まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

ニューモダンローズのおさらいと、プロントで目撃したSMネーチャンの話。

f:id:masanii_origami:20190906220947j:image

先日、佐藤さんと折ったニューモダンローズ。
教わったことを頭の中で整理しながら、新しいものを折り始めました。


今回は、お気に入りの「ヴィヴァルディ・ダークレッド」で仕切り直し。

f:id:masanii_origami:20190906221001j:image
まだまだ佐藤さんには及びませんが、何とか前回よりも綺麗に仕上げることができました。


さて。
前回は「正五角形」のきれいなカット方法をお届けいたしました。
(2019/09/04)

masanii-origami.hatenablog.com


今日は、仕上げの際にいただいたアドバイス
の、はずだったのですが…


先程の出来事があまりにもショッキングだったので、シェアさせていただきます
(後半は折り紙と全く関係ありません)
❶横からのシルエットに注目
❷パワープレーもほどほどに

❸プロントでの一幕、その1
❹プロントでの一幕、その2
❺プロントでの一幕、その3


♦︎♦︎♦︎


❶横からのシルエットに注目
私のものと、佐藤さんのお手本を見比べてみると…
横からのシルエットに、かなり違いがありました。
f:id:masanii_origami:20190906220902j:image


指摘されるまで気付かなかったのですが、私のは中心が低く、佐藤さんの方は中心が高くなっています。

ちなみに、本物のバラも、こういう形になっているそうです。


なんかボリュームが足りないな…と思ったら、こんな違いがあったんですね!
確かに、私の中でも「綺麗にできたなぁ」と思った作品は、中心がふっくらしていた気がします。


今回はそれを意識したのですが…
f:id:masanii_origami:20190906221018j:image
もう一歩!という感じでしょうか。


❷パワープレーもほどほどに
中心をふっくら仕上げるために、何が必要か思い返していたら…


工程25で中心を開く際、グリグリと下に押し付けていたことに気づきました。

f:id:masanii_origami:20190906221214j:image


作りがしっかりしているハイブリッドティーローズは問題ないのですが、ニューモダンローズは中心が沈みやすいという事が発覚。

繊細な構造には、繊細な指づかいが必要なんですね。


また、中心の穴は、ハイブリッドティーローズほど大きくなくて大丈夫だそうです。
さりげなく開いて、綺麗な星形を演出できるように頑張りたいと思います。


花びらを筒状にまとめる際のポイントは、内側を優先的に収束させて、後から外側を折っていくのがオススメとのこと。

皆さんもぜひ、実践してみてください。


❸プロントでの一幕、その1

f:id:masanii_origami:20190906221311j:image

はい、ここからは完全に余談です。金曜日の仕事を終え、プロントで食後の紅茶を楽しんでいると…


「はぁ、ふざけんなよ!」

という声が、真後ろで聞こえました。


チラ見すると、ちょっと派手めのネーチャンが、新卒サラリーマン風の男性を説教していました。


ネ「そういう所がダメなんだよ」
男「ごにょごにょ…
「言い訳してんじゃねーよ!」


かわいそう、というか普通にやかましいので、クレーム入れようかな…

でも、「テメーは黙ってろよ、××すぞ!」
とか言われたら泣いちゃう。


ということで、しばらく様子を見ることにしました。


❹プロントでの一幕、その2
ネーチャンの口ぶりから推測するに、男性の不手際のせいで、客先からのクレームになったようてす。
(男性の声は小さすぎて聞こえず。)


顔をしかめたくなるような言葉で、しばらく男性を罵っていたのですが…


「でもね、貴方はそんな中、頑張ったの」


ん?
ネーチャンの様子がおかしい。


ネ「強いよ。強いよ貴方は。お疲れ様。」


ツンデレかよ。


「君は幻の、ポルチーニ茸だよ。」
「幻だよ。幻になったんだよ貴方は。


よりによってキノコかよ。
他の例えねーのかよ。


「ほんとすごいよね。プライドもあるし。今日の出来事は自信になるよ。」
「お疲れ様、すごいすごい♡」


罵倒からの、ものすごい巻き返し。
テンションが上がり、だんだん饒舌になっていく男性。
やばい、これはやばい展開だ…


❺プロントでの一幕、その3
プレミアムモルツを奢ってもらって上機嫌になったネーチャンは、さらに続けます。


「君はね、クレーマーに180分も熱弁させたのよ。」
ネ「引き出したのよ。すごいよそれ。」
ネ「すごいすごい」
ネ「1000人のうちの、0.5%くらいだよ」
「ほら、ご褒美だよ〜。パンチェッタ♡」


心が弱った男性をツンデレで骨抜きにして、パンチェッタでトドメを刺すネーチャン。


やばい、完全にメロメロだこの男。
そろそろ株とか買わされるぞ。


止めなければ。
俺が、ネーチャンを止めなければ…
と、思ったその時。


「ねぇ、◯◯(付近の繁華街)にある、あの店行こう?」
と言って、2人はそそくさと店を出て行ってしまいました。


何だったんだ、あのネーチャンは。
もしかしたらSM嬢だったのかもしれない。


プロントの禁煙席で罵声を浴びせてビールを奢らせた後、パンチェッタを食べさせてお店にinするプレイ。

男性はもしかしたら、そういうプレイをエンジョイしていたのかもしれない。
そういうことにしておこう…


♦︎♦︎♦︎


はい、余談の方が長くなってしまいました。
世の中には、色んな華金の過ごし方があるもんですね…


折り紙の話題から、久しぶりに大きく脱線してしまいましたが、たまにはいいでしょう。


今後も、お付き合いいただければ幸いです。