まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙ハムスターを教えていたら、朝になった話。

f:id:masanii_origami:20181021225014j:image

我が家に遊びに来た友人に、勝田恭平氏の「ハムスター」をレクチャー。


彼女は、私の数少ない貴重な折り紙友達。高校生の頃からの長い付き合いです。


私の妻とも気が合うらしく、お互い結婚した今では、両夫婦揃っての付き合いになりました。


左:友人(24cm×24cm)
右:私(15cm×15cm)


それにしても、初見とは思えないほどのクオリティ。


定期講座の生徒たちが、ことごとく苦戦した代物だぞ…


ということで今日は、昨日のハムスター奮闘記をお届け!


❶夜明け前のガチ指導
❷上級者と折るのは楽しい!
❸テキスト以上の情報を読み取る
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶夜明け前のガチ指導
ハムスターを折り始めたのは、私たち夫婦と友人夫婦、4人で飲んで食って遊んだあとの、午前3時ごろ。


1時間くらいかな?と思っていたのですが、完成する頃には、空が明るくなりかけていました。


撮影した写真の時刻は、5時22分。
え、2時間半もやってたのか!


そういえば、釧路の卓球僧侶がピラミッドを折った時は、3時間50分。
(8月24日の記事をご覧ください)

釧路の卓球僧侶、折り紙でピラミッドを作るの巻 〜230分にわたる戦いの記録〜 - まさにぃの折り紙コラム


ここまで折り紙に熱中できる友達がいるのって、めちゃめちゃ幸せだなぁ。


もちろん、翌日(今日)は午後まで爆睡。
まぁ、たまにはいいよね。


❷上級者と折るのは楽しい!
「折り紙は久しぶり」とのことだったのですが…


やはり、うまい。
基礎がしっかりしているからでしょうか。


要点を押さえたら、あとは自分でパキパキ進めることができます。


さらに「反対側も同じね」と言って、さっきの工程をサクッと繰り返せる。


こりゃあ、教えがいがあるぞ!
ということで、こちらの解説も、どんどん理論的かつ高度になっていきます。


テキストに載っていない小細工を教えるなど、内容はどんどんマニアックに。


しまいには、「爪楊枝は、こう転がすといい」なんて話までしてしまいました。


❸テキスト以上の情報を読み取る
折り紙作品を、より美しく仕上げる。


そのためには、「テキスト通りに作る」というほかに、色々なポイントがあるんです。


例えば、
◯紙が破れやすいポイントはどこか。
◯強く折っていいか、紙をいたわって弱く折るべきか。
◯誤差を直すべきか、このまま進めて大丈夫か。


などなど。
慣れてくると、これらのポイントに気をつけながら折ることができます。


また、折り図の全体を見渡しながら、落ち着いて進められるようになります。


そうなるためには、やはり経験。
色んな種類の作品を、たくさん作りましょう。


だんだん引き出しが増えてきて、「あ、この折り方は見たことあるぞ」という気付きが多くなってきます。


こうなったら、新しい作品も怖くありません。ますますチャレンジが楽しくなることでしょう。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、久しぶりのマンツーマン指導でございました。ああ、楽しかった!


ちなみにハムスターの出典は、「第24回折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol24」。

おりがみはうす 第24回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.24

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

あなたはどれが好き? 〜星座折り紙のカラスたち〜

f:id:masanii_origami:20181019232540j:image

佐藤直幹さんの「カラス」がとても気に入ったので、星座の絵柄でも折ってみました。


これは!!

f:id:masanii_origami:20181019232642j:image

これはイイ!!

f:id:masanii_origami:20181019232649j:image

ぴったりじゃないか!

f:id:masanii_origami:20181019232659j:image


銀河鉄道の夜にでも出てきそうな、幻想的な雰囲気に仕上がりました。

f:id:masanii_origami:20181019232748j:image


シルエットも含めて、全体のバランスが良い作品は、どんな絵柄で折っても違和感がありません。

f:id:masanii_origami:20181019232957j:image


思いつきでパッと作れるくらい簡単なのも、嬉しいですね。

たくさん作りたくなって、写真撮影にも熱が入ります。

f:id:masanii_origami:20181019232913j:image


折り方はTwitterで公開されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


さて。
星座の絵柄ということで、今日は星の話でもしましょうか。


ロマンあふれる神話の話…ではなく、今日もマニアックにいきますよ。


❶星の色は、温度で変わる!
❷「光のドップラー効果」とは?
❸観測技術の進化と、広がる宇宙の謎
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶星の光は、温度で変わる!
星の光って、赤・白・青など、様々な色があるのはご存知でしょうか?


