まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【至高のおりがみ】折り紙らしさとリアルの共存! 〜ドードーを折ってみた〜

f:id:masanii_origami:20190204210740j:image

最新テキスト「新世代 至高のおりがみ」。

6個目のチャレンジは、冨永和裕さんのドードー


小学生のころ、よく絶滅動物の本を読んでいたので、ドードーは思い入れの深い鳥なんです。

f:id:masanii_origami:20190204210802j:image


前評判のとおり、フォルムが素晴らしい!!
感動的な再現度です。


ぽってりした立体感も、全体のバランスも、非の打ち所がありません。


脚だけでバッチリ自立するのも素敵です。

f:id:masanii_origami:20190204211132j:image
やはり、折り紙の動物はこうでなくっちゃ!


難度は★★★★☆(星4つ)、工程数は130。
トリッキーな折り方は少ないので、慣れた方なら何とかなると思います。


それでは、私なりのポイント解説をしていきましょう。


❶左右同時に進めるべし!
❷クチバシは「アップルパイ」
❸15cmでもイケる!
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶左右同時に進めるべし!
この作品は、「反対側も●〜●と同じように折る」という工程がいくつか出てきます。


大幅に引き返すシーンは3回。
ここは、反対側も同時進行で折っていっても大丈夫かと思います。


後からドバッと戻るのは、なかなか骨の折れる作業ですから。


もちろん、ある程度慣れていることが前提。
迷走しないためにも、少しでも不安になったらテキストに立ち返りましょう。


❷クチバシは「アップルパイ」
最後のクチバシは、曲線にへこませることで立体感を出しています。

f:id:masanii_origami:20190204211034j:image


この細かいパーツの再現度が何ともリアルで、生き物らしさを引き立てています。


当コラムでも何度かご案内していますが、ここは「マックのアップルパイの膨らみ」を想像すると折りやすいです。


通常なら、指の丸みを使ってなでるように折りますが、今回はパーツが小さいので、爪楊枝の胴体を当ててコロコロ。


両端(色のついた部分)が巻き込まれて折れることのないよう、横から時々プレスしましょう。


目印があるわけではないので、慣れない方は迷うかもしれません。
こういう折り方は結構出てくるので、自分なりの感覚を持っておくといいですよ。


❸15cmでもイケる!
テキストの推奨サイズは25cmですが、15cmでもイケました。

f:id:masanii_origami:20190204210926j:image


紙の厚みが心配でしたが、あまり問題にならなかったです。


足の指とクチバシが細かくなりますが、時間をかけて丁寧に折れば大丈夫。


もちろん最初の折り筋は、とりわけ丁寧に仕込みましょう。


セリアの雪柄で折ってみたら、予想どおりドンピシャでハマりました!


雪国の鳥ではない気もしますが、綺麗だから良しとしましょう^^


♦︎♦︎♦︎


というわけで、至高のおりがみの「ドードー」でございました!


ドードーは、乱獲や外来種の持ち込みなど、人の手によって滅んでしまった動物。


こうして折り紙としてデザインされることで、今を生きる人に再び認知されるのは、感慨深いですね。


最近、日本の鳥「トキ」について、レッドリストのランクが「野生絶滅」から1段階下がったことが話題になりました。


地球の生き物を取り巻く問題について、これからも考える機会を持っていきたいものです。


(余談)
一緒に写っている鳥さんは、「からくり楊枝鳥」

f:id:masanii_origami:20190204210950j:image
後ろのレバーを下げると、鳥さんが頭を下げて、箱の中の爪楊枝を取ってきてくれます。


新婚旅行の際に箱根で買った、夫婦の思い出の品です^^


我が家の寄木細工のものはAmazonにありませんでしたが、よりシンプルな商品が見つかりましたので、リンクを貼っておきますね。

良かったら、こちらもチェックしてみてください。

 

<テキスト紹介>

ドードーの出典「至高のおりがみ」