まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

ちなちゃん「シッポ猫」 〜月刊おりがみ518号〜

f:id:masanii_origami:20190730231549j:image

以前、川畑文昭さんの「ネコ」を折ってくれた、小学6年生のちなちゃん。
(当時の記事:2019.07.20)

masanii-origami.hatenablog.com


今回は、月刊おりがみ518号(2018年10月号)の「シッポ猫」を折ってくれました。


ピンと伸びたシッポがアクセントの、シンプルな猫ちゃん。
15cmで折ると、ちょうど手乗りサイズになります。


さて、今日もゆるっとお送りいたしましょう。
❶ネコブームは続く
❷頭とシッポの工夫
❸みんなのレベルアップ


♦︎♦︎♦︎


❶ネコブームは続く
最近ネコを飼い始め、空前のネコブームが到来しているちなちゃん。
折り紙の興味も、やっぱりネコ寄りになりますよね。


この作品は、昨年に私がコラムで紹介したことがあるのですが、それを覚えていてくれました。
(当時の記事:2018.11.11)

masanii-origami.hatenablog.com


「ねぇ、アレある?」
「あるよ、コレね」



月刊おりがみのバックナンバー1年分が手元にあったので、彼女のリクエストに瞬時に応えることができました。

大量のテキストを、毎回ガラガラを引いて持参している甲斐がありました。


他の猫ネタといえば、「端正なおりがみ」にも「はこねこ」があります。
(2018.08.08)

masanii-origami.hatenablog.com


コレもまた、いいんですよねぇ。
彼女と同級生のいっくんが持っているテキストなので、リクエストがあったら個別に借りてもらおうっと。


❷頭とシッポの工夫
頭の形は、「かぶせ折り」の深さで印象が変わります。


根元寄りで折ると、やや面長に(写真奥)。
浅めに折ると、コンパクトな丸顔になります(写真手前)

f:id:masanii_origami:20190730232126j:image


長いシッポも、色々工夫できると思います。
カールさせて針金を仕込めば、ペンなどに巻きつけて飾れそうです。
今度やってみようかな。銀色とかで。
良かったら、皆さんも試してみてくださいね。


❸みんなのレベルアップ
この作品の工程23は、いくつかのラインを同時進行で、立体的に折っていきます。
ココが結構難しくて、初心者の方は止まってしまうかもしれません。


ちなちゃんも躊躇していましたが、少しヒントを出してあげたら、自力でサクサク進めることができました。さすがです。


彼女が講座に来て、もう1年以上。
当時から十分器用でしたが、折る作品はさらに高度になり、折る所作もきれいになった気がします。
(写真は彼女が折った1分ローズ)

f:id:masanii_origami:20190730231606j:image


他の生徒さんも、バリエーションが増えたり、色の使い方が上手になったり。
まったくの初心者だった方が、いつの間に「妹背山」を折れるようになり、驚いています。


お互いに教え合ったり、作品を見せ合ったりして、良い刺激になっているようです。


みんなの上達を見るのも、定期講座の楽しみになりました。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、久しぶりに「月刊おりがみ」の作品を紹介いたしました。


佐藤ローズや、川畑文昭氏の変態作品に気を取られ、届いても部屋に放置される最新号。
そろそろ、夏モノを物色してみようかな。


でも部屋には、五角形に仕込んだままのヴィヴァルディが転がっている…
次回の作品にも、どうぞご期待くださいませ。