一般的には、星の温度が低いと赤色、高いと白色→青色になると言われています。


とはいえ、何光年も離れているのに、地球から観測できる星たちは、どれも超高温です。


7段階のうち、一番低いエリアは「3600度以下」。


一番高いエリアは「30000度以上」という、想像もできない温度です。


ちなみに太陽の表面温度は、約5700度。下から3番目です。世界は広いですね。


❷「光のドップラー効果」とは?
あまり知られていませんが、星は動きによっても色が変わります。


地球から遠ざかる星は赤色に、接近する星は青色に変化するんです。


救急車やレーシングカーが自分の前を通り過ぎると、音の高さが変化しますよね。


あれは、音の波形が「〜〜〜〜」から「~~~~」と縮まり、再び「〜〜〜〜」に戻ることで起こる変化です。


光も音と同じ「波」の性質を持っているので、同じ現象が起こります。


遠ざかる光は、波長が長くなるので赤色寄りに。(〜〜〜〜
接近する光は、波長が短くなるので青色寄りに。(~~~~


という感じ。
どちらの現象も、「ドップラー効果」と呼ばれています。


ちなみに、音のドップラー効果は、理科の授業でもやります。


光のドップラー効果はあまり知られていませんが、とても壮大で興味深い現象です。


❸観測技術の進化と、広がる宇宙の謎
技術の発達にともない、人の目に見えないX線や、電波などの観測もできるようになりました。


人が一生かけてもたどり着けない距離にあるのに、


何の物質でできているのか。
岩石なのか、ガスの惑星なのか。
どのように動いているのか。


など、本当に様々なことを調べることができます。


それでも、宇宙には、まだまだ解明されていないことも多くあります。


例えば、存在するはずなのに観測できない謎のエネルギー、「ダークマター暗黒物質)」の正体。


世界中の研究者が頭を悩ませている謎のひとつです。


それから、ブラックホールの研究もまた、ロマンですよねぇ。


今の子供たちが大人になる頃には、どこまで解明されているのでしょうか。


神話に想いを馳せるのもいいですが、こうした科学の謎を追い求めるのも素敵なことですね。


♦︎♦︎♦︎


いかん、折り紙コラムなのに、折り紙と全然関係ねぇ!


一人で勝手に盛り上がって、ついつい逸脱してしまったことを、お詫び申し上げ・・・ません!


これからも、気の向くままに、そしてマニアックに書き続けたいと思います。

 

<素材紹介>

今回の用紙は、生徒さんからいただきました。セリアかダイソーで買ったものかと思います。お立ち寄りの際は要チェックです。

代わりに、宇宙・星座の絵柄を探してみました。

気になる方は、ぜひ見てみてくださいね。

ラインハーモニー折り紙で作る、二種類のカラス。

f:id:masanii_origami:20181018213056j:image

佐藤直幹さん(@satonaomiki)の「カラス」を折ってみました。


佐藤さんが折ったハーモニー柄のカラスがとても綺麗だったので、たまたま手元にあった「ラインハーモニー」で代用したものです。


左右で別の絵柄に見えますが、実は同じ紙で作られています。方向を変えるだけで、こんなに表情が変わるんですね。


さて、今日コラムを始めましょう。
❶初心者に優しい、折り図の一般公開
❷表情が異なる、2種類のカラス
❸自立するのもステキ
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶初心者に優しい、折り図の一般公開
ありがたいことに、この作品の折り方は、Twitterで誰でも見ることができます。


ご本人のペンによる折り線と、丁寧な解説までついているので、初心者の方でも気軽にできそうです。


このほかにも、9月30日にも紹介した「ハチドリ」、あとは、もう少し前の時期に「オウム」も考案されています。


3つとも、ベースは鶴の基本形。
初心者に優しいシンプルなつくりなので、皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね。


❷表情が異なる、2種類のカラス
写真下の折り紙が、「ラインハーモニー」です。


身体のラインと絵柄を平行に作ると、右の黒っぽいカラスに。


逆に、ラインと垂直、シマシマになるように折ると、左のカラスになります。


鶴の基本形を作るまでは一緒。
それぞれのカド(頭・羽・尾)を、どう配置するかで変わってきます。


右の方がカラスらしいですが、左もなかなか綺麗ですね。


首や胸元の赤い感じが、絶滅種リョコウバトのようです。


❸自立するのもステキ
どちらのカラスも、ちゃんと2本の脚で立っています。


やはり本物のように自立すると、気持ちがいいですよね。
やはり、折り紙はこうでなくっちゃ!


