78も、サクッと乗り切れたのが不思議です。

前回ごまかした箇所も「ここかッ!」と折るポイントを見つけることができました。


自分の成長を感じられて、とても嬉しいです。
まだまだ私にも、「伸びしろ」があるじゃないか。
これからも、どんどん挑戦を続けていこうと思います。


♦︎♦︎♦︎

 

勝田恭平さんに言われた、
「うまく折るためには、何個も作って理解度を深めましょう」
という言葉が、心にしみます。

(元記事は5月14日)

masanii-origami.hatenablog.com


え、たったの2個だって?
まだまだ理解度が足りない?


いやまぁ、それはね。
ほ…ほら、インターバルって大事でしょ?
他の作品も折りたいし…


え?
3個目?
パ、パイセン、ちょっと休憩させてください!

 

<素材紹介>

ステゴサウルスを折るにあたり、「素材」に助けられるシーンが多くありました。
創作おりがみ(35.0) ※前回使ったもの

大きいだけでなくシッカリとした質感だったので、思い切って折ることができました。

今回使ったウロコ状の紙は、文京区の「おりがみはうす」で買ったもの。サイズは前回と同じ35cmです。

公式サイトでは見つからなかったのですが、オンラインでも売っているのでしょうか?

 

弟の結婚式にも折り紙持参。 〜まさにぃファミリーの話を少々〜

f:id:masanii_origami:20190609201154j:image

昨日は、4つ下の弟の結婚式でした。


コレは待合室で折ったもの。

15年前に教わった作者不明の作品なのですが、とても気に入っていて、こうしたお祝いの席でよく作っています。


私のリアルをご存知の方は、察しがつくと思いますが、うちのファミリーは、全員揃うと大変な騒ぎになります。


少人数とは思えない賑やかさで、大盛況な披露宴になりました。
(相手方の親族に惹かれていないか、後になって心配です)


さて、今日は番外編。
昨日の喜びを、読者の皆様にもおすそ分けいたします。
❶結婚式の様子(料理だけ)
❷三人兄弟、めでたく完売
❸結婚式と折り紙と私
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶結婚式の様子(料理だけ)
弟夫婦の写真はお見せできないので、代わりに料理をお披露目。

f:id:masanii_origami:20190609201235j:image


2人がこだわって選んだという、フランス料理だそうです。

兄ちゃん庶民だから、本格フレンチなんて初めて食べたよ…

妻も人生初フォアグラに感動。


料理はもちろん、会場の雰囲気も良かったので、すごく綺麗な写真が撮れました。


スタッフの方に写真を何度もベタ褒めされ、まさにぃはすっかりご満悦なのでした^^


❷三人兄弟、めでたく完売
この日は偶然にも、私達まさにぃ夫婦の交際10周年。
(結婚は4年目)
弟の晴れ舞台に私たちの記念日が重なり、なんだか感慨深いです。


さらに、同席した2歳上の兄も入籍したばかりで、今年8月に挙式するそう。
(奥様と来てました)


こうして、男3人のまさにぃ兄弟は、めでたく全員が結婚できたのでした。


それぞれパートナーを連れ、6人揃った私たちを見て、両親はさぞ安心したことでしょう。


❸結婚式と折り紙と私
振り返ると私は、色々な人の結婚式で折り紙を贈っています。


職場の同期の結婚式に、神谷哲史氏の「フェニックス」を飾ってもらったり。

f:id:masanii_origami:20190609201802j:image

www.origamihouse.jp


湘南ベルマーレが好きな先輩に、青と緑のあじさい玉をプレゼントしたり。

f:id:masanii_origami:20190609201813j:image


最初は、15歳の頃に先輩へ贈った「川崎ローズ」だった気がします。

このような場で「私の折り紙がほしい」と思ってくれて、お祝いの席を彩ることができるのは、作り手として嬉しい限りです。


押し付けになると悪いので、あまり積極的に贈ることはないのですが、これからも頼まれれば喜んで作らせていただきます。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は珍しく私のプライベート中心の話でございました。
まぁ、たまには良いでしょう。


弟や兄をはじめ、私の家族はこのコラムを一切読んでいないハズなので、最後に恥ずかしいことを言います。


愛する弟よ。
結婚おめでとう。
幸せになれよ。

 

「裏表あじさい・一輪」をサイコロに! 〜折り紙の「曲線」を活かす組み方〜

f:id:masanii_origami:20190607233140j:image

前回の記事では、「折らない折り紙」として、貼り合わせるだけのサイコロ(まり)を作りました。

masanii-origami.hatenablog.com


今日は「裏表あじさい・一輪」を、同じ方法でサイコロにしてみました。

f:id:masanii_origami:20190607233240j:image


規則的な花びらの直線と、カド同士が引っ張り合う、ナチュラルな曲線が、絶妙なバランスです。
スキマから裏面の絵柄が見えるのも、気に入りました。


さて。
今日は「時間短縮」に関するおはなし。
過去の作品紹介も交えてお届けいたします。
❶所要時間:約30分
❷仕込みの省略は、いいことだらけ
❸カドを奥まで差し込むパターン
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶所要時間:約30分
同じ作品を6個も作るなんて、大変そう…
と、躊躇したあなた。


「裏表あじさい・一輪」は、慣れれば3分で作れます!


