まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

はぁちゃんの折り紙コラム「ガーデンローズ攻略への道」

f:id:masanii_origami:20200324092546j:image

コロナの影響で定期講座の活動場所が使えなくなり、生徒さんとお会いできない日が続いています。

そんな中、はぁちゃんが自宅でガーデンローズに挑戦してくれたのは2週間前。

コラムの文章まで「寄稿」してくれました。
(2020/03/10)

masanii-origami.hatenablog.com

 

このたび、彼女に「予想外の事態」が起こったそうで。

再び、写真と文章を送ってきてくれました。


その事態とは…

ガーデンローズ の沼にハマった

だそうです。


うん、いいじゃないの。

良い趣味してるよ、はぁちゃん。


と、いうわけで。

「はぁちゃんの折り紙コラム」、待望の第2弾をお楽しみくださいませ。


☘️☘️☘️


今回お送りする作品も「ガーデンローズ」

初めて作ったガーデンローズはぐちゃぐちゃに終わりましたが、次こそは!

と、折り続けて早5つ目。

なかなか綺麗に折れません。

早く講座が再開して、教えていただきたいです…

本日も、まさにぃさん流の3段階でお送りいたします!

❶中割折りの壁

❷花びらを研究した先に待っていたもの

❸ヴィヴァルディを急かす母


♦︎♦︎♦︎


❶中割折りの壁

1回目にガーデンローズを折ったときの最大の難関、花の中心を飾る中割り折り。

花の中心を飾るパーツということもあり、失敗すればそれだけぐちゃぐちゃなバラに仕上がる。


折り方のコツが分からないまま、2つ、3つと出来上がっていくバラたち。

色々と自分なりに折り方を工夫してみましたが、未だきれいに折れず…

4つ目にして、ようやく形になってきました。


「やはり、何回も練習することによって、うまく折れるようになってきたな…!」と手応えを感じていた矢先。

5つ目、収束がきれいにできず、ぐちゃぐちゃに。

中割り折りも、汚い。


作品を作る回数は、出来に比例しないらしい。

ガーデンローズ攻略までには、まだまだ時間がかかりそうです…


❷花びらを研究した先に待っていたもの

ガーデンローズの特徴は、他のバラにはない‘‘丸み‘‘。

丸みを表現している部分は、紛れもない‘‘花びらたち‘‘。

ここを丸くしなければ、ガーデンローズの丸みは表現できない!


しかし!!

この丸みを出すのは容易ではない。

テキストとにらめっこし、まさにぃさんのブログをあさり、花びらの丸みの表現方法を探す日々。


そして、遂に…

まさにぃさんのブログに掲載されているではありませんか。

ありがたすぎる!

ブログの記事はもちろん、掲載されている写真をくまなくチェック。

折り線の位置や角度などを、目を凝らして観察。


難しそうではあるが、実際に折ってみなければ分からないもの。

習うより慣れろ精神で、いざ花びらを丸くせん…!

と、ブログの記事のご指示通りに折ってみると。


ビリッ

はい、やってしまいました。

挑戦は、まだまだ続きます。


❸ヴィヴァルディを急かす母

画用紙で練習するも、うまく折れないガーデンローズ。

小心者の私は、なかなかヴィヴァルディに踏み込めず。

もう少し画用紙で練習してからの方が、ヴィヴァルディの為では…


でも、ヴィヴァルディで折ってみたい!

という2つの気持ちで葛藤している中…


母の気持ちは、「早くヴィヴァルディで折ってほしい」とのこと。

思い切って踏み込める母が、うらやましい限りですね。


♦︎♦︎♦︎


以上、5つのガーデンローズを折るまで、でした。

【作った順番】
・薄いピンク=2つ目
・濃いピンク=3つ目
・黄色=4つ目
・薄い緑=5つ目

f:id:masanii_origami:20200324092623j:image


☘️☘️☘️


はい、ありがとうございました!

私のコラムも参照してくれたとのこと、嬉しく思います。


本人はまだ納得がいかないようですが、中心のつぼみも外側のカーブも良い感じです。

すでに申し分ないクオリティに達している気がしますよ、はぁちゃん。


こちらの写真は、すでに25cmカットが完了したヴィヴァルディ。

f:id:masanii_origami:20200324092638j:image

 

彼女は何色から手を出すんでしょうね。

今後も、無理なく楽しく取り組んでいただけたらと思います。