それと、すごくマニアックな話ですが、両足が体のちょっと後ろあたりから生えているのも個人的にツボ。


動物の脚は、骨盤から生えています。
鳥の脚も、体の中心ではなく、ちょうどこれくらいの位置になるんですよね。


シンプルで折りやすく、全体のバランスも最高で、なおかつしっかり自立する。


何回でも折ってみたくなる、素敵な作品です。


♦︎♦︎♦︎


単色や均一パターンではない絵柄は、どんな風に仕上がるか予測が難しいです。


今回も、想像とはちょっと違いましたが、想像よりもきれいでした。


高度に理論化された折り紙の世界ですが、このような遊び心があるのも面白いですね。


分かったようで、まだまだ奥が深い。
これだから、折り紙はやめられません^^

 

<素材紹介>

ショウワグリム「ラインハーモニー折り紙」

今回紹介した使った絵柄がこちら。私は手持ちがなかったので11.7cmを使いましたが、15cmのものがオススメです。

併せて、ソフトハーモニーの絵柄もどうぞ。

昔ながらの遊戯折り紙「連鶴」についてのコラム。

f:id:masanii_origami:20181017214816j:image

今日は、定期講座でちなちゃんが折ってくれた連鶴をご紹介。


一つ一つがとっても丁寧に作られていて、それぞれの鶴が同じ方向を向いているのもオシャレですね。


淡いピンクの絵柄も上品で、まるで花畑を舞っているようです。


ちなちゃんは最近よく連鶴を作ってくれるのですが、この他にも、色んな形にチャレンジしているようです。


これからも、応援したいですね。

f:id:masanii_origami:20181017214829j:image


さて。
せっかくなので、今日のコラムは連鶴をテーマにいたしましょう。


❶連鶴のバリエーション
❷ちぎれないための対策
❸折り鶴以外のものを繋げてみよう
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶連鶴のバリエーション
連鶴といえば、左右となり同士に並んだ「妹背山」(いもせやま)」が有名です。


紅白で作ると、めでたい席にピッタリですよね。


連鶴の歴史は古く、1797年(221年前)に「秘伝千羽鶴折形」というテキストが出ています。


世界最古の折り紙の本としても知られ、ここでは約50種類の連鶴が紹介されています。


ちなちゃんが作った4つの鶴は、頭を向かい合わせると「楽々波(さざなみ)」という名の作品に。


頭・羽根を繋げたまま作ると「風車」になります。


他にも、大小で作って、くちばし同士を繋げると「拾餌(えひろい)」


縦に5つ並べたら「布晒(ぬのさらし)」


などなど。
現在も復刻版は簡単に手に入るので、情報を載せておきますね。


❷ちぎれないための対策
連鶴をちぎらずに完成させるために、皆さんはどんな工夫をしていますか?


私は、切り込みを最後に入れるようにしています。


鶴の基本形(ひし形のかたち)まで折って、一旦すべて戻してから切り込みを入れるのがオススメです。


切り込みを先に入れるテキストが多いのは、その方が全体を理解しやすいからでしょう。


しかし、切り込みを入れた状態で複数の鶴を折るのは、技術的にも精神的にも大変。


後から切った方が、安心して進めることができます。


二度手間にはなりますが、綺麗に折るためにはいい方法です。


❸折り鶴以外のものを繋げてみよう
もちろん折り鶴でなくても、作品を繋げることはできます。


4つのカドが紙の端に出るものが、分かりやすくてオススメ。


伝承作品「角香箱(つのこうばこ)」なんかは良い例で、比較的繋げやすい作品といえます。


よく、節分の豆を入れるのに使われるアレです。今度、実演してみようかな。


「やっこさん」でもイケます。
理論的には、紙の端がどこかに存在すれば、どんなものでも繋ぐことができます。


テキストをパラパラとめくってみて、色々と試してみましょう。


簡単な作品でも結構難しいので、いい力試しにもなりますよ。


Twitterでは、神谷哲史氏の代表作「エンシェントドラゴン」をダブルで折って「連エンシェントドラゴン」を作った強者も。


ここまでくると、変態です。もう意味がわかりません…


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は連鶴のおはなしでした。


このジャンルはコアなファンが結構いて、なかなか沼要素が多いです。


「連鶴」と検索すると、マニアックな作品がたくさん出てくるので、お時間があるときにチェックしてみてくださいね。

折り紙1枚で作れる立方体「キューブボックス」をご紹介。

f:id:masanii_origami:20181016230322j:image

Giovanni Maltagliati「Cube box」
月刊おりがみ518号(2018年10月号)より。


この号のテーマは「ハロウィン」なんですけど、偶然見つけたコレに惹かれて折ってみました。


伝承作品「ます」を応用したとのことですが、普通の箱からこんなに綺麗な立方体ができるのにびっくり。

f:id:masanii_origami:20181016230332j:image


では、詳しく解説していきましょう。
❶実は珍しい、一枚折りの立体
❷置物からプレゼントまで
❸いろいろ改造してみよう
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶実は珍しい、一枚折りの立体
箱系の作品は、複数の紙を使うケースがほとんどです。


