まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

日仏おりがみランチ・第2弾はハイブリッドティーローズ! 〜すぐに使える「おりがみEnglish」〜

f:id:masanii_origami:20200201193734j:image

職場にインターン生として来ている、フランス人大学生の彼。

折り紙がきっかけで日本を好きになったとのことで、「ぜひ一緒にやりたいね」という事になり。

先日、ランチ後の時間に「シンプルローズ」を折りました。
(2020/01/22)

masanii-origami.hatenablog.com

 

「子供の頃を思い出しました!」と、大喜びの彼。

「Next, you try more difficult?」
(次はもっと難しいの、やるかい?)

と、ふっかけてみたところ…

「Yes」
とニッコリ。


ということで、今度はハイブリッドティーローズに飛び込んでもらいました!
★★★★★(星5つ)のバラを、果たして完成させることができるのでしょうか!?


🍀今日のトピック🍀

❶ふたたび「時短仕様」
❷先生もびっくり
❸頻出!おりがみ英単語


♦︎♦︎♦︎


❶ふたたび「時短仕様
お昼ごはんを食べた後に残された時間は、前回と同じく30分。

私が単独ノンストップで、やっと1つ作れる時間です。


なので今回も、仕込みが終わった状態のヴィヴァルディを用意しました。

工程18まで折り筋をつけた後に、収束がスムーズに進められるよう、紙を慣らしておきます。


立体的になる工程19から、2人で一斉にスタート。

舗装されたサーキットにタイヤを付けたら、あとはアクセル全開です!

f:id:masanii_origami:20200201194830j:image


❷先生もびっくり
いつもよりキッチリ仕込んだとはいえ、シンプルローズとは難度が違います。
連立方程式因数分解くらい違います。


「遠心中割り折り」をキープしながら、躊躇なく、ソフトに、バキバキと収束させる作業。

慣れない方は、これだけで30分くらい費やしてしまうのですが…

f:id:masanii_origami:20200201195140j:image


ものの数分で、しっかり筒状にしてしまいました。
うん、上手い。

f:id:masanii_origami:20200201195308j:image


工程30-32、下の花びらを重ねたまま折り上げるシーンも、5-6分で完了。

おぬし、天才か。

f:id:masanii_origami:20200201195431j:image


工程37まで進めたところで、昼休みは終了。

f:id:masanii_origami:20200201195708j:image


定時後に20分ほど「延長戦」をやり…

f:id:masanii_origami:20200201195734j:image

 

無事にフィニッシュ!

f:id:masanii_origami:20200201195845j:image


底を微調整して、5箇所の花びらのバランスを整える作業もこなしてくれました。

家で予習したのかってくらい、上手です。

f:id:masanii_origami:20200201195752j:image


まさにぃ、片桐カナタを見ているオガタさんになった気分だよ。


❸頻出!おりがみ英単語
今回に限らず、たま〜に英語で折り紙を教える機会があるのですが、私はあまり英語が得意ではありません。

でも、単語をいくつか覚えておくだけで、何とか乗り切れる事が多いです。


せっかくの機会なので、折紙講師のガイドラインに載っているものも含めて、よく使う英単語をざっくりご紹介いたしましょう。
(一部、私見を含みます)


・折る → Fold(フォールド)
・戻す → Unfold(アンフォールド)
・谷折り → Valley fold(バレーフォールド)
・山折り → Mountain fold(マウンテンフォールド)
・カド → Corner(コーナー)
・辺、へり → Edge(エッジ)
・逆さま → Up side down(アップサイドダウン)
・裏返し → Turn over(ターンオーバー)

とりあえず、こんな感じでしょうか!

山折り・谷折りは、そのまんまです。

「ターンオーバー」は、化粧品のCMでちらほら聞きますね。

「お肌の若返り」みたいなニュアンスなのでしょう。


あとは

・つまむ → Pinch(ピンチ)
・曲げる → Bend(ベンド)
・中心線 → Center line(センターライン)

とか。

使いたくありませんが、

・破る → Rip(リップ)

なんて言葉もあります。


英語は目的でなく、あくまでも折り紙を楽しむ「手段」。

ボキャブラリーは多ければ多いほど良いのはもちろんですが、まずは実践あるのみ。

文法なんかも、最初は考えなくて大丈夫です。


1つの単語だけでも、心の距離はグッと近づきます。

皆さんも、気軽に使ってみましょう!


♦︎♦︎♦︎


はい、最後はまさにぃの「にわかORIGAMIレッスン」でございました!

f:id:masanii_origami:20200201195937j:image


彼は日本語ペラペラなので、今回はむしろ私が英単語を教わる形だったんですけどね。

(フランス語は発音が難しすぎて呼吸困難になりそうなので、道は遠いです)

お互い得るものがあり、とても充実した時間になりました。

 

オリンピックイヤーの2020年、外国からたくさんの方が訪日されます。

折り紙をたくさんの方に知っていただき、楽しんでもらえるよう、私も頑張ろうと思います。