6個なら、18分。
紙を1/4にカットしたり、組み立てる時間も含めて、ちょうど30分くらいで完成します。

f:id:masanii_origami:20190607233717j:image


最初から3分でできるわけではありませんが、たくさん作れば作るほどスピードは上がります。


丸暗記するのが一番ですが、テキストを見る頻度が減るだけでも、かなり早く折れるようになりますよ。


❷仕込みの省略は、いいことだらけ
あじさい折り作品のほとんどは、仕込みを省略できます。
紙の一番端まで折り筋をつける必要はありません。


今回の「裏表あじさい・一輪」は、
・縦横:4等分、内側だけ2等分
・斜め:「ざぶとん」→内側だけ2等分
これだけでOK!
テキスト67ページ「あじさい折りの発展」と、同じ折り筋です。


さらに、折り筋を省略することで、フレームの白い部分がまっさらになります。

f:id:masanii_origami:20190607233436j:image


見た目もキレイだし、折り目がないので自然なカーブになるんですよね。

まさに一石二鳥です。

皆さんもぜひ、やってみてください!


❸カドを奥まで差し込むパターン
今回は、あじさいのカドを、先っぽだけ接着しています。

過去に生徒さんが、カドを奥(中心)まで差し込んだパターンを作ってくれているので、ご紹介しましょう。


昨年6月23日
公民館のスタッフをしているNさん。

masanii-origami.hatenablog.com


昨年5月27日
作ったのは、当時は大学生、今は社会人のはぁちゃん。

masanii-origami.hatenablog.com


どちらも、ちょうど1年前。
時が経つのは早いですね!


絵柄によって印象がガラッと変わるのも、あじさい折りの面白いところですね。


なお、あじさい折り×6個の「くす玉」は、テキストの71ページにも載っています。

ここでは基本形Aを使っていますが、テキスト冒頭の見本には「裏表あじさい・一輪」のパターンも。

作り方が丁寧に解説されているので、良かったら参考にしてみてください。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、2回にわたってサイコロ折り紙をお届けいたしました!

f:id:masanii_origami:20190607233849j:image


使った折り紙は、どちらもダイソーのもの。
こういう綺麗な絵柄が安く手に入るのは、いい時代になったものです。


開封するのが勿体ないと、ついそのまま棚にしまってしまう絵柄モノ。


折り紙は折ってナンボなので、どんどん色んな作品にチャレンジしていきたいですね^^

 

折り紙を“折らずに”つくる「貼るだけキューブ」。

f:id:masanii_origami:20190605235702j:image

今日はシンプルな作品をご紹介。
「折らない折り紙」でございます!


四隅にノリをつけて、6枚を貼り合わせれば、コロンとかわいい「まり」のできあがり。


紙同士が引っ張り合って、自然なカーブになるのが不思議ですね。


「折ってないじゃん!」というツッコミが来そうですが…
使っている素材が「折り紙」だし、良しとしましょう^^


さて。
そんなシンプルな作品でも、解説できるポイントは色々あるのです!
❶ミニサイズがおすすめ
❷うまく組み立てるコツ
❸正方形なら何でもアリ
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶ミニサイズがおすすめ
自然なカーブを出すには、小さいサイズがオススメです。

相対的に紙が厚くなるので、適度に弾力が出ます。

f:id:masanii_origami:20190606000147j:image


市販の15cm×15cmを6枚使うと、ペラペラになってしまうんですよね。
ゆらゆら揺れる感じもアリなのですが、潰れやすくなります。


私が作ったのは、4×4=16カット(3.75cm)。
大人の方なら、このサイズがおすすめです。


もちろん、2×2=4カット(7.5cm)でも綺麗です。
テーブルや玄関に飾るなら、このサイズがちょうどいいかもしれませんね。


画用紙などの厚い紙なら、大きくても大丈夫でしょう。


❷うまく組み立てるコツ
「のりしろ」の幅は、パーツごとに大きくズレると、綺麗なサイコロになりません。


わざわざ測る必要はありませんが、最初の1枚で、大まかな幅を決めるといいでしょう。

f:id:masanii_origami:20190605235924j:image


接着面は、小さすぎると取れやすく、大きすぎると丸くなりません。


正解はないので、お気に入りの幅を見つけてみましょう。


なお、接着面の上下は、向かい合う同士で統一しています。
6枚の紙の見える面積が、すべて均等になるんです。


最後の方はちょっと組みづらくなりますが、余裕のある方はチャレンジしてみてください。


❸正方形なら何でもアリ
この作品が教えてくれること。


「正方形なら、6個つければサイコロになる」
ということです!


