まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

はぁちゃんの折り紙コラム。 〜初挑戦のガーデンローズは親娘の合作〜

f:id:masanii_origami:20200310091550j:image

いつも定期講座をやっている活動場所が、コロナの影響で休止になってしまいました。

 

あちゃー

学校が休みでヒマ(なハズ)のちなちゃんも心配だし、少人数の折り紙講座くらいはやりたかったんですけどね…


まぁ、こればかりは仕方ない。

早く終息することを祈るばかりです。


そんな中、先日はぁちゃんから1通のメールが届きました。

大学生の頃から講座に来てくれている彼女。
過去にも何度か当コラムに「寄稿」してくれています。
(2018/12/23)
https://masanii-origami.hatenablog.com/entry/2018/12/23/223844
(2018/12/01)
https://masanii-origami.hatenablog.com/entry/2018/12/01/200851
(2018/10/29)
https://masanii-origami.hatenablog.com/entry/2018/10/29/222209

 

今回はまさかの、私と同じスタイルの「3本立て」で記事ごと送ってくれました。

ということで。

今日はまさにぃの折り紙コラム改め、「はぁちゃんの折り紙コラム」をお楽しみくださいませ。


☘️☘️☘️


コロナの影響により、3月の定期講座がなくなったことが残念でして…

外出もあまりできない状況なので、久しぶりに家でバラを折りました!

(ヴィヴァルディも無事注文しました)


今回挑戦したのは、「ガーデンローズ」です!

以下、完成までを「まさにぃ流」の3段階でお送りいたします。


❶仕込み10分後の後悔

❷完成まで気を抜いてはいけないと悟る

❸黄色くなったガーデンローズ


♦︎♦︎♦︎


❶仕込み10分後の後悔

シンプルローズを3回ほど折り、他のバラを折ってみたいという好奇心から、ガーデンローズをチョイス。

他のバラより丸みのある可愛らしいバラで、テキストを手に取った時からずっと折ってみたいと思っていました。


今回は、先日Keikoさんに教えていただいた100円の画用紙を使用。

工程9まではそれなりに綺麗に折れ、かなり良いペースで進んでいました。


問題は工程10〜14。

ん…?

たてに裏返し、丸みを帯びたカーブで谷折り?
丸く折れば良いのかな?

とりあえず折り図の通りに折ってみると…

折り線が左右非対称に!


何ー!!

ここの工程って、後に中割りするための折り筋を付けておくところなのに!

結局、自力で左右対称に調整することに(紙は既に限界)。

※完成後、1つ中割りになっていないことに気づき、努力が水の泡に。


❷完成まで気を抜いてはいけないと悟る

なんとか工程37まで終わり、「あとは花びら開くだけだー!!」と、どんどん花びらを開き、完成。


完成品を見ると…

ん?

丸みを帯びていない。


工程38からよく見ると、シンプルローズと開き方が違うではないか…!

テキストを最後まで見る大切さを学んだ瞬間でした。

f:id:masanii_origami:20200310121747j:image


❸黄色くなったガーデンローズ

1時間半かけて完成したガーデンローズ。

ぐしゃぐしゃではあるが、努力がにじみ出たバラはなんとなく誇らしい…。


と、その時。

母が「色付けていい?」と一言。


え、色付ける?

まじか。

今完成して余韻に浸っていたのに


でも、あからさまに「だめ」とも言いづらく…

「いいよ、色付けても〜(本気じゃぁないよね)」と返事をしたのが最後。


ひと休みしようと5分くらい席を外し、部屋に戻ると、既にガーデンローズは母の手に。

楽しそうに色付けているではないか…(早すぎる!!)

f:id:masanii_origami:20200310121722j:image


という訳で、初ガーデンローズは黄色くなりました(汗…


☘️☘️☘️


完全に私のコラム色に染めてきましたね。

はぁちゃん親子のドタバタ感が伝ってきて、なごみます。

盛り上げてくれて、ありがとうございました^^


過去の定期講座でも、何回かシンプルローズを折っていた彼女。
(2019/12/03)
https://masanii-origami.hatenablog.com/entry/2019/12/03/210148

 

順調にステップアップを重ねてくれて、嬉しい限りです。

ヴィヴァルディも注文したとの事だし、これからの作品も楽しみですね。


外出がはばかられるご時世ですが、折り紙は自宅でも楽しめます。

こんな状況だからこそ、ネットの力を存分に使って、世の中を明るくしていきたいものです。