まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙は一日にして成らず。Temple Dragon【FINAL STAGE】

f:id:masanii_origami:20200405204718j:image

ついに完結!!

月曜日から少しずつ進めてきた、キム・ドンヒョンさんの「Temple Dragon」


過去2回にわたり制作過程をお送りしてきましたが、めでたく完成させることができました。
(前回:2020/04/03)

masanii-origami.hatenablog.com

(前々回:2020/04/01)

masanii-origami.hatenablog.com

 

細部まで仕上げたドラゴンが自立した瞬間は、まさに感動です!

シッポが浮いて、二本足で立てるドラゴンは珍しいですね。
こうしたバランスの良いデザインも気に入りました。

f:id:masanii_origami:20200405205043j:image


さて、Temple Dragon【最終章】。
ラストスパートの様子をお届けいたします。


☘️今日のトピック☘️

❶頭に穴があくハプニング

❷こだわりのシッポ

❸正解のない「翼の曲線」


♦︎♦︎♦︎


❶頭に穴があくハプニング

首にヒダを付けるため、7回連続で段折りをする工程192。

前からガバッと開いた瞬間、ビリッと嫌な音がして、頭が後ろから裂けてしまいました。

f:id:masanii_origami:20200405205058j:image


上から見ると、脳天にバックリ風穴が空いているのが分かります。

勇者が必殺の一撃をぶちかます位置ですね。

完成前にやってくれるとは、なかなか空気の読めないヤツです。


とはいえ、頭が真っ二つにならなかったのは不幸中の幸い。

スティックのりをパテ代わりに埋め込み、何とか修復できました。

横から見ても違和感ない状態にまでリカバリーできたので、まぁ良いでしょう!

f:id:masanii_origami:20200405205128j:image


❷こだわりのシッポ

苦し紛れの仕上げが多い中、シッポは納得のいく作り込みができた数少ないパーツです。

段折りは角度を微妙に変えることで、自然なカーブを付けました。

f:id:masanii_origami:20200405205225j:image

 

また、上下から圧力をかけ、サイドを膨らませています。

頂点に山折り線をしっかり付けることで、断面を菱形にしています。

上部はヒダが2枚あるので、少し開いてV字にしました。

f:id:masanii_origami:20200405205251j:image

 

工程210は省略したのですが、段折りの時点で上部が尖ったので良しとします。

厳密にテキスト通り…という訳にはいきませんでしたが、こうしたアレンジをする余裕ができたのは嬉しいことです。


ところで、この金ピカのウロコを見て、Magic The Gathering「板金鎧のワーム」を連想したのですが…

search.yahoo.co.jp

この中にご存知の方は、どれだけいるのでしょうか。


❸正解のない「翼の曲線」

いよいよ作品の目玉である、大きな翼を仕上げます。

骨組みを作ると同時に全体を曲げていく、ダイナミックな作業です。

折り目の位置やカーブの角度を少しずらすだけで、全体の形が変わってきます。

正解がない代わりに「自分好み」のシルエットを作ることができるので、楽しみながら取り組むことができました。

f:id:masanii_origami:20200405205612j:image


直線・曲線を駆使してナチュラルな形を追求するプロセスは、作品に命が吹き込まれる瞬間でもあります。

上手くできないと非常に歯がゆいのですが、イメージ通りに決まった時の達成感は格別です!


♦︎♦︎♦︎

 

頭、シッポ、翼。

3つのパーツを作って、Temple Dragonの完成です!わーい!

全3回にわたりお付き合いいただき、ありがとうございました。

f:id:masanii_origami:20200405205645j:image

 

初チャレンジの青色も含めると、全4回ですね。

f:id:masanii_origami:20200405205759j:image
(2020/03/30)

masanii-origami.hatenablog.com

 

撮影記録から費やした時間を計算したら…

なんと、11時間!

我ながら、よく頑張りました。

f:id:masanii_origami:20200405210007j:image

 

いわゆる「複雑系」に手を出したのは久しぶりで、その苦しさと楽しさを存分に味わうことができました。

こういう作品を、毎回1つ投稿できたらいいな、とは思いますが…

まぁ、焦っても仕方ない。

作りきれない時は、今回のように小分けにして紹介したいと思います。

インスタ映えする完成品だけを見せるのも良いですが、完成までのプロセスや、失敗した瞬間までもお楽しみいただけたら幸いです。