まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

市販の21cmクラッポマーブルで、青白いミニバラを折る。

f:id:masanii_origami:20200221220623j:image

青緑色の潜在色をもつ「クラッポマーブル」のホワイト。


この紙で折る佐藤ローズは、内側に青色を秘め、実に味わい深い仕上がりになります。
(2019/12/31)

masanii-origami.hatenablog.com

 

 

上記の記事ではA3サイズ(29.7cm)を使っているのですが、これは佐藤直幹さんが特注したもの。

一般には手に入らないのが難点です。

コラムをお読みの方が、同じものを折れないのは忍びない…

ということで、Amazonで普通に売っているA4サイズ(21cm)を試してみました。


☘️今日のトピック☘️

❶マイブームは分度器カット
❷小さいけれど、イケる
❸ガクのサイズをミスる


♦︎♦︎♦︎


❶マイブームは分度器カット
折り始める前に、五角形カットのおさらいから。

私は、テキストの方法を少しアレンジしています。

「ぐらい折り」を避けるために、分度器で角度を計測してから折る方法です。

これなら、毎回「これくらいだっけ?」と悩む必要はありません。

過去のコラムでも触れているので、詳しくはこちらを参考にしてみてください。

(2019/12/27)

masanii-origami.hatenablog.com


ただ、実はこの方法でも、紙の厚みによる誤差は消えないんですよね。

最近になって相殺する方法がわかってきたので、どこかで特集を組もうかと思います。

f:id:masanii_origami:20200221221453j:image

 

なお、五角形カットの方法にも、ひと工夫が添えられています。

こちらは、佐藤直幹さんから直接教わったもの。

併せてご覧いただければ幸いです。

(2019/09/04)

masanii-origami.hatenablog.com


❷小さいけれど、イケる
いつも折っている25cmのヴィヴァルディと比べるとき、今回のA4(21cm)は16%OFFのサイズ。

数字にすると大した変化はなさそうですが、実際に折ると結構小さく感じます。

f:id:masanii_origami:20200221221717j:image


指が太い私がちゃんと折れるか心配でしたが、意外と何とかなりました。

f:id:masanii_origami:20200221222914j:image

 

むしろ、小さい紙は相対的に厚みが増すので、A3サイズのクラッポマーブルよりも安心感があります。

手が小さい女性やお子さんなら、こっちの方が折りやすいかもしれません。

 

❸ガクのサイズをミスる
ガクは、タントの緑系に入っている淡い青緑色を使いました。

ハイブリッドティーローズのガクは、バラが25cmなら15cm。

今回はバラが21cmだからガクは12.6cmなのですが、間違えて10.6cmで作ってしまいました。

何という初歩的なミス…

f:id:masanii_origami:20200221222737j:image


やり直そうかな、と思いましたが…

少々取れやすいものの、意外とフィットしました。

f:id:masanii_origami:20200221222751j:image

 

紙の厚みで底の折り込みが少し浮き、ストッパーになったのでしょう。

全体のバランスにも違和感はないので、このまま採用することにしました。

控えめな感じが、これはこれでアリですね。


♦︎♦︎♦︎


といいうことで、市販のA4クラッポマーブルでも、佐藤ローズは問題なく作れることが判明しました。

f:id:masanii_origami:20200221224159j:image

 

ブローチなどのアクセサリーを作るときには、これくらいのサイズがちょうど良いかもしれませんね。

f:id:masanii_origami:20200221221853j:image

 

皆さんもぜひ、この不思議な素材を体験してみてください。

f:id:masanii_origami:20200221223122j:image

 

