まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

老舗チョコのロゴマーク「ゴディバ夫人」を折り紙で!

お題「#おうち時間

f:id:masanii_origami:20200513193139j:image
チョコレートブランドゴディバロゴマークを折りました。

馬にまたがる裸婦、ゴディバ(ゴダイヴァ)夫人です。

f:id:masanii_origami:20200513193128j:image


紙の裏面を活用する「インサイド・アウト」により、馬と人が一枚で折られた作品。

出典は「第25回折り紙探偵団コンベンション 折り図集Vol.25」、考案者はえずのさんです。

 

ゴディバのチョコは大好きですが、ロゴマークを折るという発想はありませんでした。

(そもそも、ロゴを観察したことすらありませんでした)

こういうユニークな作品、大好きです!


☘️今日のトピック☘️

ゴディバ夫人のはなし

❷悩んだ最後の仕上げ

❸まだある「繋がった系」


♦︎♦︎♦︎


ゴディバ夫人のはなし

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、まずはモチーフの説明から。


(以下、公式サイト意訳)

舞台は11世紀の英国。

コベントリーの領主・レオフリック伯爵は、修道院の建設などのため、領民に重税を課すようになりました。

貧しい領民のことを思い、それに抗議をしたのが、伯爵の妻であるゴディバ夫人(=レディ・ゴディバ)です。


度重なる議論に疲れた伯爵は、レディ・ゴディバにこう告げます。

「一糸まとわぬ姿で馬に乗り、町中を廻れたのなら、税を引き下げて増税を取りやめよう」


レディ・ゴディバは、翌朝にそれを決行します。

すると領民たちは、その行いに敬意を表し、裸の彼女の姿を見ないよう、みな窓を閉ざしたのです。

そして伯爵は約束を守り、ついに税は引き下げられたのでした。

www.godiva.co.jp

 

❷悩んだ最後の仕上げ

テキストでは、ゴディバ夫人の手足などが簡略化され、シンプルなつくりになっています。

今回は、ちょっと細部をアレンジ。

f:id:masanii_origami:20200513153230j:image

 

足の先端を段折りして足先を作り、全体を細くしました。

(本来は靴をはいていなので、蛇足だったかもしれませんね…)

手は内側をめくって曲線にする事で、立体感を出しています。

 

馬は全体をふっくらさせていますが、手足はあえて作り込まず、オリジナルのままにしました。

馬がシンプルな方が、ゴディバ夫人に目線が行きやすくなります。

えずのさんは、そんな所も考慮してデザインされたのかもしれませんね。

f:id:masanii_origami:20200513153356j:image


折り紙において、全てのパーツを精巧に再現する必要は、必ずしもありません。

特徴を最小限かつ的確にとらえたデザインは、故 吉澤章氏の作品などによく見られます。
(2018/02/13)

www.instagram.com

 

シンプルなのに一発でそれと分かり、暖かみさえ感じられるのが、折り紙の不思議なところですね。


❸まだある「繋がった系」

一枚の正方形から2つ以上のものを折り出した作品は、他にもあります。

私自身ではあまり折った経験がないのですが、せっかくなので何点かご紹介いたしましょう。


神谷哲史作品集「白鳥離水」

フラットな水面と白鳥が一体になっています。

絵柄によって色々な水面を作れるのも、魅力のひとつです。
(2018/07/07)

masanii-origami.hatenablog.com

 

神谷哲史作品集2「ヤドカリ」

ヤドカリの本体と貝殻が繋がっています。

同じテキストに載っている「サザエ」がそのままくっついているのが面白いところ。

本体はかなり複雑です。
(2018/04/29)

masanii-origami.hatenablog.com

 

結果的に、神谷さんの作品だけになってしまいましたね。

ちなみに、最近見かけた中で一番ヤバかった作品は、Bodoさんの「Eating mantis」です。


コオロギを捕食するカマキリ。

変態すぎて言葉が出ません。

 

他にもたくさんのマニアックな作品が発表されていますが、まだまだ一般には知られていないものも多いです。


地域の講習会などに作品を持っていくと、

「何だこれは!」

「一枚なの!?」
子供・大人を問わず、こんなリアクションをいただきます。

折り紙の新しい世界を知ってもらえるのは、いつになっても嬉しいものです。


♦︎♦︎♦︎


えずのさんの「ゴディバ」でございました。

f:id:masanii_origami:20200513193155j:image

 

馬だけでも綺麗なのに、そこにブロンドの女性を合わせるなんて、なんて素敵な作品なんでしょう。

折り紙の楽しさが、また一つ広がりました。


ふと思い出して、過去に折った「馬系」の作品を並べてみました。

f:id:masanii_origami:20200513152945j:image


◯左上:神谷哲史さん「天馬」
(2020/05/09)

masanii-origami.hatenablog.com


◯左下:勝田恭平さん「ユニコーン
(2020/04/11)

masanii-origami.hatenablog.com

(2020/04/13)

masanii-origami.hatenablog.com

 

◯右下:さくBさん「ユニコーン
(2019/04/16)

masanii-origami.hatenablog.com

 

同じ動物がモデルでも、色々なデザインがあるのが分かります。

どれも素晴らしい作品ばかりです。

ぜひ皆さんも、一度チャレンジしてみてください。

 

www.origamihouse.jp