まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【至高のおりがみ】勝田恭平さんの「ポメラニアン」を15cmで!

f:id:masanii_origami:20190215224320j:image

前回の「パピヨン」に続き、今度は15cmのポメちゃんです。
(前回の記事はこちら)

masanii-origami.hatenablog.com


「15cmのポメラニアン、絶対かわいい!」
「じゃ、私は早く寝るから」


というフリを残して就寝した妻。


結局、昨晩だけでは終わらず。
今日の昼休みにやっと完成しました。

f:id:masanii_origami:20190215224651j:image


仕上がりサイズは5cm。

ちっさ!

f:id:masanii_origami:20190215224307j:image

パピヨンよりも、さらに一回り小さくなりました。

f:id:masanii_origami:20190215224719j:image


やっぱり小さいと、折るのが大変ですね。
工程114~116の、 ほっぺたを沈めるシーンが、特に難しかったです。


さて、今日のコラムをお送りいたします。


❶まさにぃの爪楊枝LOVE
❷ツワモノぞろいのTwitter
❸好きなものを折るのが、長続きの秘訣。
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶まさにぃの爪楊枝LOVE
私は指が太いので、今回のように小さいものを折る時は、爪楊枝くんが大活躍。


折るのはもちろん、整形の際のノリ付けまで重宝します。


先端はもちろん、丸い反対側は、紙を傷つけることなくプレスできます。 


デリケートゾーンにも使えます(メディカル風)。


そして、どこにでもある。
テーブルに爪楊枝がないコメダ珈琲店も、頼んだら貰えることが発覚しました。


あじさい折りをやっていたら、再び通りかかった同じ店員さんにヘンな目で見られました。


え、この人…
私があげた爪楊枝で、ゴミみたいな物体をクリクリしてる!キモイ!
みたいな。
考え過ぎだといいのですが。


ちなみに家と職場では、この光景が日常になったので、誰も何も言わなくなりました。


❷ツワモノぞろいのTwitter
Twitterには、「#至高のおりがみ15cmチャレンジ」 というハッシュタグがあります。


有澤悠河さんや長山海澄さんなど、同テキストに登場する作家さんも参加されています。


ひとたび覗いてみると、「えっ、コレ15cmで折るの!?」
という、数々の信じられない光景が。


中には、最高難度の「グリフォン」や「スティラコサウルス」の姿も。
もはや意味不明です。
別の惑星の人なんじゃないか。


なお、「至高のおりがみ」には15cmで普通に折れる作品もあります。


私が過去に折った 「ドードー」や「クリスマスツルー」のほか、シンプルでかわいい作品がちらほら。


息抜きにはちょうど良さそうです。
折った際には、またご紹介しますね。


❸好きなものを折るのが、長続きの秘訣。
ふと気付いたのですが…
戌年はとっくに終わったというのに、イノシシそっちのけで犬ばっかり折っています。


バレンタインデーの話題もすっ飛ばして、一人パピヨンを折っていました。


だって、かわいいんだもの!!

f:id:masanii_origami:20190215224455j:image
かわいいんだもの!!

f:id:masanii_origami:20190215224619j:image

会社や上司の命令でやらされているワケじゃありません。
こうして気の向くまま、好きなものを折る方が、私の性に合っています。


これからも、「折りたい時に折りたいものを折る」というスタンスで、のんびり続けていこうと思います。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は15cmのポメラニアンでございました。

f:id:masanii_origami:20190215224736j:image


世の中には魅力的なテキストがたくさんあって、目移りしちゃいますね。


次に折りたいものは、実はもう決めているのです。
次回のコラムも、どうぞお楽しみに\(^o^)/

 

<テキスト紹介>

「新世代 至高のおりがみ」

ポメラニアンの出典はこちら。昨年12月に出たばかりの新書です。

表紙をめくるといきなり注意書きがあるレベルですが、ちらほら中級者向けの作品もあり。

カラーで分かりやすいので、レベルアップしたい人にもオススメの一冊です。