ガーデンローズ小改造Part2 〜ブラウンのバラも悪くない〜

f:id:masanii_origami:20200219225752j:image

折り紙のバラを時計越しに撮ってみたら、iPhoneがしっかりピントを合わせてくれました。

ある日の夕方、時計に映り込んだ夜景に着想を得たもの。

最近、写真の撮り方がマンネリ化してきたな〜と思っていたところなので、新鮮なショットが撮れて嬉しいです。

f:id:masanii_origami:20200219230647j:image


モデルは「ガーデンローズ」。

写真だけでなく、素材や作り方にも色々こだわりました。


☘今日のトピック☘

❶より厚めの紙で
❷沈め折りの寸法変更
❸花びらをカールさせてみた


♦︎♦︎♦︎


❶より厚めの紙で
前回は、穴越しにコーヒーの銘柄が判別できるほどの大穴が空いてしまいました。
(2020/02/11)

masanii-origami.hatenablog.com


今回は、少し硬い「タントN-10」で再チャレンジ。

スケッチブックの画用紙を折っているような感じで、なかなかハードな代物でしたが、安心して進めることができました。

f:id:masanii_origami:20200219230707j:image


よくよく見ると、微妙〜に小さい穴が空いているのですが…

ほとんど見えないので、良しとしましょう。


❷沈め折りの寸法変更
これは、前回のアレンジと同様。
工程17で付ける沈め折りのラインを、従来の2/5から1/2に変更しています。

f:id:masanii_origami:20200219230727j:image


定規を当てて測ってみると…
・パーツ全体→4.0cm
・テキストのライン→1.6cm
・アレンジのライン→2.0cm
となります。


こうすることで、つぼみ状の花びらに包まれた中心の突起を、より目立たせることができるんです。

f:id:masanii_origami:20200219230803j:image

 

前回は紙がペラペラで微妙な仕上がりになってしまいましたが、今回はよりナチュラルに作ることができました。


❸花びらをカールさせてみた

大きめの紙を使ったので、花びらの形をアレンジする余裕がありました。

今回やってみたのは「めくり」。
紙のカドにあたる花びらと、その根本を外側にカールさせています。

f:id:masanii_origami:20200219230826j:image


2箇所×5組=計10枚の花びらを開いたことで、いっそうボリュームが出ました。


仕上げの際に、紙のカドが意図せずセンターラインで折れてしまうことがあるのですが、それを防ぐ効果もあります。

気にする人はほとんどいないもしれませんが、お困りの方は参考にしてみてください。


♦︎♦︎♦︎


今だから言えるのですが、ガーデンローズを折り始めた当初は、あまり面白くなかったんですよね。

他のバラをたくさん折っていたのは、そういうマイナスの心情もあったわけです。

でも、だんだんコツが掴めてきて、今回のようなアレンジまで試せるようになりました。

今更ながら、やっとこの作品の面白さが分かった気がします。

f:id:masanii_origami:20200219230924j:image

 

折り紙は、折りたいと思ったものを、思った通りに(もしくは思った以上のクオリティで)作れるから面白いんですよね。


美しい作品に出会っても、スキル不足で泣く泣く諦めてしまう時、ありませんか?

あまり良い思い出にならず、そのまま折り紙から離れてしまう方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

あの時、ちょっとしたアドバイスがあれば。

 

私は、周りに折り紙を教えてくれる人が、ほとんどいませんでした。

だからこそ、私がそんなアドバイスができるようになりたいと思うようになりました。

迷っている方の背中を押して、折り紙の楽しさを今まで以上に味わえるような、そんな記事が書けたら嬉しいです。

 

f:id:masanii_origami:20200219230948j:image

 

【展示レポ】地域のおまつりに、定期講座の折り紙作品が集結!

