まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

恐竜折り紙「T-REX2015」、2回目のチャレンジ【後編】

f:id:masanii_origami:20190807230944j:image

はい、完成しました!
川畑文昭折り紙作品集「T-REX2015」です。


前回は口元(アゴ)だけの中途半端な状態でお披露目してしまいましたが、おかげさまで何とか終わらせることができました。
(前回の記事:2019.08.05)

masanii-origami.hatenablog.com


昼休み、電車の中…スキマ時間を使えば何とかなるもんですね。


さて、今日は仕上げに使った「ノリ」のお話です。
❶成長を感じた「2個目」
❷ノリ、使ってますか?
❸意外と大変なノリ入れ


♦︎♦︎♦︎


❶成長を感じた「2個目」
1個目を作ったのは、ちょうど1ヶ月前。
(2019.07.03)

masanii-origami.hatenablog.com


見比べると、細かいシワがずいぶん減りました。

f:id:masanii_origami:20190807231025j:image


前回は工程を間違えたり、角度をつけ直したりして、けっこう紙を酷使してしまったんです。

その前回があったおかげで、今回はほとんどの工程を一発でクリアすることができました。


「あと何工程あるんだ…」
と、先の見えなかった前回と比べて、ストレスレベルも全然違います。

一回り成長できた気がして、嬉しいです。
これなら、3個目はもっと綺麗に…いや、もう結構です。


❷ノリ、使ってますか?
紙が何枚も重なった構造は、放置すると紙が開いてしまうんですよね。
私は整形のためには、躊躇なくノリに頼る派です。


爪楊枝を使って、スティックのりの表面をマーガリンのようにすくい、ヒダの間にすり込んでいきます。

こういう作業、私以外にもやっている方はいるのではないでしょうか?


ホイル紙を裏打ちしたり、紙を湿らせたり、ノリを使わずに整形する方法はあります。

でも、大変そうなので、どうしても億劫になってしまうんですよね…
いつかは通る道なのでしょうか。


❸意外と大変なノリ入れ
本来、ノリ入れは手っ取り早く整形できて、保存もきく便利な方法なのですが…


今回は一筋縄ではいきませんでした。
なんせ、蛇腹の層が多すぎます。


歯と歯の間を一枚ずつめくってノリを仕込むのですが、ミゾの数は40箇所!
時間がかかるワケだ…

f:id:masanii_origami:20190807231204j:image


それと、意外と大変だったのが足の指。
しっかり自立させるため、ガチガチに固めるのですが、ここだけで30分くらい費やした気がします。

f:id:masanii_origami:20190807231214j:image


ほかにも、あちこちにノリを仕込んで、全体をガッチリ固めました。
乾燥させるためにダブルクリップで留めたら、捕獲したみたいになってしまいました。

f:id:masanii_origami:20190807231222j:image


さすがにここまでやったら、年単位で保存がききそうです。

折り紙教室や地域の展示会など、色々なところに持って行ってあげようと思います。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、何とか完成品をお披露目することができました!

ステゴサウルスといい、カメちゃんといい、川畑氏の作品は本当に変態ばかりです。

ピノサウルスも折ってみたいけれど…
うん、しばらく休憩しよう。