まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

Abrahamさんの創作折り紙、3作品をテストプレイ!

f:id:masanii_origami:20190422212723j:image

「折り図を試してくれる人を募集します」


Twitterで、♨️Abraham♨️さんがこんな公募をしていました。


何これ。
めっちゃ楽しそう!!

 

チャレンジしようと思っていた他の作品を放り出して、条件反射で手を挙げさせていただきました。


作ったのは、この3作品。
ふつくしい鶴v3(祝い鶴)
❷ばらづる2.5
❸八分音符


「理解できるか」
「間違いがないか」
「より良い表現はないか」
などの項目をかなり細かくチェックするという、光栄な役割。

自分のテクと経験をフル活用して折った3作品を、一挙にご紹介!


♦︎♦︎♦︎


ふつくしい鶴v3(祝い鶴)

f:id:masanii_origami:20190422070338j:image

体と羽のコントラストが美しい、飾り物にピッタリの作品。
完成品は少し上を向いて、とても上品です。


どんな絵柄でも華やかですが、オススメ金・銀などのホイル紙。
薄いので、しっかりプレスできます。


羽の下部分のギザギザは、端を細くしなくても綺麗です。

折る人のレベルによってゴールを決められるのも、嬉しいポイントですね。


❷ばらづる2.5

f:id:masanii_origami:20190422070352j:image

こちらは、ちょっと難度が高め。


複雑な仕込みや、立体的な折りたたみ方の説明には、Abrahamさん本人もかなり悩んでおられたようです。


私も4つ作って、やっと納得のいく仕上がりになりました。
最後はセリアの「マーブル」で締めくくり。


なお、「ばらづる」は神谷哲史さんの作品も有名です。
(昨年3月24日に紹介)

masanii-origami.hatenablog.com


「巻きの深み」「枝分かれ」などが異なります。
どちらも甲乙つけがたい、美しい作品です。


❸八分音符

f:id:masanii_origami:20190422070407j:image

蛇腹だけで作る、ユニークな作品。
角度や広げ方を変えるだけで、こんなに自由なデザインができのは驚きです。


シルバーの音符は、本来の16等分をさらに分割し、32等分の蛇腹で作っています。

より繊細な印象に、そしてカーブが滑らかになります。


Abrahamさんは、蛇腹の使い方が本当に上手です。

以前にも紹介した「ちょうちょ」は、直線構造から曲線が生まれる代表的なケースです。
(昨年8月14日)

masanii-origami.hatenablog.com


良かったら、後程チェックしてみてください。


♦︎♦︎♦︎


未公開の折り図に触れて、しかもブラッシュアップのお手伝いまでできるなんて…
貴重な体験をさせてもらえて、とっても感謝です。


これらの作品を折りたい!
という方に、Abrahamさんの講習の告知をさせていただきます。

f:id:masanii_origami:20190422070424j:image


5月1日(水)〜5日(日)
「光と影の折り紙作品展」にて、これらの3作も含めた10作品以上の折り図にチャレンジすることができます。


場所は、つくば市民ギャラリー。
時間は10:00〜16:00(5日は15時まで)。
入場・体験は無料です。
お近くの方は、ぜひ行ってみてくださいね。

 

<素材紹介>

トーヨー折り紙「千代紙づくし」

和柄を使いたいけど、和紙は折りにくい…という方にオススメ。
洋紙に和柄とプリントした、イイとこ取りの商品です。
付属のプラスチックケースは、中身を使い切った後にも重宝します。
(私もずっと使っています)
両面版もあり。

【至高のおりがみ】ヨット×銀河、からのパニック映画!? 〜まさにぃの折り紙劇場〜

f:id:masanii_origami:20190420214545j:image

前回に続き、加藤駿さんの「ヨット」です!

 

ポケットティッシュになってしまった前回の反省から、絵柄に統一感を出しました。
(4月18日の記事)

masanii-origami.hatenablog.com


素材は、セリアの「Starry Sky」

f:id:masanii_origami:20190420232622j:image
本来はマストを白くするのですが、絵柄をより多く見せるために、あえて逆向きに折りました。

宣言した通り、「銀河の海を舞うヨット」に見えるでしょうか?


