まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

100均おりがみで作る「折り鶴」の詰め合わせ。

f:id:masanii_origami:20191127112558j:image

久しぶりに「折り鶴」を折る機会があり、超特急で量産していました。

 

使ったのは、ダイソーの折り紙。
この絵柄で1枚1円というコスパの良さは、すごいですね。
紙質も結構しっかりしていて、全く問題ありません。

f:id:masanii_origami:20191127231234j:image


ダイソー、セリア、キャンドゥなど、最近は100均で良い絵柄がたくさん手に入るので、本当に助かります。
(ヴィヴァルディの場合、バラ1つで50円かかります)


さて。
今回も、まったりモードでお送りいたします。
🍀今日のトピック🍀
❶折り鶴を美しく折る
❷電車を降りたら7匹
❸グローバルな今年


♦︎♦︎♦︎


❶折り鶴を美しく折る
過去に、こんな記事を書いた事がありました。
(2019/07/18)

masanii-origami.hatenablog.com


通常の折り方をさらに発展させ、より綺麗な仕上がりを目指す、というものです。


両羽と頭・尾でカドの揃え方を変えたり、背中の膨らませ方を「アップルパイ」にしたり、細かな工夫をたくさんしています。


特に「カドにスキマ」「両羽は三角に折らない」というのは、仕上がりが劇的に変わるのでオススメです。

今後に折る機会がありましたら、ぜひお試しください。


❷電車を降りたら7匹
これらの折り鶴は、仕事でお招きする海外のゲストに配布するもの。


仕事とはいえ自主的にやっているものですし、さすがに仕事中に折り鶴を量産するのは気が引けます。
でも、家ではバラを折りたい。


ということで、大半は仕事帰りの電車内で量産しました。
完成するたび、胸ポケットにしまわれる折り鶴たち。
胸ポケットはパンパンになっていき…
最寄駅に着く頃には、7羽になっていました。


本当は10羽作りたかったのですが、これ以上ペースアップすると、音がうるさくなるんですよね。
さすがに迷惑なので、続きは家でやりました。

f:id:masanii_origami:20191127231419j:image


❸グローバルな今年
今年は外国の方へ折り紙を贈る機会がたくさんあり、嬉しい限りです。


フランス出張の際にも、飛行機や地下鉄、イベント会場などでたくさん折りました。
(2019/07/10)

masanii-origami.hatenablog.com


何といっても、佐藤直幹さんと出会い、一緒に佐藤ローズを折ったのは忘れられません。
(2019/07/09)

masanii-origami.hatenablog.com

 

国内のイベントでも、外国人向けに折り鶴を配布しました。
同僚と一緒に折り鶴を作りまくったのは、8月のことです。

f:id:masanii_origami:20191127231336j:image
 
英語の勉強にもなるので、一石二鳥です!
さすがに今年はコレで最後かと思いますが、私自身にとっても成長を感じられる、有意義な経験をさせていただきました。


ええ、もちろん、本業もしっかりやってますよ!


♦︎♦︎♦︎

 

タントやヴィヴァルディで佐藤ローズを量産する日々だったので、普通の折り紙に触るのは随分久しぶりな気がします。

f:id:masanii_origami:20191127231441j:image


複雑な立体作品も楽しいですが、こうして原点に立ち返るのはとても大事なこと。

多くの方に折り紙を知ってもらい、楽しんでいただくために、こうした基礎もしっかりやっていこうと思います。

f:id:masanii_origami:20191127231504j:image