まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

黒い折り紙特集! まさにぃのベストスリーをご紹介。

f:id:masanii_origami:20190301232408j:image

最近Twitterで「これを見た人は●●色の画像を貼れ」
というハッシュタグが流行っています。


こういうカラーネタは、折り紙との相性がいいんですよね。


「青色の画像」「赤色の画像」というタグには、過去に私もいくつか参加させていただきましたが…


先日、「黒い画像を貼れ」というタグを発見。


コレですよコレ!
大好きな黒色部門です。
待ってました!!


ということで、最近の黒色ベストスリーをピックアップ。
あじさい井桁・詰め(5×5)
神谷哲史作品集2「ライオン」
❸Abrahamさんの「トンボ」
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


あじさい井桁・詰め(5×5)

f:id:masanii_origami:20190301234332j:image

藤本修三氏がルーツとされる「あじさい折り」の、応用作品です。


紹介したのは、昨年5月4日。

masanii-origami.hatenablog.com


漫画「ベルセルク」の甲冑のようにゴツゴツした質感が、最高にカッコいい!

f:id:masanii_origami:20190301234405j:image


1日のほとんどを、コレに費やした甲斐がありました。

f:id:masanii_origami:20190301234425j:image


この作品は、テキスト「あじさい折りおりがみ」にも掲載されていますが、作り方は私のオリジナル。


「斜め折り四段ピラミッド」を作りながら、「カド変える」というテクを織り交ぜることで、合わせ折りの同時進行をせずに作ることができます。
(文章にすると分かりづらいですね…)

f:id:masanii_origami:20190301234453j:image


このアプローチは、昨年4月21日に「まさにぃメソッド」として詳しく紹介しています。

masanii-origami.hatenablog.com


あじさい折りにある程度慣れていることが前提ですが、とても便利な方法なので、ぜひチェックしてみてください。

f:id:masanii_origami:20190301234504j:image


神谷哲史作品集2「ライオン」

f:id:masanii_origami:20190301234523j:image

折り紙界の生きるレジェンド、神谷哲史氏の作品です。

f:id:masanii_origami:20190301234558j:image


彫刻のように荘厳な雰囲気に仕上がり、とても気に入りました。

f:id:masanii_origami:20190301234534j:image


紹介したのは昨年9月28日。

masanii-origami.hatenablog.com


5年前に一度挫折し、昨年に再チャレンジした作品。


自分の成長の証ともいえる、思い出の深い作品です。

f:id:masanii_origami:20190301234544j:image


❸Abrahamさんの「トンボ」

f:id:masanii_origami:20190301234622j:image

最後は、♨️Abraham♨️さんの「トンボ」です。

f:id:masanii_origami:20190301234641j:imagef:id:masanii_origami:20190301234651j:image


折り図が存在しない、いわゆる「展開図折り」の作品。


Twitterで公表されていた展開図と、いくつかのヒントをもとに、何とか完成までこぎつけました。


紹介したのは、1月3日。
ご本人の許可をいただき、折る際のポイントを解説させていただきました。

masanii-origami.hatenablog.com


この記事のリアクションが思いのほか良く、多くの方に読んでいただきました。


実際にチャレンジして、「できたよ!」と報告してくれた方も。


解説記事を書いている身として、最も嬉しい瞬間のひとつです。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は「黒色作品」の総集編でございました。


子供たちに折り紙を配ると、たいてい余る不人気な黒色ですが、あのズッシリとした質感と高級感は大好きです。


作品自体が持つデザインの美しさも引き立ちます。


皆さんもぜひ、黒色を使って素敵な作品を作ってみてくださいね。

 

<テキスト紹介>

プロジェクトF「あじさい折りおりがみ」

あじさい折りをやるなら必読の一冊です。フルカラーで見た目もきれい。

初心者の方は、はじめは慣れた方と一緒にやるといいですよ。

おりがみはうす「神谷哲史作品集2」

ライオンの出典はこちら。

高難度の複雑系作品がズラリ。私もすべての作品を折ったわけではありませんが、いつか制覇してみたいものです。

www.origamihouse.jp

前作の「神谷哲史作品集」は、代表作「エンシェントドラゴン」を掲載。