まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

1年越しの再挑戦!勝田恭平さんの「ユニコーン」【前編】

f:id:masanii_origami:20200409203020j:image

勝田恭平さんのユニコーンに挑戦中です!

この作品を最初に折ったのは、昨年5月の講習会。

(2019/05/14)

masanii-origami.hatenablog.com


そして今年1月、めでたく同氏の作品集が出版され、ユニコーンの折り図が正式に出回ることに。

あの時の感動をもう一度…と思い立ち、チャレンジするに至りました。


工程数が多いので、今回も複数回に分けてお届けいたします。

果たして、無事に完成させることができるのでしょうか!?


🍀今日のトピック☘️

❶今回の素材はコレ!

❷体はおおむね完成

ユニコーンの折り図


♦︎♦︎♦︎


❶今回の素材はコレ!

当初はセリアの53cmホイル(金色)を使おうか思っていましたが、本棚に35cmのカラーホイルが眠っていたのを思い出しました。

昨年夏のコンベンションで買って以来、ずっと未開封だったものです。

f:id:masanii_origami:20200409203457j:image


金・銀はもちろん、赤、青、緑、ピンクなど、12色が3枚ずつ=36枚入っています。

どれを使っても、カッコ良く仕上がりそうですね。目移りしちゃいます!

f:id:masanii_origami:20200409203507j:image


悩んだ末に選んだのは「グレープ」

紫より薄く、ピンクを青に寄せたような色です。

f:id:masanii_origami:20200409203524j:image

 

幻獣らしく、神秘的な雰囲気になるといいのですが。

さぁ、頑張りますか!


❷体はおおむね完成
さて、現在の進捗はというと。

f:id:masanii_origami:20200409203658j:image

 

仕込み〜組み立て、手足の基礎、頭の大まかな作り込みを終えたところです。

たてがみを作る途中で、タイムアップしました。

f:id:masanii_origami:20200409203559j:image


手足の先端が尖ったまま、しかも猫背なので、驚いたネコのようなシルエットで放置されています。

f:id:masanii_origami:20200409203615j:image


ここから、たてがみをエレガントに仕上げ、筋肉質な足と「蹄(ひづめ)」を作り、流れるような尾を展開します。

目までリアルに再現された顔も、この作品の見どころ。

貴重なホイル紙を無駄にしないよう、しっかり取り組みたいと思います!


ユニコーンの折り図

この作品の折り図は、前述の「勝田恭平折り紙作品集」に掲載されています。

www.origamihouse.jp

 

表紙を飾る「フクロウ」、かわいさ抜群の「フェネック」、躍動感あふれる「クロヒョウ」など、ファン垂涎の作品が目白押し。


…と言っておきながら、実は私はまだ買っていません。すいません。

「おりがみはうすで直接買いたいな〜」と思っていたら、機を逸してしまったんですよね。

お恥ずかしい限りです。


ユニコーンだけを折りたい方は、折り図と30cmの特殊紙がセットになった便利なパッケージも売っています。

「超難解折紙 ユニコーン

olshop.origamihouse.jp

 

どちらも、「おりがみはうす」の公式サイトで買うことができます。
(他の書籍や素材も、たくさんあります!)

olshop.origamihouse.jp

 

ちなみに、Twitterで話題騒然となった「シマエナガ」については、今年3月に出たばかりの「高雅な折り紙」に掲載されています。

こちらもぜひ、チェックしてみてください。

 

♦︎♦︎♦︎


数日前、苦労して作った「Temple Dragon」に味をしめて、またソッチ系に手を出してしまいました。

(2020/04/05)

masanii-origami.hatenablog.com


家にいる時間が増えたおかげで、こうした複雑系に思い切ってチャレンジできています。

喜べる状況ではありませんが、有意義に過ごしたいと思います。

f:id:masanii_origami:20200409203639j:image

 

外出はできませんが、「楽しく過ごすこと」は制限されるものではありません。

こういう時こそ、心豊かに過ごしたいものですね。


この機会にぜひ折り紙を楽しんでいただきたく思いますが、色々な事情で難しい方もいらっしゃると思います。

そんな時に、当コラムや、ご紹介した他のコンテンツが癒しになれば嬉しいです。