まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

ガーデンローズを小改造。 〜中心の沈め折りをより深く〜

f:id:masanii_origami:20200211105400j:image

ふっくら丸い花びらが美しいガーデンローズ   。

佐藤ローズの入門書「1枚の紙から作る バラの折り紙」の表紙を飾る逸品です。


先日、久しぶりに折ってみて、仕上げのコツが少しずつ分かってきました。
(2020/02/05)

masanii-origami.hatenablog.com

 

今日お送りするのは、ちょっとした新しいチャレンジ。

中心の見せ方を変えるため、仕込みの段階で少し手を入れてみました。


🍀今日のトピック🍀

❶沈め折りを多めに
❷2/5ライン・1/2ラインの比較
❸まさかの貫通…


♦︎♦︎♦︎


❶沈め折りを多めに
つぼみのような5枚の花びらと、その中から顔を出す突起。

マニアックかもしれませんが、ガーデンローズで一番好きなポイントはここです。

慎ましい感じが、たまりません。

f:id:masanii_origami:20200211214830j:image


この構造の正体は、工程17-21の沈め折り。

沈めた部分はひっくり返されて、そのまま突起になるわけです。


通常は上から2/5の地点で沈めるのですが、今回は少し多めの1/2でやってみることに。

f:id:masanii_origami:20200211214900j:image

 

こうすることで、突起がより上に出るようになります。

(また、この方が折り筋をつけるのは簡単です。)

f:id:masanii_origami:20200211214912j:image


あとは、テキスト通りに作るだけ。

さて、結果はいかに!?


❷2/5ライン・1/2ラインの比較
2/5ラインで沈めた前回は、中心が沈み込んで見えなくなっています。

周囲の花びらをかき分けるように広げ、辛うじて横から突起を見せている感じです。

今回は、中心とサイドを物理的に同じ高さにしたので、開かなくても中心が見えるようになりました。

f:id:masanii_origami:20200211214928j:image


前回は厚みのあるヴィヴァルディ、今回は薄いタントなので、純粋な比較はできませんが、一応予想どおりの結果です。


どちらが良いかというと…

う〜ん、やはりテキスト通りの2/5ラインかなぁ。

今回のものは、外側がピッタリ閉じすぎているような気がします。

中心の突起は、さりげなく見えた方が綺麗なのかもしれませんね。

次は、もう少し厚い紙で再テストしてみようと思います。


❸まさかの貫通…
お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、またやってしまいました。


中心、穴あきました。

ああもう!


穴を通してコーヒーの銘柄が判別できるのは、なかなかシュールな光景です。

f:id:masanii_origami:20200211214948j:image


紙の中心は五角形カットの段階から酷使するうえ、仕込みで頻繁に紙をひっくり返すので、中盤にはかなり消耗しているんですよね。

どうもタントは、こういう負荷に弱いみたいです。


いや、私の優しさが足りないだけなのかも…

最近仕事が忙しくて帰りも遅いし、出張も多いし、自分のことで手一杯だったからなぁ。

妻に愛想尽かされないよう、プライベートも大切にしようと思います。


♦︎♦︎♦︎


ん?

何の話をしていたんだっけ。

そうそう、ガーデンローズです。

f:id:masanii_origami:20200211215006j:image


新しい作品にチャレンジするのも良いですが、既存の作品を突き詰めるのも大切ですね。


見逃していたポイントがあったり、テキストに載っていないコツを発見したり。

今回のような「実験」も、楽しみの一つです。


勝田恭平さんの講習会で言われた「作品への理解度」は、一筋縄では深められないとつくづく実感いたします。

作家さんへのリスペクトも込めて、一つ一つの作品を大事に折っていきたいと思います。