さて。
コレが完成した直後は楽しく写真を撮っていたのですが…

だんだん変な方向にいってしまいました。

❶パニック映画のデジャヴ
❷ウシさん大暴走
❸最後は真面目にシメる
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶パニック映画のデジャヴ
妻が用意してくれた、イルカの小物を添えてみました。

キラキラ透き通った姿が、ヨットの綺麗さを一層引き立てています。


一緒に泳いでいる1枚目。
ヨットに寄りかかる姿も、とってもかわいく撮れました。

f:id:masanii_origami:20190420232348j:image


しかし。
ひとたびヨットが分離すると…

f:id:masanii_origami:20190420232700j:image
まるで、イルカが船を襲撃しているみたいじゃないか。


この構図、どこかで見たような…


そうだ。
2月19日だ。

masanii-origami.hatenablog.com


ポメちゃんが、車をひっくり返しているシーンだ!
まさか、こんな形であの光景が蘇るとは…


ええい、いっそ今回は、そっちの方向(?)に進めてしまえ!


❷ウシさん大暴走
しばらくすると、野生のウシちゃんがやってきました。
f:id:masanii_origami:20190420232237j:image


ヨットと同じ「至高のおりがみ」に載っていて、難度も同じ。

いわば兄弟みたいな作品です。
(4月12日に紹介)

masanii-origami.hatenablog.com


転覆したヨットに、迫り来るウシちゃん。
「同郷」ということで、親近感がわいたのでしょうか。
次の写真に移ると…

f:id:masanii_origami:20190420232214j:image


あぁっ
イルカちゃんがいない!
ウシちゃん、イルカちゃんをどこにやった!
おまえ、草食動物じゃなかったのか…


❸最後は真面目にシメる
イルカがヨットをひっくり返し、ウシが暴走するという茶番。
だんだん、収拾がつかなくなってきました。


「まさにぃは作品を冒涜している」とか言われて、業界から干されたりしないか心配です。


でも、これでいいんです。
折り紙は、楽しんだもの勝ち。


なお、散々やりたい放題に見えても、ちゃんとポリシーはあります。

作品そのものを破ったり、汚したりするのは大嫌いです。

創作者と素材、それから完成品への敬意を払って遊ぶようにしています。

 

折って・飾って・遊んで。
皆さんもそれぞれのやり方で、折り紙ライフを楽しんでくださいね。


♦︎♦︎♦︎


と、最後にシメたところで、やっぱり取り留めもないコラムですね。


でもまぁ、いいんです。
だって、楽しいんだもの!


これからも自分の感性を大切にして、折り紙をやっていこうと思います。

【至高のおりがみ】着せ替え自在!加藤駿さんの「ヨット」を折ってみた

f:id:masanii_origami:20190418192855j:image

超ハイレベルの作品が並ぶ「新世代 至高のおりがみ」。


今日はその中でも比較的カンタンな、加藤駿さんの「ヨット」をご紹介します。


少し前に紹介した「うし」と同じく、貴重な難度1の作品です。
(4月12日の記事)

masanii-origami.hatenablog.com


解説を交えて、今日のコラムをお楽しみください(^o^)
❶シンプルながら、秀逸なデザイン!
❷予想と異なる仕上がりに
❸Spoonを聴きながら
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶シンプルながら、秀逸なデザイン!
「至高のおりがみ」の中で唯一、折り紙を2枚使う作品です。


水面の方には、ヨットを繋ぐ「引っかけ」があり、ここにヨットがピッタリ差し込めるんです。
f:id:masanii_origami:20190418192750j:image


ノリなしで組めるうえ、簡単に交換できるのも嬉しいポイント。


ヨット本体も、紙が開かないよう、折り方に工夫が凝らされています。
小さくなるので「水面」より難しいですが、説明を丁寧に読めば大丈夫でしょう。


実際に折るとよく分かるのですが、徹底的にシンプルな構造や、波の折り出し方など、随所にこだわりが感じられます。

f:id:masanii_origami:20190418192917j:image


作者の「愛」がこもった、素敵な作品です。
サクッと作れるので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね。


