まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

冥界の番犬ケルベロス、ついに完成! 〜ホイル折り紙がやめられない〜

f:id:masanii_origami:20200606174816j:image

神谷哲史作品集2

ケルベロス/Kerberos

完成しました!!


デビル・メイ・クライ3のボスキャラをイメージしていたのですが、ちょっと雰囲気が違いますね。

氷というより金属ですが、これはこれで良い感じです。

f:id:masanii_origami:20200606174832j:image

(前回の記事:2020/06/03)

ホイル折り紙がやめられない。 〜冥界の番犬「ケルベロス」に挑戦中〜【Part1】 - まさにぃの折り紙コラム


3つの頭と手足は繊細ですが、体は面が広くシンプルなつくりで、動物らしいシルエットになってます。

f:id:masanii_origami:20200606174843j:image

 

「全てのパーツが複雑ならOK」ではなく、こうしたバランス次第でリアルさが増すのも、複雑系の面白いところです。


さて。

ここ1ヶ月ほど、ホイル紙ばかり扱っていたので、ホイル紙の特徴をまとめてみました。

過去に触れた内容もありますが、おさらいの意味も込めて


☘️ホイル紙の特徴と魅力☘️

 ❶何枚重ねても大丈夫

 ❷弾力ゼロの頑固者

 ❸独特のキラキラ・ツルツル


☘️☘️☘️


❶何枚重ねても大丈夫

ホイル紙は、普通の折り紙よりも薄いです。

複雑系は紙が厚くなりすぎると折れなくなるので、とっても重宝しています。

(53cmホイル紙でも物理的に無理そうな、ヤバイ作品はあります)

 

今回のケルベロスも50枚以上の重なりが出たので、普通の紙質では難しかったでしょう。

f:id:masanii_origami:20200606175153j:image

 

教育折り紙のパッケージが手元にある方は、同じ作品をプレスして比べてみてください。意外な違いに気付くはずです。

 

❷弾力ゼロの頑固者

ホイル紙は折れ目が戻らないので、紙を開いたり、沈めたりしづらいんですよね。

山折り・谷折りのスイッチも一苦労です。

弾力もなく、すぐシワシワになるうえ、一度つけた線は消えません。

折りづらく、間違えると大変。

ホイル紙が難しいと言われるゆえんですね。


しかし、ひとたびキッチリ決めてしまうと、驚くほど緻密な構造を作ることができます。

f:id:masanii_origami:20200606175216j:image

 

限りなくシャープな先端ができるのは、薄く密着度の高いホイル紙ならではの芸当です。


❸独特のキラキラ・ツルツル

金属細工のような繊細さと、広い面のなめらかな光沢。

前述のようにクセのあるホイル紙ですが、それでも惹かれてしまうのは、これらの魅力があるからです。


パーツによって光り方が変わるので、一つの作品で様々な表情を見せてくれます。

f:id:masanii_origami:20200606182214j:image

 

特に、過去に紹介したカマキリやクワガタ、ヤドカリなどの節足動物との相性は抜群で、本当にクセになります。
(2020/05/31)

masanii-origami.hatenablog.com

(2020/05/21)

masanii-origami.hatenablog.com

(2020/05/17)

masanii-origami.hatenablog.com

 

☘️☘️☘️


ちょっとコラムの形式を変えてみました。

いつも同じ事をやるより、少しずつ、何かしらトライを重ねていきたいものです。

変化しつつも、折り紙の活動はこれからもライフワークとして続けていきたいと思います。

今後もお付き合いいただければ幸いです。

f:id:masanii_origami:20200606182335j:image

www.origamihouse.jp