まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙1枚で貝殻も!神谷哲史作品集2の「ヤドカリ」にチャレンジ

お題「#おうち時間

f:id:masanii_origami:20200517030745j:image

神谷哲史作品集2の「ヤドカリ」を折りました。

1枚の正方形から、オモテ側で本体、ウラ側で貝殻が折り出された作品。

左右で違う大きさのハサミや、顔の細部、貝殻のトゲまで、妥協なくデザインされています。

f:id:masanii_origami:20200517033639j:image

 

使用したのは、トーヨーの創作専科折り紙。35cmホイル紙の「オレンジ」です。

f:id:masanii_origami:20200517031535j:image

 

鎧のような体と、メタリックなホイルの質感が、良い感じに調和してくれました。


☘️今日のトピック☘️

❶2年越しのチャレンジ

❷多大なるホイル紙の恩恵

❸カラチェンして「サザエ」を折る


♦︎♦︎♦︎


❶2年越しのチャレンジ

この作品を最後に作ったのは、2018年のこと。ちょうど2年前です。
(2018/04/29)

masanii-origami.hatenablog.com

 

当時はまだ大きなサイズの紙を持っておらず、24cm教育おりがみを使っていました。

今になって考えると無謀ですが…

まぁよく、それなりの形にまで仕上げたものです。


あれから2年、私も少しはレベルアップできたのでしょうか。

「いつか薄い紙でリベンジします」と宣言していたので、約束を果たせて良かったです。

f:id:masanii_origami:20200517032715j:image


当時の記事の中で、

「24cmの教育おりがみでも、スキル次第でちゃんと作れるのでしょうか」

とか言っていますが…


2年前の私に言いたい。

つべこべ言わず、デカイ紙を買いなさい。


❷多大なるホイル紙の恩恵

薄くて密着感のあるホイル紙は、複雑な作品を折るのに最適です。

工程79・102に出てくる「もみじの葉」のようなOpen sinkも、何事もなかったかのようにピッタリ閉じてくれます。

f:id:masanii_origami:20200517033222j:image

 

また、枚数を重ねたままボキッと折ることができるのは、薄いホイル紙だからこそ。

工程130-135の、ハサミや触覚の位置を確定させるシーンは、普通の紙では物理的に折れません。

特に触覚は、左右で紙の枚数が違うので、厚いと左右対象にならないんですよね。

f:id:masanii_origami:20200517033515j:image

 

ホイル紙を扱うコツは、爪でしごかないこと。
塗装がはげて裏側の紙部分だけになり、もろくなってしまいます。

プレスする際は、指の圧力で「ギュッ」と押すようにしましょう。

f:id:masanii_origami:20200517033613j:image

 

ホイルは破けやすいと言われますが、引っ張る力には強いです。

慣れてくると、「繊細」「大胆」をうまく使い分けられるようになりますよ。


❸カラチェンして「サザエ」を折る

ヤドカリの白い貝殻は、工程159で紙をひっくり返すことで現れます。

大きなオレンジ色のパーツが白くなる瞬間は、こちらの気分も変わるほど劇的です。

f:id:masanii_origami:20200517033856j:image

 

折る人しか見られない貴重な光景なのですが、せっかくなので連続写真を撮ってみました。

 

これが…

f:id:masanii_origami:20200517034015j:image

こうなって…

f:id:masanii_origami:20200517034100j:image

こう!!

f:id:masanii_origami:20200517034144j:image

 

さて、ここから貝殻を作っていきます。

実はこれ、「サザエ」がそのままくっついているんです。

しかも、同じテキストの作品。

すぐ前に折り方が載っています。

サザエ単体も50工程の代物なのですが、これだけでも素晴らしい作品です。
(2018/04/12)

masanii-origami.hatenablog.com

 

問題は、本体とサザエの接続部分が複雑なんですよねぇ。

かなりの厚みになったヤドカリの腰を「えいっ!」と折り曲げる必要かあります。

サザエができたら、今度はサザエを潰さないように、ヤドカリの脚やハサミ、触覚や顔の細部を仕上げていきます。

f:id:masanii_origami:20200517034359j:image

 

オーラスの全体整形も、なかなかテキスト通りにはいきませんでした。

ヤドカリの厚さと、貝殻の薄さのバランスは、簡単には調和してくれません。

何とかソレっぽくなるようにいじくり回し、彩雲紙「あじさい」をバックに撮影すれば…

めでたく、今回の作品の完成です!

f:id:masanii_origami:20200517034425j:image


♦︎♦︎♦︎


神谷哲史作品集2より「ヤドカリ」でございました。

f:id:masanii_origami:20200517034833j:image

 

完璧とはいきませんでしたが、2年越しのチャレンジにして、やっと納得のいく形になって嬉しいです。

工程数229の長丁場を、コツコツ頑張った甲斐がありました。

f:id:masanii_origami:20200517034802j:image

 

このテキストは書店に売っていないので、興味のある方は「おりがみはうす」のオンラインショップを覗いてみてください。

書籍だけでなく、大きなサイズの折り紙も売っているので、要チェックです!

www.origamihouse.jp