f:id:masanii_origami:20200217183331j:image

先週末に行われた地域のおまつりに、定期講座の皆さんと折り紙を出品いたしました。


2日間だけの短い期間で、なおかつ地域色が強いので公表はしませんでしたが、多くの方がブースに立ち寄ってくださり嬉しかったです。


出品者のお名前は伏せさせていただきますが、メンバーの皆さんが心を込めて作った力作たちをご覧くださいませ。


☘今日のトピック☘

❶華やかで賑やか!
❷初参加のKeikoさん
❸まさかの撮り忘れ…


♦︎♦︎♦︎


❶華やかで賑やか!
このイベントに参加するのは3年目なのですが、お陰様でメンバーも作品数も増え、とても賑やかになりました。


Tさんの「桜玉」。
右半身が少し不自由で、リハビリもかねて折り紙を楽しんでいます。
片手で作ったとは思えません。

f:id:masanii_origami:20200217213343j:image


ちなちゃん(小6)は、最近覚えた佐藤ローズ。
シンプルローズとハイブリッドティーローズの後ろに…
あれ、もしかして川崎ローズ、繋がってない?

f:id:masanii_origami:20200217213356j:image


みはるちゃん(7才)は、ワイシャツ・メダル・四つ葉のクローバーの3点セット。
以前はずっとお父様・お母様が付きっきりだったのですが、最近は一人で集中できるようになりました。

f:id:masanii_origami:20200217213408j:image


はぁちゃんママの作品は、カミキィさんのご著書から「だるまのリース」と、得意の毛筆とコラボした飾り箱。

f:id:masanii_origami:20200217213427j:image


「毛筆×折り紙」の作品は過去にもいくつか拝見していますが、よりハイクオリティになっています!
(2018/05/14)

masanii-origami.hatenablog.com

(2018/06/09)

masanii-origami.hatenablog.com

 

また、作品のタイトルが筆書きになっているプレートは、はぁちゃんママが直筆で作ってくださったものだそうです。
作品の魅力を、より引き立たせてくれていますね。
展示作業も全面的に手伝ってくださり、感謝しきりです。


他にも多くの方が、素敵な作品をたくさん持ち寄り、会場を盛り上げてくださいました。
ありがとうございました!!

f:id:masanii_origami:20200217213513j:imagef:id:masanii_origami:20200217213454j:imagef:id:masanii_origami:20200217213539j:imagef:id:masanii_origami:20200217213552j:image


❷初参加のKeikoさん

昨年、Instagramがきっかけで繋がったKeikoさん。
1時間以上かかる遠方から、定期講座に来てくださっています。
(2019/12/21)

masanii-origami.hatenablog.com

(2020/01/26)

masanii-origami.hatenablog.com

 

初参加となる今回は、キャンバスに飾られた花畑と、あじさい折りの箱を出品してくれたほか、来場者プレゼントまで作ってくださいました。

f:id:masanii_origami:20200217213627j:image


ミニバラがついた木製のクリップは、高値で売れるレベル。
イベント開始早々、あっという間になくなったそうです。

f:id:masanii_origami:20200217213815j:image


当日の朝に作品をお持ちいただいたのですが、この日は5時起きだったとか…頭が下がります。

他のメンバーの方ともすっかり打ち解けて、お互い良い刺激になっているようです。
これからも、よろしくお願いします^^


❸まさかの撮り忘れ…

家で写真を見返しながら記事を書いていたのですが、まさかの事態に気づきました。


いっくんとタケルくんの写真がねぇッ!!!
生徒さんの写真を撮り忘れるなんて、何たる不手際…


いっくん(小6)は、あじさい折りのハイレベル作品を出してくれました。
全体写真に写り込んでいたので、切り取ってご紹介いたします。

f:id:masanii_origami:20200217213845j:image


最近は他の習い事が忙しいらしく、定期講座はご無沙汰だったのですが、お声掛けしたところ作品を持ち寄ってくださいました。
この地域でピラミッドを折れる小学生は、彼くらいなんじゃないか。

 

タケルくん(小4)も、最近はかなり高難度の作品を折れるようになりました。
一つ一つをクリアケースに入れ、ラベルも自家製。

f:id:masanii_origami:20200217213908j:image


先月のイベントでも作品を持って来てくれたので、今回の写真の代わりに紹介させていただきます。
(2020/01/28)

masanii-origami.hatenablog.com

 

♦︎♦︎♦︎

 