❷予想と異なる仕上がりに
セリアの「Sweet Heart」を使って、「ハートの海に浮かぶヨット」をイメージしたのですが…


予想と違い、完全に「ポケットティッシュになってしまいました。

f:id:masanii_origami:20190418192629j:image
デパートの福引きの最下位でもらえる、子供用のアレです。


ポケットティッシュから、ヨットが生えている!
(大きさもピッタリ)


かわいいから良いんですけどね…
でも納得がいかないので、次は「Starry Sky」で再チャレンジしてみようと思います。


果たして、「銀河の海をカッコ良く舞うヨット」に、なってくれるのでしょうか?
続報をお楽しみに!


❸Spoonを聴きながら
妻が早めに寝たので、折り紙しようとリビングに下りていったら、友人がたまたま「Spoon」の配信をしていました。
(個人がパーソナリティとなり、音声番組を配信できるサービスです)


よほどのハイレベル作品でない限り、制作中は耳が「余る」んですよね。
(この感じ、分かります?)


すっかり人気パーソナリティとなった彼の心地よい声を聴いて、楽しく折り紙をすることができました。
そこで折っていたのが、今回の「ヨット」です。


今は聴く専門ですが、いつか折り紙ライブでも配信してみようかな。
音声のみだけど、案外面白いかもしれませんね^^


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は折り紙2枚の複合作品「ヨット」のご紹介でした!

「至高のおりがみ」を買ってから4ヶ月、これが9個目の作品です。


まだ挑戦できていない作品がたくさんあるので、GWにでもチャレンジしてみようかな。
皆さんの新作も、楽しみにしています\(^o^)/

パーツの色配置が秀逸! 〜オリガミプラネット「ユニコーン」に挑戦〜

f:id:masanii_origami:20190416185809j:image

再び、さくBさんの作品をご紹介。

前回は「パーフェクトオリガミライフ」の「プテラノドン」。
(4月14日)

masanii-origami.hatenablog.com


今回は、ユニコーン
「オリガミプラネット」という、1つ前のテキストが出典です。

ご本人のTwitterを見て、美しい姿に一目惚れ。


思わず「折りたい!」と反応したところ、すぐに出典を教えてくださいました。


優しい。
もちろん、秒でポチりました。


折るのに1時間。
ヒダのノリ付けなど、整形に30分。
時間をたっぷり使って綺麗に仕上げることができ、とっても楽しい時間を過ごすことができました。

f:id:masanii_origami:20190416190344j:image


足の先端を、あえて尖ったままにしているのも良いですよね。
フワッと浮いたような躍動感があり、エレガントな姿をいっそう引き立てています。

f:id:masanii_origami:20190416190334j:image


さて、今日はこんなお話。
❶真の「正方形」は貴重!?
❷あなたは紙派?Kindle派?
❸さらなるレベルを目指して
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶真の「正方形」は貴重!?
今回使った折り紙は、24cm×24cm。
まず三角に折ってみたところ、1mmほどのズレが発覚しました。
f:id:masanii_origami:20190416185728j:image


「これでは長方形じゃないか!」
とクレームをつけたくなりますが…
コレって、「折り紙あるある」じゃないですか?


15cm×15cmならあまりない(or気付かない)のですが、大きめのサイズでは、結構よく遭遇します。


さくBさんの言葉を借りると、ブック型(縦横ベース)なら、ほとんど気になりません。
しかし、ダイヤ型(ななめベース)の場合は、構造そのものが歪んでしまうんですよね。


