まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

結婚記念日に折り紙のダイヤを作って投稿したら、考案者本人からリプライが!!

f:id:masanii_origami:20180904221506j:image

「ダイヤモンドの指輪」を作りました。


♨️Abraham♨️さん(origami_abraham)が考案した「ダイヤモンド」を、ご本人が改良したもの。


この作品を作った背景には、とっても嬉しい出来事があったんです。聞いてください!!


❶まさかの本人登場

❷2つのパターンに挑戦!

❸最後の整形は、慎重に。

では、どうぞ!


♦︎♦︎♦︎


❶まさかの本人登場

9月1日、私たちの結婚記念日にあやかり、「ダイヤモンド」を折って投稿しました。

折り紙コラムの記事チェックをしてくれる、妻の話。 - まさにぃの折り紙コラム


すると、Abrahamさんご本人が「結婚記念日がより豪華になるように」と、この作品の展開図をプレゼントしてくださったんです。


これには、私も妻もそろって大喜び。


展開図折りは苦手ですが「絶対作りたい!」と思って、意気込んでチャレンジしたのでした。


❷2つのパターンに挑戦!

展開図とにらめっこすること、およそ1時間。


何個か作って慣れてきたので、ホイル紙でもチャレンジしました。

f:id:masanii_origami:20180904221641j:image
うわ、めっちゃゴージャス!


調子に乗って、Abrahamさんが以前Twitterで紹介していた、別パターンのダイヤモンドにも挑戦してみました。


それが、左下のもの。リングと台座が大きめで、全体のバランスが重視されています。


どちらも、甲乙つけがたいですね。


❸最後の整形は、慎重に。

僭越ながら、作品について私なりに解説させていただきます。


通常のダイヤモンドは、4つのカドを折り込んで、正八角形を作ります。


ダイヤの指輪は、このカドのうち2箇所を折り込まずに、細く折ってリング状にするんです。


台座とリングの部分は、裏面の白色を出していて、より指輪らしさが演出されています。


ちょっと難しい話になりますが…

ダイヤモンドは、8つのカドが下の部分でピッタリ収束し、形がバッチリ一点で決まります。


一方で指輪は、下にスキマができます。
縁が動くことで、全体の形が変わりやすいので、整形には少しコツが要ります。


でも、指や爪楊枝を突っ込めるので、微調整はは比較的ラクです。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、Abrahamさんのダイヤモンドを作りまくった1週間でございました。


いやぁ、新しい挑戦は楽しい!
素敵な機会に恵まれて、本当に感謝しています。


次は、どんな作品にチャレンジしようかな!
新しいテキストも買ったことだし、マイペースに頑張ります^^

 

<素材紹介>

ラインハーモニーおりがみ

左下のダイヤは、こちらの素材を使いました。あじさい折りとも相性が良いんですよねー。

※リンクのサイズは15cmですが、使用したのは11.7cm。