まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

佐藤ローズの基礎「正五角形」を美しくカットする! 〜バラ折り紙の第一人者・佐藤直幹さんがくれた3つのアドバイス〜

f:id:masanii_origami:20190904221358j:image

佐藤ローズの作者・佐藤直幹さんと、二人でファミレス折り紙してきました。

作ったのは、最近私が折りまくっている「ニューモダンローズ」


この日は、「正五角形」のカット方法をみっちり教わってきました。

f:id:masanii_origami:20190904221432j:image
(佐藤ローズは、ほとんどの作品が正五角形から始まります)


テキスト「一枚の紙から作るバラの折り紙」のカット方法を、さらに掘り下げてのレクチャー。


教わったポイントをまとめましたので、ぜひお読みください。
お手元には、テキストをお忘れなく。


❶キッチリ折るのは最後
❷カットは上の紙もろとも
❸2回目を切るのはご法度
❹上級者の何気ない動作


♦︎♦︎♦︎


❶キッチリ折るのは最後
2本の折り筋をつけ、交点を目印にナナメに折り、そこから蛇腹状にたたむ。
この流れは、完全にテキスト通りです。


教わったポイントは「最初はゆるく、後でキッチリ」。

f:id:masanii_origami:20190904221529j:image


最初から強く折ってしまうと、最後にズレていても微調整ができません。


最後に紙をモミモミしながら、両側の辺を揃えていきます。
均等に折れたら、ギュッとプレス。


なお、紙の中心になるところは、最初からキッチリでOK。
ここが曖昧だと、全体が歪んでしまいます。


❷カットは上の紙もろとも
いよいよ、紙を切っていきます。

テキストでは、一番上の紙のフチに沿って切るのですが、ここで2つのアドバイスをいただきました。


◯垂直チェック
カットする前に、ラインが垂直になっているか、定規を当ててチェックしましょう。
定規を2つ使うと精密が上がりますが、タテ方向は目視でも大丈夫です。

f:id:masanii_origami:20190904221616j:image


◯上の紙も切っちゃう
上のフチをよく見ると、重なり方が微妙にズレている場合が多いです。
ここはいっそ、上の紙もまとめてバッサリ切ってしまいます。
定規を当てるのは、フチから2mmほど下のライン。
紙が数ミリ小さくなりますが、制度が格段に上がります。

f:id:masanii_origami:20190904221646j:image
なお、上のフチが明らかに完璧に揃っている場合は、そのまま合わせてOKです。


カットした後は風船基本形にして、フチが揃っているか確かめてみましょう。

f:id:masanii_origami:20190904221707j:image
上記の2つが着実にできていれば、気持ちいいくらいピッタリなはず!


❸2回目を切るのはご法度
ここで、誤差が出てしまった時の対処法もご紹介。

f:id:masanii_origami:20190904221733j:image


ズレた箇所だけカットするのはNGです。
「あ、こっちもズレた」といって、永遠にチマチマ調整が終わりません。


ここは思い切って、前述の❷をもう一度やりましょう。
「垂直ライン」をつけ直して、全部バッサリ切ってしまいます。

正しいカドも、ズレたカドも、まとめてリセットするわけです。


さらに紙が一回り小さくなりますが、あれこれ考えるよりも分かりやすく、何より確実に修正できます。


コレをやり過ぎて紙がなくなった…なんてことのないようにね。


❹上級者の何気ない動作
佐藤さんは過去に10年ほど折り紙を休止して、「切り紙」をしていた時期があり、紙を切ることは慣れているんだそうです。

f:id:masanii_origami:20190904221821j:image


「普段、何となくやってるからね〜」
と、サクサク手を動かしていましたが…


佐藤さん。
私たちは、その「何となく」が欲しいんです!!


手際よく進める佐藤さんの手を何度もストップさせ、いちいちメモを取り、写真を撮りまくります。

嫌な顔一つせずにお付き合いいただいた佐藤さんには、本当に感謝です。


こういうテキストに載っていないコツを言語化できると、私の復習にはもちろん、多くの人に技術をシェアできるんですよね。

バラを折り始める前から、お宝情報が盛りだくさんのレッスンになりました。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、佐藤ローズに欠かせない「正五角形」の仕込み方法をお届けいたしました。


ちなみに、出来上がったニューモダンローズは「完敗」です。

f:id:masanii_origami:20190904221914j:image
佐藤さんのものと、私のものを比べると、一目瞭然。


た、だって、メモを取りながら佐藤さんのハイペースに付いていくと、どーしても手元がお留守に…
集中してやった前回の方が上手に…


いや。
言い訳してはダメだ。
技術が足りん!
もっと練習して、佐藤さんのようなクオリティを出せるように頑張ります。


改めまして、佐藤さん。

お忙しい中ありがとうございました!