というわけで、先週土日の展示レポでございました。

f:id:masanii_origami:20200217214044j:image


これで、イベント続きだった1月-2月はひと段落。
振り返ると、なかなかハードな2ヶ月だったので、お陰様で無事に駆け抜ける事ができてホッとしています。


あとは、2月29日(土)まで飾ってあるCAFE RICCOの展示を残すのみ。
私は2月24日(月祝)に、顔を出そうかと思います。
あと2週間ほどありますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。

masanii-origami.hatenablog.com

 

私の折り紙、貴方の音楽。 〜まさにぃ夫婦が子供をつくる代わりに産み出したもの〜

f:id:masanii_origami:20200214214234j:image

前回、作り途中だったヒメユリが完成いたしました。
(2020/02/13)

masanii-origami.hatenablog.com

 

花にワイヤーを貫通させて「茎」を作り、根本の部分はそのまま「雌しべ」に。

テキストはこの段階で終わりなのですが、さらに6本の「雄しべ」を追加しました。

f:id:masanii_origami:20200214214250j:image


こうした細工をするのは初めてなのですが、より本物の花らしく見えますでしょうか。

f:id:masanii_origami:20200214214301j:image


さて。

今日は番外編として、ちょっとプライベートな話をいたしましょう。

私の妻は、趣味で作曲をしています。

最近「ある想い」を音楽にしたので、何らかの方法で世の中に発信したいとの相談を受けました。


パソコンが苦手な妻が頑張ってMacBookに音を打ち込み、動画まで作って完成させた一曲。

この場をお借りして、皆さんに聴いていただければ幸いです。


☘今日のトピック☘

❶子なし夫婦の私たち
❷今回の曲について
❸タイトルは「幸守(ゆきもり)」


♦︎♦︎♦︎


❶子なし夫婦の私たち
私も子供が大好きですし、妻も昔から母親になるのが夢でした。


でも、私たち夫婦は、訳あって子供を作らない生き方を選びました。

詳しい事情は申し上げられないのですが、何年も二人で考えて、そういう選択をしました。


なので、同年代の友人たちが子育てをする時間に、私たちは別のことをします。

私はこうして折り紙を折り、コラムを書いています。

妻は、彼女の親友が亡くなったのを機に、自分の想いを音楽で現すようになりました。


❷今回の曲について
前述の「ある想い」とは、切望していた子供を、あえて作らない選択をした妻の心の中です。


産まれてこないであろう、私たちの子に向けて作られた歌。

私が英語のタイトルとして、

For our child who will not be born…

というキャプションを添えました。


歌をつけたもの、演奏だけのもの、それぞれ雰囲気が異なるので、お時間のあるときに聴き比べていただけたらと思います。


次の章でお送りするのは、彼女が自ら考えた歌詞です。


❸タイトルは「幸守(ゆきもり)」
私たちの幸せを遠くから見守る存在、という意味を込めて。

君の強さと 僕の弱さを 
かけてみれば 旋律あふれる
会いたくて 抱きたくて この目で見たくて


君に贈る 僕の子守唄


君の姿は 見えないけれど 
僕のもとに 音であらわれる
君となら 風の中 どこにでも行ける

For our child who will not be born…

For our circumstances, our couple was faced with the hard realities of inability to produce children.

But we thought, that when we want a baby, the baby is already born somewhere in the starry sky in our hearts.

So we decided to call that baby “Yukimori” which means the person who protects our happiness.

I made this song for Yukimori to tell him “Thank you” from the bottom of my heart and…
To pray his happiness.