初めにカッターで切っておくと、複雑な作品は驚くほど楽になります。

ちょっと面倒かもしれませんが、時間のある方は、ぜひやってみてください。


❷あなたは紙派?Kindle派?
ユニコーンの出典「オリガミプラネット」は、紙版と電子版(Kindle)が出ています。

いつでもどこでも見れる電子版か、親しみがあり、生徒さんにも紹介できる紙版。


今回は悩んだ末に、電子版にしました。
自宅で折ったのですが、iPhoneひとつで済むのでラクラク


シェアしにくく、データ容量も心配という弱点もありますが、使いやすさは想像以上です。
皆さんも、一考の価値アリですよ(^o^)


❸さらなるレベルを目指して
実は、コレを折りたいと思ったのは、動機がもう一つあります。


ずっと目標にしている作品と、構造が似ているんです。


Horse/Hoang tien quyet

ベトナムの折紙作家・ホアン・ティン・クエットさんの「馬」です。


ちょうど1年前に、生徒さんからリクエストがあったのですが、ハイレベル過ぎて断念。


苦労して「50 hours of origami +」というテキストを入手したのですが、途中まで展開図折りが必要だったんですよね。


そして発見したのが、今回の「ユニコーン」。


あれ?
インサイド・アウト(裏表の色分け)の形が、よく似ているぞ。


この1年のスキルアップに加え、ユニコーンをマスターできれば、「Horse」も折れるようになるかも!?


そんなワクワクを抱えながら、全力でユニコーンに向き合ったのでした。


「Horse」の披露目はまだ先になると思いますが、必ず再チャレンジします。
乞うご期待!!


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は「オリガミプラネット」より「ユニコーン」のご紹介でした!


「床にそのまま置けないので、飾りにくいかな」
と思ったのですが…
爪楊枝をつけて、カレンダーに刺すだけで、おしゃれなインテリアになりました。
メリーゴーランドみたいですね。


背景を星空にして、幻想的な雰囲気を出しても良さそうです。


レベルは高めですが、妥協のない美しいデザインは、挑戦の価値アリですよ!

韓国ダイソーで恐竜折り紙! 〜パーフェクトオリガミライフ「プテラノドン」〜

f:id:masanii_origami:20190414220042j:image

さくBさんの電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」より、プテラノドンを折りました。

恐竜カラーには恐竜を!
ということで、いただきものの「恐竜柄」を使ってみました。

f:id:masanii_origami:20190414220152j:image


さて。
この作品は、過去にも何回か作ったことがあります。
(1月16日・17日の記事)

masanii-origami.hatenablog.com

masanii-origami.hatenablog.com


今回、再び作ろうと思った経緯も含めて、今日のコラムをお読みくださいませ。


❶上司のお子さんへプレゼント
❷韓国のダイソー、イケてるぜ!
Kindleで折り紙しよう
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶上司のお子さんへプレゼント
新しい職場にきて2週間。
上司のお子さんが、大の恐竜好きということが発覚しました。


そういえば…
ちょうどいい絵柄があったぞ!
ということで、帰宅後にさっそくチャレンジ。


裏側の茶色もうまくなじんで、我ながら良い仕上がりになりました。

f:id:masanii_origami:20190414220354j:image


プレゼントした翌日に、上司から写真が送られてきました。
かわいいお子さんの手には、プテラノドンが握られている!


喜んでいただけたようで、こちらも嬉しい気持ちになりました。

「折り紙ばっかりで仕事できない奴」と思われないよう、来週からも頑張らなければ!


❷韓国のダイソー、イケてるぜ!
この絵柄は、生徒さんのお母様からいただいたもの。

f:id:masanii_origami:20190414220419j:image


韓国に出張中のお父様が、現地のダイソーで買ってきてくれたんだそうです。
(価格は1000ウォン)


30枚入りで、他にも色々なカラーがありました。

f:id:masanii_origami:20190414220312j:image
恐竜だけでなく、爬虫類や魚などとも相性が良さそうですね。

併せて、韓国伝統の絵柄もいただいたので、こちらも使うのが楽しみです^^

f:id:masanii_origami:20190414220245j:image


Kindleで折り紙しよう
せっかくなので、さくBさんの書籍を勝手に紹介。


プテラノドンが載っているテキスト「パーフェクトオリガミライフ」には、2冊の続編が出ています。


どのシリーズも、作品は4つ。
1・2が299円、3は500円と、気軽に手に取れるお値段です。

電子書籍のみですが、Kindleのアプリを落とせばiPhoneで読めます。
(想像以上に見やすかったです!)