立方体なら、たいてい6枚。
この作品のように、折り紙1枚で完全に閉じられた箱になるのは、比較的珍しいと思います。


一枚折りだから難しいかと思ったけれど、数分でサクッと完成しちゃいました。


工程数は9。半ページのボリュームしかないのに、こんなにきれいな箱を折れるんですね。素晴らしい!


❷置物からプレゼントまで
シルエットは普通の箱なので、どんな絵柄とも相性が良さそうです。


無地、水玉、和柄…ハーモニーカラーでも綺麗に仕上がるでしょう。


中心をちょっと開いて、爪楊枝を差してもよし。

f:id:masanii_origami:20181016230439j:image


キャンディを何個か入れてプレゼントしたら、喜ばれそうです。


半開きの形もきれいなので、中身を見せたままテーブルに飾るのもアリですね。
f:id:masanii_origami:20181016230450j:image


❸いろいろ改造してみよう
この作品、上面の閉じ方を変えることができます。


普通の段ボールのように、左右→上下の順に閉じてもよし。風車のように、点対称にすることもできます。


また、ヒダの折り方によって絵柄が変わるのも、この作品の面白いところ。


なお、最初の写真の左側は、カドを段折りして裏面の白色を出しています。


こうすると紙の厚みも出て、口がピッタリと閉まるんですよね。


戻すのも簡単なので、お好みの形を見つけてみましょう。


♦︎♦︎♦︎


ということで、今日は一枚折りの立方体「キューブボックス」のご紹介でした。


この作品、もともとは1989年の本に載っていたものだそうです。


今から29年前の作品なんですね。
これからも、たくさんの人に折ってもらって、末永く引き継がれてほしいものです。

 

<テキスト紹介>

月刊おりがみ518号(2018年10月号)

今回の作品の出典はこちら。テーマはハロウィンなので、ジャック・オー・ランタンや魔女などのネタが多く掲載されています。

ネタにお困りの方は、一読の価値アリ。

これぞ折り紙の構造美!マイマイさんの「ハリネズミ」を折ってみた

f:id:masanii_origami:20181015213201j:image

マイマイさんこと、今井雄大さんの「ハリネズミ」を折ってみました。


使ったのは24cmの教育折り紙。
大きめの紙ですが、それでも結構小さくなりました。


この大きさでも手乗りサイズでかわいいし、15cmで折ったらスモモみたいになりました。
f:id:masanii_origami:20181015213145j:image


そして何より、背中にびっしり作られたトゲがたまりません。
よくこんな構造、思いついたなぁ。

f:id:masanii_origami:20181015213214j:image


実はこの作品、折り図がありません。
あるのは展開図と、マイマイさんご本人の制作動画のみ。

これが、なかなか大変だったんです。


というわけで、今日は私がハリネズミを完成させるまでの様子を、ストーリー仕立てでお送りいたします。


❶超速スピード動画
❷毛ガニくんの功労
❸まさにぃ、ミス発覚
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶超速スピード動画
ご本人の制作動画があるんなら、何とかなるだろう。

と、軽い気持ちで動画を見始めました。


【折り紙/origami】「ハリネズミ 」を折りました【早送り】


軽快なアコギの音色でスタートする動画。
おもむろに折り紙を用意するマイマイさん。


さて、まずは四角に折ります。


ふむふむ。その次は…


ズババババババババッッ!!!


うおおッ!!??


は、早すぎるッ!!


これが噂の早回しッ!?


