まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

月刊おりがみ504号(2017年8月号)の「プレーンローズ」

f:id:masanii_origami:20181205210959j:image

以前、ある方から「合唱の譜面台に折り紙を飾りたい」 という相談を受けました。


これは先週(11月28日)の記事で紹介した「ルーレット」に続き、提案させていただいたものです。

masanii-origami.hatenablog.com


「これ、やってみたい!」 と自宅でチャレンジしてくれたのですが、途中で分からなくなってしまったそうです。


あれからちょうど1週間前の本日、 私のところにいらっしゃいました。


折り筋もきちんと仕込めていたので、少しのアドバイスで完成させることができました。


さて。
この1週間の間、私もいくつか折ってみたので、細かく解説していきましょう。


❶意外と珍しい平面のバラ
❷ビシッと綺麗にたたむコツ
❸花びらをめくる順番は?
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶意外と珍しい平面のバラ
バラの折り方はたくさんありますが、 どれも立体的なものが多い気がします。


当コラムでもおなじみの「佐藤ローズ」や、その元祖となる「 川崎ローズ」は、もちろん立体。


また、初心者にオススメの「巻きバラ」も、 正方基本形の頂点をクルクルと巻いて立体的にしています。


元々バラが丸っこいので仕方ないのですが、 つぶれやすく、持ち歩きづらいのが泣きどころ。


この作品は完全な平面なので、手帳に入れても、 デスクマットに挟んでも大丈夫です。


工程数も13と多くないので、 ちょっとしたプレゼントにもオススメです。

f:id:masanii_origami:20181205211201j:image


❷ビシッと綺麗にたたむコツ
今回ご相談いただいた方は、工程⑦の「 折って平らにする」という所でストップしてしまったようです。


4つのカドを中心に収束させて、風車のようにシュッと折りたたむシーン。


見覚えがないと、なかなか折り図では分かりにくいと思います。


ここはまず、③〜⑥の折り筋をしっかり付け直しましょう。


折りたたむ際は、
1.工程⑤で作った、中心の小さな正方形
2.工程③で作った、カドから伸びる対角線


この順番で、両端からつまむように持ち上げるといいです。


最後に、工程⑥で付けた山折り線で、一気に折りたたむ。


慣れれば、面白いようにパタパタ折れていきます。


❸花びらをめくる順番は?
最後に、内側の花びらを引っ張り出すシーンがあります。


中に入り込んだ一枚を出すのは大変ですが、爪楊枝などの細いものを使うとラクです。


1箇所できたら、次は左隣の花びらを折るのがオススメ。


花びらがめくれた分、折りやすくなっています。


なお、好きな角度で折って大丈夫ですが、4枚とも同じ角度の方が綺麗ですよね。


正確さ確かめるには、
1.向かい合う花びらのラインが平行
2.紙の中心から花びらまでの距離が同じ
3.内側部分のカドが、すべて90°


以上の3点を見るといいでしょう。

f:id:masanii_origami:20181205211333j:image
…と言っておきながら、私のやつも歪んでますね( ̄▽ ̄)


♦︎♦︎♦︎


というわけで、本日は川手章子さんの「プレーンローズ」のご紹介でした!


ちなみにこの作品、裏面も綺麗です。


グラデーションやマーブルなど、色々な絵柄を楽しめそうなので、皆さんもぜひやってみてください^^

 

<出典のテキストはこちら>