♦︎♦︎♦︎


妻の曲をお披露目するのは初めての試みでしたが、いかがだったでしょうか。

 

ヒメユリの花言葉は「可憐な愛情」。

実はこれ、今回の音楽に合うかな、と思って作り始めたものです。

f:id:masanii_origami:20200214214736j:image


次回からはまた折り紙コラムに戻りますが、時々こうした番外編にもお付き合いいただければ幸いです。

 

明日は妻の誕生日。

この文章と、ヒメユリを贈るとしましょう。

 

佐藤ローズはバラだけにあらず!正六角形から作る「ヒメユリ」を折ってみた

f:id:masanii_origami:20200213200433j:image

バラ折り紙のバイブルである佐藤直幹氏の著書「一枚の紙から作るバラの折り紙」と「美しいバラの折り紙」。

 

この2冊、実はバラ以外の花も載っているんです。

今日はその一つ「ヒメユリ」をご紹介。

佐藤ローズは正五角形ですが、こちらは正六角形から作ります。

f:id:masanii_origami:20200213200918j:image


使った紙は「クラッポマーブル」の白。
サイドからの光を青く反射する、不思議な素材です。
年末に佐藤ローズを折って以来の登場となります。
(2019/12/27)

masanii-origami.hatenablog.com


(2019/12/31)

masanii-origami.hatenablog.com

 

紙が重なっていくほど、クラッポマーブル特有青い潜在色が浮かんできます。たまりません!

f:id:masanii_origami:20200213201244j:image

 

本来ヒメユリは黄色やオレンジ色なのですが、この素材をどうしても使ってみたかったんですよね。

白い花を咲かせるユリもあることですし、今回は良しとしましょう。

リアルカラーはまたの機会に、ということで。


☘今日のトピック☘

❶花と葉のサイズ
❷終盤の厚み対策
❸あれ、茎は?


♦︎♦︎♦︎


❶花と葉のサイズ

ヒメユリの基本サイズは21cm。

A4の用紙が、そのまま使えます。

f:id:masanii_origami:20200213200859j:image


葉のサイズは7.5cm。

こちらは、市販の15cmを4カットすればOKです。

f:id:masanii_origami:20200213201020j:image


A4のクラッポマーブルも、15cmのタントも、Amazonで普通に手に入るのが嬉しいところ。

タントは、書店に売っていることも多いです。

 

素材の調達も加工も、なるべく折り手の負担にならないよう配慮されているんですね。

デザインの美しさだけでなく、こうした気遣いが感じられるのも、佐藤直幹さんの作品が愛される理由なのでしょう。


❷終盤の厚み対策

21cmで作ると結構小さくなるので、終盤(工程15以降)はパワープレーです。

折りにくい場合は、紙の繊維をほぐすように揉み込んで、密着度を高めましょう。

工程16では、端がだんだん中心に寄ってきてしまうので、あらかじめスキマを多めに取っておくのがオススメです。


また、これくらいの厚さになると、必然的に紙が浮いてきます。

こういう時、私はノリを躊躇なく使う派です。

ダブルクリップで留めて乾燥させたあとに、工程20のカールをやります。

f:id:masanii_origami:20200213201102j:image

 

クラッポマーブルは表面がザラザラしているので、ノリが付きやすいです。


❸あれ、茎は?

花と葉っぱを並べて写真を撮りましたが、よく見たら茎がありません。

ワイヤーで茎と雌しべを作ろうと思ったのですが…それは次回のお楽しみということで。

(この状態でもソレっぽく見えるのは、典型的な錯視ですね。)

f:id:masanii_origami:20200213201117j:image

 

テキストでは花の中に1本の芯があるだけですが、ユリ科の植物を調べてみたら、雌しべ1本・雄しべ6本なんですね。


これを次回までに再現してみたいのですが…

果たして、ワイヤー細工がヘタクソな私にできるのでしょうか。

う〜ん、頑張ります!


♦︎♦︎♦︎


佐藤ローズのテキストより、「ヒメユリ」でございました。

f:id:masanii_origami:20200213201138j:image

 

バラ以外の作品は未挑戦だったのですが、やってみると面白いですね!

