まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙をカッターナイフで「折る」。こだわりの使い方を伝授!

f:id:masanii_origami:20190319224757j:image

今日は、私がよく使う「小道具」をご紹介。


それは…カッターナイフです!
紙をカットするのはもちろん、「折る」のにも活躍しています。


愛用しているのが、これ!
通称「ほねカッター」です。
f:id:masanii_origami:20190319224856j:image
高校の修学旅行の時に、沖縄・美ら海水族館で買いました。
12年モノですが、まだまだ現役。


紙が切れちゃうんじゃないの?
ケガしないの?
という心配もあるでしょうが、正しく使えば大丈夫。


小松英夫さんのパピヨンと一緒に、詳しく解説していきましょう。
❶ポイントは「薬指」
❷当てる→押し付ける→かぶせる
❸安全第一
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶ポイントは「薬指」
うまく刃先を使うには、持ち方が肝心です。
f:id:masanii_origami:20190319225121j:image


親指・人差し指・中指の3本でしっかり持ったら、薬指に刃先を当てます。


そして、薬指と刃先で、作品を挟み込むんです。

カッターの刃先と指で、作品が持ち上がるくらい強く挟めればOK。


私はこの形が一番しっくり来ますが、感覚は人それぞれ。
あくまでも参考程度に考えて、ご自身のベストな持ち方を研究してみてくださいね。


❷当てる→押し付ける→かぶせる
具体的な手順を、3段階で解説いたします。
f:id:masanii_origami:20190319225142j:image


①折りたい線に沿って、刃先を当てる
刃を逆さにして、刃の正面を紙に当てます。


②押し付ける
指にめり込ませるように、ギュッと押し付けると、V字に折れてくれます。


③かぶせる
ある程度折り線がついたら、そのままパタンとたたみます。
私は刃先でやっちゃいますが、指でやってもOKです。


こんな感じです。
カッターの刃の断面は90°に尖っているので、カドをうまく押し当てることができれば、まっすぐ綺麗に折ることができます。


【追記】
コレは「パピヨン」の工程100なのですが…
ひとつ前の工程99で、折る方向を間違えてますね。大変失礼いたしました。


❸安全第一
怪我しないために、刃をむやみに動かさないように。

なかなか折り筋がつかないからと言って、刃をスライドさせるのはNGです。


「押し付ける〜緩める」の動作を繰り返して、少しずつ繊維をほぐしていきましょう。


それと、私はよく刃を出しっぱなしにしてしまうのですが、何度かヒヤッとする瞬間がありました。


お子さんが触れたら大変です。
少し面倒かもしれませんが、こまめにしまって安全に使いましょう。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は作品の解説というより、小道具の紹介でございました。


爪楊枝をよく賞賛する私ですが、カッターくんもなかなかの優等生です。


特殊な道具ではなく、普通に手に入るのが良いですよね。


皆さんも、ちょっと手こずってしまった時は、周辺を見渡してみましょう。
意外なアイテムが大活躍するかもしれませんよ。


身近な道具をサッと使って、気軽に楽しめたらいいですね。

 

<テキスト紹介>

山口真「端正な折り紙」

パピヨン」の出典はこちら。中~上級者向けのテキストです。

「至高のおりがみ」はキツいけど、複雑系を折りたい!という方にオススメの一冊です。