「1」の作品はコンプリートしたので、先日「2」を購入しました。「3」は、その後の楽しみということで。

また当コラムでもご紹介しますが、良かったら皆さんもチャレンジしてみてくださいね。


♦︎♦︎♦︎


折り紙をプレゼントされて、折紙作家が考案した作品を、私が折って、上司のお子さんにプレゼントする。


生徒さん、さくBさん、私、上司とお子さん。

こうして、まったく関係のない人同士が、折り紙を通して繋がるというのは、とても素敵なことですね。


これからも、折り紙の輪・人の輪が広がるよう、活動を続けていきたいと思いました。

f:id:masanii_origami:20190414220606j:image

【至高のおりがみ】15cmで折れる「うし」に挑戦

f:id:masanii_origami:20190412213430j:image

最近は「電車内シリーズ」が恒例でしたが、久しぶりに自宅で折り紙ができました!


今日ご紹介するのは、鶴田芳理さんの「うし」

かわいらしいコロコロした形と、ホルスタインの白黒模様。

f:id:masanii_origami:20190412213745j:image

シンプルで、折り紙らしい雰囲気がステキです。


テキストは、「新世代 至高のおりがみ」。

「うし」は難度1。比較的ハードルが低めの作品です。

と思ったのですが…
実は完成するまでに、色々あったんです!


❶テキスト暗記タイム
❷まさかの大苦戦!?
❸恒例の「アップルパイ曲線」
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶テキスト暗記タイム
昨日の通勤電車では座れなかったので、テキストを読み込むことにしました。

カンどころを理解しておけば、折る時間が短縮できるはず!


仕上がりサイズは、元の半分くらいかな?
ここは立体的なのか、なるほど…


という具合に、脳内で「エア折り紙」を繰り広げていました。


まるで、百人一首の記憶タイムのようです。
(やった事ない)


でも、全工程を記憶するのはムリでした。
(当たり前)


そんな能力があるなら、今頃私は通勤電車に揺られていません。

超エリートになっているか、ニセアカギ(※)のごとく裏社会で暗躍しているでしょう。

※麻雀漫画「アカギ」の登場人物。最期は血を抜かれて死ぬ。


なお、テキストは持ち歩くには大きいので、家を出る前にページを撮影しておきました。

以前にも言いましたが、あくまでも自分で買った本を、自分で折るための手段なので、外部に送ったりしちゃダメですよ。


❷まさかの大苦戦!?
テキストを予習したことだし、楽勝だろう!
と、自信満々にスタートしたのですが…


ん?
あれ??


最後のひっくり返すシーン(工程50)が、どうしてもできない。
完全に手が止まってしまいました。


散々いじくり回して、30分くらい格闘した結果…

エラーは工程43にありました。
テキストでは「首の根元」を開くはずが、胴体からザックリ開いていたことが発覚。


修正したら、あっという間に完成しました。
テキストの読みが浅かった結果の大苦戦。
完全に油断してました。


「難度1」だからって、ナメたらアカン!
天童よしみに説教された気がします。
VC-3000のど飴買って帰ろう…


❸恒例の「アップルパイ曲線」
工程の最後には、フチを丸く凹ませて4本の足を作ります。

f:id:masanii_origami:20190412213721j:image


マックのアップルパイの箱のように、曲線に折り目をつけることで、立体的に膨らませることができるんです。


この曲線をきつくすると、より丸っこくなります。

直近では、同じテキストのドードーでも使っているので、良かったら参考にしてみてください。
(2月4日に紹介)

masanii-origami.hatenablog.com


そういえば。
アップルパイといい、三角チョコパイといい、噛み締めた瞬間にドゥルッと滴る熱々のクリーム、何とかならないものでしょうか。


猫舌の私にとって、アレは致命傷なんです。
どなたか、上手な食べ方を教えてください。


♦︎♦︎♦︎


はい。
話がいろんな方向に脱線したので、最後に折り紙の話題でシメましょう。

f:id:masanii_origami:20190412214003j:image


ハイレベルな作品が並ぶ「至高のおりがみ」の中でも、難度1の作品はまだあります。


例えば、加藤駿さんの「ヨット」
15cm×15cmで折れる、貴重な作品です。
(折り方を2枚使います)


