まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【至高のおりがみ】有澤悠河さんの「クリスマスツルー」が最高にイケてる。

f:id:masanii_origami:20181225125201j:image

待ちに待った最新テキスト「至高のおりがみ」

昨晩、やっと入手できました!
早々に予約したのに、発送が遅れること4〜5日。


よほど人気があったのでしょう。
Twitterであれだけ騒がれてたからな…


最初に折ろうと決めていたのがコレ!
有澤悠河さんの「クリスマスツルー」です。

f:id:masanii_origami:20181225125525j:image


サンタコスの折り鶴が、最高にイケてる!!
クリスマスに間に合って良かったです^^


ということで、早速レポート記事を書きました!
❶いきなりクギを刺される
❷やっぱり、普通にむずい
❸クリスマスツルー兄弟が完成!
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶いきなりクギを刺される
本の表紙をめくると、いきなり「折り紙初心者の方へ」という注意書きが出てきます。


「折り筋は正確に」「紙を図と同じ向きに」などなど、色々と書いてあるのですが…


要は、「めちゃ難しいから、うかつに手を出すとケガするぜ!」と言っています。


こりゃあ、やりがいがありそうです。


いつも生徒さんには、「まず、テキスト冒頭の説明をちゃんと読むんだよ」と言っているのですが…


しかし、私には時間がない。
のんびりやっていては、完成する前に妻が寝てしまう!


と、心の中で言い訳をしながら、早速「クリスマスツルー」のページに飛びつくのでした。


❷やっぱり、普通にむずい
まずは、推奨サイズに近い24cmでチャレンジ。


まずは3等分か、ふむふむ…
ひと通り折り筋を仕込んで、組み立てていきます。


そして…
出たな、複雑系名物「沈めるように段折り」!


昔のオレなら挫折していたが、今のオレの敵ではないッ!


と、強気で挑んだものの…
はい、普通に苦戦しました。できたけど。


テキストがフルカラーで、説明も丁寧だったおかげで、何とか1発目で形にすることができました。

 
❸クリスマスツルー兄弟が完成!
1つ目が完成し、調子に乗ったまさにぃは、15cm×15cmでも再チャレンジ。


セリアの雪柄、やってみたかったんですよねぇ。
絶対いい感じに仕上がりそう。


とはいえ、やはり小さいと難度は上がります。
やはり細かい。いきなりこのサイズでやってたら、失敗していたかも…


ヒダの厚みもそこまで多くはなく、しっかりプレスして揉み込めば大丈夫でした。


どうしても細部は指が入らないので、そこは爪楊枝くんの出番。


そして、何とか妻が寝る前に、2つとも完成!

f:id:masanii_origami:20181225125643j:image
「かわいい!」と喜んでくれました。

f:id:masanii_origami:20181225125602j:image


♦︎♦︎♦︎


というわけで、「至高のおりがみ」の初チャレンジは、「クリスマスツルー」でございました。


このテキストには、以前私がポイント解説をした「ハリネズミ」も載っています。
(解説記事は12月7日)

マイマイさんの「ハリネズミ」 苦戦ポイントを、写真で解説! - まさにぃの折り紙コラム


かつて「ハリネズミの折り図が出る!」と、Twitterで盛り上がっていました。
ホントに出ましたよ、皆さん!


展開図折りができる一部の人にしか折れなかった作品が、こうして折り図化されるのは、とっても嬉しいですね。


他にも、ユニークで「そそる」作品がゴロゴロ…


年末年始は、寝不足が心配です。
健康第一で、折り紙をエンジョイしましょう\(^o^)/