まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

「彩雲紙×あじさい折り」は相性抜群。2種類の花折りピラミッドをお披露目!

f:id:masanii_origami:20200503233111j:image

最近はすっかり温かくなり、爽やかな陽気になってきました。

せっかくの連休なのに出かけられないのが残念ですが、ここはグッとこらえて乗り切りましょう!

私も必然的に家で過ごすことが多くなり、折り紙をする時間が増えています。

この日は、久しぶりに「あじさい折り」をやってみました。

f:id:masanii_origami:20200503233821j:image

 

使ったのは彩雲紙。

縦横ナナメ32等分、ミニサイズの「花折りピラミッド」です!


☘️今日のトピック☘️

❶余りものには福がある

❷丸型or角型、お好みは?

❸光と影のアラベスク

 

♦︎♦︎♦︎

 

❶余りものには福がある

四ツ切サイズ(54.3cm×39cm)の彩雲紙からバラを折ったのは、前回・前々回のこと。
(2020/05/01)

masanii-origami.hatenablog.com

(2020/04/29)

masanii-origami.hatenablog.com

 

このときに余った長方形が、今回の材料です。

f:id:masanii_origami:20200503233723j:image

 

せっかく「あじさい」と名付けられた絵柄なので、あじさい折りをやりたいと思っていたんですよね。

彩雲紙は、すでに生産終了している貴重な素材。

むげに捨てるなんてバチが当たります。

f:id:masanii_origami:20200503233631j:image

 

三角に折ってフチを切り落とすと、およそ12cm×12cmの正方形ができます。

この幅で作れるのは、最大2枚です。

ちなみにバラは2個作ったので、長方形はもう一つあります。

用途は未定なので、長方形のまま保管中。
リクエストがあれば、おっしゃってくださいね。


❷丸型or角型、お好みは?

花折りピラミッドは、終盤の折り方が2通りあります。

f:id:masanii_origami:20200503233835j:image

 

スタンダードなのは、カドを端まで折り込んでいき、四角いシルエットに仕上げる「角型」。
紙の端まで、ムダなく作り込むことができます。

もう一つは、工程14の状態からカドをひっくり返し、一輪の花のようなフレームを作る「丸型」。

ブローチなどに加工に向いている形です。

f:id:masanii_origami:20200503233900j:image

 

少しの細工で表情がガラリと変わるのも、あじさい折りの面白いところ。

端正な角型と、優しい丸型。どちらも甲乙つけがたいですね。

さて、皆さんのお好みは?


❸光と影のアラベスク

あじさい折りの魅力は、光にかざすと際立ちます。

f:id:masanii_origami:20200503233952j:image

 

縦・横・斜め…すべて規則的に仕込まれたラインと、徹底的にパターン化された構造。

これらが織りなす美しい模様に、毎回ハッとさせられます。

組み立て前の段階でも、十分きれいですね。

f:id:masanii_origami:20200503234017j:image

 

この模様は、紙の重なり方の違いから生じるもの。

通常の複雑系作品は、折れば折るほど厚くなり、透かすと真っ黒になってしまいますが、あじさい折りはどこまでも厚みが均一です。

「明」と「暗」を行ったり来たりしながら、独特の美しい模様を作っているんですね。

f:id:masanii_origami:20200503233940j:image

 

もちろん他のあじさい折り作品や、シンプルな基本形でも綺麗なパターンは現れますので、ぜひ皆さんもやってみてください。

「ハッとする瞬間」を、たくさんの方に味わっていただきたいものです。

(2019/05/28)

masanii-origami.hatenablog.com

(2018/09/21)

masanii-origami.hatenablog.com

 

♦︎♦︎♦︎

 

あじさい折りの中でも大好きな作品のひとつ「花折りピラミッド」。

いつもの15cmより小さいので心配でしたが、きれいに仕上がって良かったです。

f:id:masanii_origami:20200503234106j:image


おうちゴールデンウィークはまだまだ続きます。

次は何を作ろうか。

今後のコラムにも、ご期待くださいませ。