「やっこさん」でも、「メダル(くんしょう)」でも、何でもOK。


事実、この構造を応用したユニット作品はたくさんあります。


あじさい折り」の作品なら、ほとんどが正方形。
複雑なものはバランスが悪いけれど、基本形や「裏表あじさい・一輪」なら、綺麗なボール状になります。

ちなみに、私のプロフィール写真は「蝶の群れ」の6面体です。
(2月9日にも作っています)

masanii-origami.hatenablog.com


先端だけ接着すると、今回のような曲線に。
しっかり奥まで差し込むと、カッチリとした立方体になります。


色々なアイディアがあると思いますので、素敵な作品ができたら、ぜひ教えてくださいね。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日はいつもと趣向を変えてみました。

f:id:masanii_origami:20190606000227j:image


前回の「ステゴサウルス」に疲れて、複雑系に疲れた…というわけではありません。

masanii-origami.hatenablog.com


でも、なかなか「1点モノ」をコツコツ作る時間が取れないのも事実。


気分転換に、こうしたライトな作品をサクッと作るのも良いですよ^^

 

川畑文昭さんの「ステゴサウルス」が、想像以上にえげつない。

f:id:masanii_origami:20190603231000j:image

川畑文昭折り紙作品集より「ステゴサウルス」
元サイズは35cm×35cmです。


むずいよ!!!


同書の「ヨーダ」「ネコ」も上級者向けだったのですが、こちらは更にえげつない難度でした。

masanii-origami.hatenablog.com

masanii-origami.hatenablog.com


日曜の午後、手が空く時間すべてを費やして、やっとの思いで完成させました。

f:id:masanii_origami:20190603231038j:image


クオリティは…ご覧のとおり。自立もギリギリです。


今日は、日曜日の奮闘記をお届け。
❶悪夢は「仕込みのエラー」から
❷工程78で瀕死
❸完成後、頭が真っ白に
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶悪夢は「仕込みのエラー」から
ステゴサウルスの背中の板は、互い違いについています。

これを表現するため、折り紙作品にしては珍しい、左右非対称の構造をしています。

f:id:masanii_origami:20190603231136j:image


もちろん仕込みも非対称なのですが…
裏・表を間違えて、左右逆に仕込んでしまったことが発覚!!
f:id:masanii_origami:20190603231113j:image


既にかなりの部分を仕込んでしまったので、そのまま押し切ることに。

工程が1つ進むたび、いちいち脳内で反対向きに変換します。

ただでさえ高難度なのに、さらにハードになった工程は、なかなか刺激的。


良く言うと、エキサイティング。
悪く言うと、悪夢そのものです!


❷工程78で瀕死
死後の世界では、地獄に落とされると、さまざまな試練が待っていると聞きます。

 

血の池、針の山、焦熱…
それから、ステゴサウルスの工程78地獄です。
f:id:masanii_origami:20190603231345j:image


「図のような折り筋で折りたたむ」
という解説の先にあるのは、無数の山折り・谷折り。


何度チャレンジしても、平面にならない。
私の頭はスパークし、爆発する寸前です。


ココだけでも、1時間近く格闘していた気がします。


「この工程が終わったら、洗い物をして、ドライブに行く」


という妻との約束があったのですが…
いつまで経っても終わらず、危うく放棄するところでした(ドライブを)。


❸完成後、頭が真っ白に
小さな誤差が重なって、ゆがんだ紙をごまかしながら進む作業。


だんだんテキストから離れていく手元の作品。
少しずつすり減る私の精神。
うっすら緑色に染まる指。
f:id:masanii_origami:20190603231447j:image


完成するころには、全ての気力を使い果たし、ヘロヘロになっていました。

f:id:masanii_origami:20190603231518j:image


何とか恐竜らしい形には仕上がったものの、中身はアラだらけです。

f:id:masanii_origami:20190603231530j:image


しばらく目を離さないと、形を整える作業ができないくらい疲れました。


完成したのは…
ええと、ブラキオサウルスだっけ?


♦︎♦︎♦︎


昨年の私だったら、確実に途中棄権していたでしょう。
苦しみながらも、自分の成長を感じられた作品でした。


そして、久しぶりに「できねぇ!」という絶望感にも直面。
まだまだ、レベルアップの余地があることが分かりました。


もっと美しく仕上げるには、同じ作品をいくつも折って、作品への理解度を深めることが大切です。


とは言ったものの。
コレは当分、お腹いっぱいです\(^o^)/

 

<素材紹介>

創作おりがみ(35.0)

複雑系に最適な、35cm×35cmの折り紙。
紙質もしっかりしていて、折りやすいです。
持ち運びには不向きですが、自宅用にはちょうどいいサイズです。
100均にはないので、「おりがみはうす」に立ち寄ったついでにまとめ買いしました。Amazonにもあったんですね。


<テキスト紹介>

川畑文昭折り紙作品集

www.origamihouse.jp


今回の作品の出典はこちら。
前述の「ネコ」「ヨーダ」の折り方も、こちらに載っています。