これを機に、他の作品にも手を出してみたいと思います。


佐藤さんからいただいた特注のA3クラッポマーブルも、これらの作品なら見ごたえがありそうです。

でも、まずはヒメユリちゃんの茎を作らなくてはいけませんね。

次回のコラムに、ご期待くださいませ。

 

ガーデンローズを小改造。 〜中心の沈め折りをより深く〜

f:id:masanii_origami:20200211105400j:image

ふっくら丸い花びらが美しいガーデンローズ   。

佐藤ローズの入門書「1枚の紙から作る バラの折り紙」の表紙を飾る逸品です。


先日、久しぶりに折ってみて、仕上げのコツが少しずつ分かってきました。
(2020/02/05)

masanii-origami.hatenablog.com

 

今日お送りするのは、ちょっとした新しいチャレンジ。

中心の見せ方を変えるため、仕込みの段階で少し手を入れてみました。


🍀今日のトピック🍀

❶沈め折りを多めに
❷2/5ライン・1/2ラインの比較
❸まさかの貫通…


♦︎♦︎♦︎


❶沈め折りを多めに
つぼみのような5枚の花びらと、その中から顔を出す突起。

マニアックかもしれませんが、ガーデンローズで一番好きなポイントはここです。

慎ましい感じが、たまりません。

f:id:masanii_origami:20200211214830j:image


この構造の正体は、工程17-21の沈め折り。

沈めた部分はひっくり返されて、そのまま突起になるわけです。


通常は上から2/5の地点で沈めるのですが、今回は少し多めの1/2でやってみることに。

f:id:masanii_origami:20200211214900j:image

 

こうすることで、突起がより上に出るようになります。

(また、この方が折り筋をつけるのは簡単です。)

f:id:masanii_origami:20200211214912j:image


あとは、テキスト通りに作るだけ。

さて、結果はいかに!?


❷2/5ライン・1/2ラインの比較
2/5ラインで沈めた前回は、中心が沈み込んで見えなくなっています。

周囲の花びらをかき分けるように広げ、辛うじて横から突起を見せている感じです。

今回は、中心とサイドを物理的に同じ高さにしたので、開かなくても中心が見えるようになりました。

f:id:masanii_origami:20200211214928j:image


前回は厚みのあるヴィヴァルディ、今回は薄いタントなので、純粋な比較はできませんが、一応予想どおりの結果です。


どちらが良いかというと…

う〜ん、やはりテキスト通りの2/5ラインかなぁ。

今回のものは、外側がピッタリ閉じすぎているような気がします。

中心の突起は、さりげなく見えた方が綺麗なのかもしれませんね。

次は、もう少し厚い紙で再テストしてみようと思います。


❸まさかの貫通…
お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、またやってしまいました。


中心、穴あきました。

ああもう!


穴を通してコーヒーの銘柄が判別できるのは、なかなかシュールな光景です。

f:id:masanii_origami:20200211214948j:image


紙の中心は五角形カットの段階から酷使するうえ、仕込みで頻繁に紙をひっくり返すので、中盤にはかなり消耗しているんですよね。

どうもタントは、こういう負荷に弱いみたいです。


いや、私の優しさが足りないだけなのかも…

最近仕事が忙しくて帰りも遅いし、出張も多いし、自分のことで手一杯だったからなぁ。

妻に愛想尽かされないよう、プライベートも大切にしようと思います。


♦︎♦︎♦︎


ん?

何の話をしていたんだっけ。

そうそう、ガーデンローズです。

f:id:masanii_origami:20200211215006j:image


新しい作品にチャレンジするのも良いですが、既存の作品を突き詰めるのも大切ですね。


見逃していたポイントがあったり、テキストに載っていないコツを発見したり。

今回のような「実験」も、楽しみの一つです。


勝田恭平さんの講習会で言われた「作品への理解度」は、一筋縄では深められないとつくづく実感いたします。

作家さんへのリスペクトも込めて、一つ一つの作品を大事に折っていきたいと思います。

 

彩雲紙「虹」と佐藤ローズの共演。 〜レインボーな「剣弁高芯咲きのバラ」〜

f:id:masanii_origami:20200209190939j:image

新しい素材の登場でございます。

「彩雲紙(さいうんし)」という、やや厚手の紙です。

文房具屋でたまたま見つけたのですが、買う予定もなかったのに、全種類をゴッソリ大人買いしてしまいました。

 

今回ご紹介するカラーは「虹」。

赤・黄・青・緑…

たくさんの色が、マーブリングのように混ざり合っています。

f:id:masanii_origami:20200209190956j:image


他にも「桃」「あじさい」「大理石」という、様々なバリエーションがあります。

今後のコラムで順次ご紹介いたしますので、お楽しみに!


