まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

インスタライブ中盤戦! 〜ポイントは「優しさ」と「爪楊枝」〜

f:id:masanii_origami:20180804235423j:image

Instagramで、8月2日(木)・4日(土)の2回にわたり、「まさにぃの折り紙ライブ」を開催いたしました。


内容は「ホイル紙×あじさい折り」。

「斜め折り四段ピラミッド」をリアルタイムで作る企画です。


1回目は、折り筋の仕込み。

2回目となる今回は、ピラミッドの2段目まで完成しました。


丁寧な解説を重視して、ゆっくりペースで折っているので、普段の3倍くらい時間がかかります。なかなか終わりませんね^^ ;


というわけで、あと1回だけ続きをやります。これ以上やるとさすがに観る方も大変でしょうし、次回で完全にフィニッシュしようと思います。


Instagramを観ることのできない方には申し訳ありませんが、配信後にまたレポート記事をアップしますので、しばしお待ちください。


ということで、今日のライブのおさらい。


❶1回目〜今回にかけて。

❷優しさが美しさを作る

❸爪楊枝の活用テク

では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎

 

❶1回目〜今回にかけて。

第1回目は、縦横20等分・斜め40等分の折り筋を仕込みました。


2回目となる今回は、組み立て。

「合わせ折り」「つぶし折り」「引き出し折り」の3つを重点的にやりました。


クセの強いホイル紙は、普通の紙と違って気をつかうポイントが多くあります。


私が普段から気をつけている事を画像で説明しながら、ふだんの3倍くらいスローペースで進めていきました。


❷優しさが美しさを作る

今回のポイントは、「とにかく優しく」。


デリケートなホイル紙を上手に扱うために、指の力を最小限にしてプレスします。


焦って力が入ると、折り筋どおりに折れてくれないんですよね。


ふわふわ、ポンポン、最後は「ギュッ」


なんだか少女マンガのような表現ですが、本当にこんな感じです。


❸爪楊枝の活用テク

15cm×15cmで折るピラミッドは、どうしても指が入らない、細かい作業が出てきます。

 

そこで用意したのが、爪楊枝。

先端と、頭の丸い部分の両方を使います。


ようじの先端は、側面を当てて、折り筋をなぞるように。


ようじの頭は、へこませたい部分をつっつくように使います。


また、紙の浮き上がりを防ぐため、ようじを折り筋に当てたまま折り曲げる、なんていうテクも紹介しました。


これはなかなか説明しづらいので、ライブを観れない方には、ぜひ実際の講座などで説明したいところです。


♦︎♦︎♦︎


さて、次回はいよいよクライマックス。完成まで一気に持っていきます。


「裏面3箇所連続つぶし折り」など、難所が続きます。


Instagramライブ配信は、1回1時間がリミットなので、もしかしたら少しハイペースになってしまうかもしれません。


ライブ配信はストーリーに24時間保存されますので、おさらいしながらゆっくり作っていただいても大丈夫です。


Instagramをご覧になれない方は、完成品のアップを楽しみにしていてくださいね。

 

<テキスト紹介>

プロジェクトF「あじさい折りおりがみ」

今回の作品「斜め折り四段ピラミッド」を収録。