まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

佐藤ローズ、待望の新作! 〜「Origami」という品種のバラを折り紙で〜

f:id:masanii_origami:20200316222915j:image

バラ折り紙の第一人者である佐藤直幹さんが、新作の佐藤ローズを公開してくださいました。


その名も「Origami」。

フランス・メイアン社が作出した実在するバラの品種で、無数の星を重ねたような独特の形をしています。

(「origami rose meilland」と検索すると、画像が見つかります。)

search.yahoo.co.jp

 

作り方は、同氏のInstagramで全工程が公開されています。

最新作の折り図をWEBで全公開なんて、佐藤さんはどこまで太っ腹なのでしょう。

(2020/03/05に連投されています)

instagram.com

 

すでに多くの方が挑戦し、タイムラインが賑わっていますが、遅ればせながら私も1個目を作ってみました。

素材は、ヴィヴァルディ25cm「ROSE PETAL」です。

f:id:masanii_origami:20200316223740j:image


たくさん作らないとコツは掴めませんが、気付いたことを書き留めておきます。

諸先輩方には遠く及びませんが、少しでも参考になれば幸いです。


☘️今日のトピック☘️

❶求心中割り折りの幅

❷収束時のあれこれ

❸仕上げは「めくり」を工夫


♦︎♦︎♦︎


❶求心中割り折りの幅

まずは、仕込みのシーンから。

求心中割り折りをする高さは、ボトムラインから1/4と決められています。

目印は「右側のカドのちょっと下」といった感じでしょうか。

f:id:masanii_origami:20200316223135j:image

 

ガーデンやニューモダンと比べて、けっこう細めな印象です。

しっかり押さえないと重なった紙が浮くので、注意が必要です。

その後の花びらをつまむシーンは、辺と辺を合わせ、カドを二等分するラインで折りました。


それぞれ、佐藤さんのInstagramと併せて参考にしてみてください。

(佐藤さんの方が、折り線まで書いてあるので分かりやすいです)

 

❷収束時のあれこれ

仕込みを終えたら、一気に筒状へ持っていく。
これが、佐藤ローズの醍醐味であり難所です。

f:id:masanii_origami:20200316223210j:image


Origamiは他のバラと比べて、「らせんの線」のコントロールが難しいですね。

求心中割り折りの終点から中心にかけてのライン取りに、かなり苦労しました。

カーブさせた方が良いのか、直線に近い方が良いのか、今後も検証を重ねたいところです。

 

花びらの中心を開くシーンでは、爪楊枝が折れました。なかなかのクセモノです。

f:id:masanii_origami:20200316223310j:image

 

強烈に閉じた中心をこじ開けるプロセスは、ここだけでコラムが1本書けるレベルなので、またの機会に取り上げるとしましょう。


❸仕上げは「めくり」を工夫

花びらをつまんで尖らせたり、カーブの流れを変えてみたり…

Origamiの仕上げは、折り手がアレンジを加える余地が多いので楽しいです。

自分のセンスに任せて、色々なバリエーションを作ることができそう。

f:id:masanii_origami:20200316223353j:image


今回は、外側から3段目の花びらをアレンジしてみました。

紙のカドから内側に向かうラインを、2段階に変化させています。

f:id:masanii_origami:20200316223506j:image


■先端は、ニューモダンと同様に尖らせる。

■根本は、ハイブリッドティーと同様にめくる。

■中間地点をゆるやかにつなぐ

言葉にすると、こんな感じ。

先端と根元で異なる雰囲気を出すことで、花びらが増えたように見せることができます。

f:id:masanii_origami:20200316223257j:image


最後は、すべての花びらを少し外側へカールさせて、フィニッシュです!

f:id:masanii_origami:20200316223559j:image


初めてのチャレンジにしては、我ながら満足のいくクオリティになったと思います。
(ビギナーズラックでしょうか…)


♦︎♦︎♦︎


というわけで、佐藤ローズ最新作「Origami」でございました!

f:id:masanii_origami:20200316223646j:image


色々エラそうに書いてしまいましたが、もちろんまだ改善の余地はあります。

気付いたことは今後のコラムで取り上げていくので、皆さんとも情報交換できたら嬉しいです。


なお、この「Origami」ですが、実はすでに「ガーデンローズ版」や「四角版」など、いくつかの「亜種」が出回っています。

ぜひ試してみたい…と鼻の下が伸びてしまいますが、まずは今回の「スタンダードモデル」をもう少し突き詰めていきたいと思います。

 

【テキスト紹介】

本作品は佐藤さんのInstagramを参照。

折りたい方は、まずは佐藤ローズの基礎を練習しましょう。

バラ折り紙未経験の方は、川崎ローズから入るのがオススメです。