近いうちにチャレンジして、ご紹介させていただきますね^^

「あじさい折り・斜め折り四段ピラミッド」 電車内で折り紙シリーズ第3弾!

f:id:masanii_origami:20190410224844j:image

電車内折り紙シリーズ第3弾は、「斜め折り四段ピラミッド」です。


使ったのは、セリアの「マーブル」。
大理石のように堅牢で、落ち着いた雰囲気に仕上がりました。


電車内で15cm×40等分の仕込みはキツイ!
ということで、朝からシリアルをほおばりながら、大急ぎで折り筋を付けました。

f:id:masanii_origami:20190410224904j:image


結局かかった時間は、仕込み30分・組み立て30分。

昼休みにデスクで撮った写真たちを、とくとご覧ください(^o^)


❶「折り紙らしくない」がイイ
❷マーブルの活用事例1「コガネムシ
❸事例2「Revealed Flower」
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶「折り紙らしくない」がイイ
作品が完成したとき、表面にビッシリ折り筋が付いていると、作品の見た目を損なうことがあります。


面を広く取る作品、特に動物などの「かわいい系」は、とりわけ気になるところです。

しかし今回は、規則的に走る45°のラインが、ピラミッドの質感に磨きをかけています。


ここまで規則的だと、堂々と折り筋を見せたくなりますね。
控えめなオフホワイトの絵柄とも、相性バッチリです。


平面の白色と、影のコントラスト。
これが、いい感じに「折り紙らしくない」んです。


あまりにいい感じに仕上がったので、作った本人である私も、思わず魅入ってしまいました。

f:id:masanii_origami:20190410225316j:image


昼休みに、一人でニヤニヤ。
さぞ怪しい新人に見られたことでしょう。


❷マーブルの活用事例1「コガネムシ
せっかくなので、私が過去にマーブルを使った事例をご紹介。


コガネムシ
出典:月刊おりがみ105号(1984年5月号)
昨年11月12日に紹介しています。

masanii-origami.hatenablog.com


ナチュラルな中間色は、生き物のリアルさを表現するのにピッタリ。
動物だけでなく、花などにも使えそうですね。


「佐藤ローズ」で名高い佐藤直幹さんが、中学生くらいの頃に投稿された作品です。


ご本人が私の記事を見つけてくださり、たいへん喜んでもらえました。

こうした形でご本人と連絡が取れて、私も大感激!という、思い入れの深い作品です。


❸事例2「Revealed Flower」
こちらは、他の色を組み合わせたケース。


出典は「バラの折り紙 ツイストローズ」。
3月29日に紹介しています。

masanii-origami.hatenablog.com


岩のような塊から、パッと花が開く様子を表現。

飾りすぎない「名脇役」として、ピンクのハート柄を引き立てています。


地味に見える絵柄を、上手く活かせた例だと思います。

前述の「コガネムシ」も含めて、皆さんの参考になれば幸いです^^

 

♦︎♦︎♦︎


セリアの「マーブル」は、売り場に並んでいると結構地味なんですよね。

他の華やかな絵柄と比べて、ちょっと見劣りしてしまうかもしれません。


しかし、今回のように題材を選べば、素材の魅力をフルに活用することができます。

f:id:masanii_origami:20190410225332j:image


皆さんもぜひ、色々な作品を試してみてくださいね。

 

<テキスト紹介>

プロジェクトF「あじさい折りおりがみ」

前回の「花折りピラミッド」に引き続き、同じテキストの紹介です。

仕込みの間隔や本数、組み立て方によって多彩な作品が生まれるあじさい折り。

ぜひ、その手に取ってご覧ください。