🍀今日のトピック🍀

❶まさにぃ、怪しまれる
❷製作はリアルタイムで
❸まさかの生産終了!?


♦︎♦︎♦︎


❶まさにぃ、怪しまれる
仕事帰りに立ち寄った、とある書店の素材コーナー。

小田急ロマンスカー」を折るため、ボディカラーに近い色のタント紙を探していました。
(2020/02/03)

masanii-origami.hatenablog.com

 

そこで偶然見つけたのが、この「彩雲紙」です。

棚から引っ張り出して色を比較したり、写真を撮ったり…


画用紙コーナーにしゃがみ込み、カラフルな紙を両手に、眉をひそめて色を吟味する、トレンチコートの男。


遠くのレジで、若い女性の店員さんが、

「めっちゃ真剣に見てる…」

とヒソヒソ声で喋っているのを、私は聞きました(マジで)。


べ、別にサラリーマンが画用紙買ってもいいじゃないか!

これで私はバラを折るんだよ!

恐い顔で悪かったな!


❷製作はリアルタイムで
久しぶりに、ボイスメディア「Spoon」で、ラジオ配信をしながら折り紙をいたしました。

※Spoonの説明は過去の記事にて。
(2019/05/18)

masanii-origami.hatenablog.com

 

リスナーさんから「剣弁高芯咲きのバラ」のリクエストをいただいたので、紙のカット・仕込み・組み立てまで、ノンストップでお届けすることに。

数枚の途中写真をお見せしながら、だんだん完成に近付いていく作品を、カサカサ音とともにお楽しみいただきました。

f:id:masanii_origami:20200209191122j:image


彩雲紙は見かけによらずハードな紙で、中々のクセモノです。

バキバキボキボキと奮闘すること40分。

素材の丈夫さにも助けられ、失敗することなくキッチリ仕上げることができました。

f:id:masanii_origami:20200209191220j:image

 

配信にお付き合いいただいた方、ありがとうございました。

 

完成したバラは、角度によって色が異なり、様々な表情を楽しむことができます。

5つの角度から同じ写真を撮りましたが、見事に違いますね。

裏側のブルーも綺麗です。

f:id:masanii_origami:20200209191145j:image


❸まさかの生産終了!?

佐藤ローズとの相性抜群な「彩雲紙」。
あじさい折りなど、バラ以外の作品にもよく合いそうです。


ところが、調べたところ…

この素材は、昨年の夏に生産終了とのこと!

せっかく素敵な素材と出会ったのに、何と残念な…


私が買ったお店にはまだ在庫があったので、近いうちに再訪しようと思います。

やっきになって買い占めるのは違うと思いますが、多めに買っておきたいところ。


こうした独特のカラーを楽しめるのも、そう長くないかもしれません。

皆さんもぜひ、大きめの文具店や素材屋さんに行った際は、チェックしてみてください。


♦︎♦︎♦︎


「彩雲紙×剣咲き」の組み合わせ、いかがだったでしょうか?

f:id:masanii_origami:20200209191258j:image


廃盤なった貴重な素材とはいえ、使わないのは勿体ない。

これからも思いつくままに、心を込めて折っていこうと思います。


あっ
佐藤直幹さんからいたクラッポマーブルも、そろそろ折らなくては!

特注のA3サイズ、勿体ないとか言ってお蔵入りさせている場合ではありませんね。

ブーケでも作ろうかなぁ…