結局見えたのは、とりあえず32等分にすることと、中間地点で一瞬止まるワンシーンと、あとは完成されたハリネズミ


やべぇ、これは無理かも…


❷毛ガニくんの功労
しかし、諦めてはいけません。


何としてでも完成させて、次の定期講座で生徒にドヤ顔するんだ。


背中の構造は「縦に段折り→横に段折り→中割り折り」と初めから見当がついていました。


あとは裏側をの白色を使った、顔と手足。
展開図と完成写真をひたすら観察するしかありません。


しかし。
オレンジ色で作ったのですが、試行錯誤しすぎてシワシワのヨレヨレになってしまいました。


毛ガニの死骸みたいだ。


こうなったら、毛ガニくんには徹底的に実験台になってもらって、技術向上の礎となってもらおう。


そして、翌日の夜。
紫色で再チャレンジし、ようやく完成。
無事、今回の写真におさめることができました。


毛ガニくんも、成仏できたことでしょう。


❸まさにぃ、ミス発覚
バッチリ整形して、写真を撮ったあとに発覚したのですが…

f:id:masanii_origami:20181015213230j:image
マイマイさんの実物と見比べて、耳が太い。これは、沈め折りをしているのか…?


いや、裏側を見ると、普通の山折りのようだ。しかし、間のヒダの処理はどうやって…?


そして、後ろ足のあたりも、ちょっと構造が違うことが発覚。


うーむ、まだまだツメが甘かったようです。
これはもう一回作ってみないとなぁ…


♦︎♦︎♦︎


というわけで、所々に課題はあるものの、ひとまず形にすることができてホッとしています。


実はこのハリネズミ、Matthew Wongさんが折っていました。


「私もいつかやってみたいです!」

「I wanna try this someday😄」とコメントしたところ、「You can do it!」と背中を押してくれたんですよね。


Matthewさん、ありがとうございました。Thank you for your kindness✨

 

<素材紹介>

トーヨー教育折り紙24cm

今回使った紙がこちら。複雑系作品の練習にもどうぞ。

千代紙の製品情報も載せておきます。

折り紙スライムを量産する小学生たち。

f:id:masanii_origami:20181014220519j:image

昨日は、半月ぶりの定期講座。
小学3年生のたけるくんが、お友達を連れてきてくれました。


同級生のこうすけくん、弟のりょうへいくん、妹のゆいちゃん、それからお父様・お母様。


ご家族5人で来てくれて、この日はとっても賑やかな雰囲気になりました。


今回の写真は、たけるくん・こうすけくん・りょうへいくんの3人で折ったスライム。


あれ、りょうへいくん5歳じゃなかったっけ。大人にも負けないくらい、綺麗に仕上がっています。


たけるくんのレクチャーが上手なのもあると思いますが、これにはびっくり。

f:id:masanii_origami:20181014220640j:image


さて、今日のコラム。
たけるくん、スライムを暗記
❷裏地で顔をデザイン!
❸無限に広がるアイディアたち
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


たけるくん、スライムを暗記
実はこの日、スライムが載ったテキストを家に置いてきちゃったんです。


たけるくん持ってきたスライムを見て「しまった!」と思ったのですが…


たけるくん、完全に暗記していました。
さすがの集中力です。


しかも、口元や頭のトンガリにアレンジを加えて、自分好みにカスタマイズしていました。


結局この日は、4匹のスライムが誕生。
並べて写真を撮ったら、よりRPGっぽくなりました。


❷裏地で顔をデザイン!
裏側の白色を使って顔のパーツを表現するのは、実は結構ポピュラーな手段です。


カドの配置や、折る幅を調整すれば、いろんな表情を作ることができます。


カボチャに顔をつけた「ジャック・オー・ランタン」なんかは良い例で、最近SNSでよく見かけます。


「月刊おりがみ」でもハロウィン特集をやっていたので、私も何か折ってみようかな。


❸無限に広がるアイディアたち
裏面をうまく使えば、色々な絵柄を表現することができます。


今回のような顔だけでなく、文字やロゴマークなど、本当にアイディア次第。


アルファベットのA〜Zなんかは、昔からあります。


最近では、長針・短針を表現した、horizonさんの「時計」が印象的です。

f:id:masanii_origami:20181014221345j:image
(詳しくは、6月27日の投稿をご覧ください)

Twitterで見つけたhorizonさんの「時計」に一目惚れ。 - まさにぃの折り紙コラム


「落石注意」の道路標識をTwitterで見かけたときは、さすがにビビりました。


♦︎♦︎♦︎


最後に、スライムの出典。
考案者は、酒井司さん。
テキストは、「第24回折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol24」。


先日たけるくんに紹介してから、すっかり気に入ってくれたようです。
(当時の様子は、9月16日の記事をご覧ください)

折り紙で作ったスライムが、ラスボスにしか見えない件。 - まさにぃの折り紙コラム


私が一目惚れした「ハムスター」も載っているので、とってもオススメの一冊です。

おりがみはうす 第24回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.24

URLを貼り付けておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

<素材紹介>

通常の折り紙と、カラーホイル紙をどうぞ。