まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

「ガーデンローズ」4度目の挑戦。 〜花びらの動きをつけてみた〜

f:id:masanii_origami:20190918082503j:image

佐藤ローズの中でも、ふわっと丸みを帯びたフォルムが美しい「ガーデンローズ」。


綺麗に仕上げるにはどうしたらいいか、研究の真っ最中です。
今日は、花びらに躍動感を持たせてみました。

f:id:masanii_origami:20190918082720j:image
前回は紙が破れてしまったので、ちょっと大胆にアレンジ。
(前回:2019/09/16)

masanii-origami.hatenablog.com


使った素材は、ヴィヴァルディの「RED」。
以前「ハイブリッドティーローズ」で使った「DARK RED」よりも明るく、鮮やかな色味が特徴です。


それでは、今日の検証内容はこちら。

❶花びらがアグレッシブに!
❷仕込みから慎重に
❸見えない「内側の星」


♦︎♦︎♦︎


❶花びらがアグレッシブに!
「一度大きく開いて、花びらを丸くして、そのまま折り戻す」

佐藤さんのアドバイスを参考に、勇気を出してガバッと整形していきます。


花びらの面積が広がって、全体がより大きく見えるようになりました。
Before-Afterを比べると、より丸みを帯びているのが分かります。

f:id:masanii_origami:20190918083423j:image


しかし、ちょっと盛大にやり過ぎたかも…

鮮やかな赤色も相まって、見方によっては火の玉のようにアグレッシブな仕上がりに。

一番外側がしっかり見えるように、もう少し控えでも良いかもしれませんね。


❷仕込みから慎重に
今回フォーカスした花びらを、仕込み段階で見てみましょう。

f:id:masanii_origami:20190918082904j:image


工程9で、◯が付いた2箇所にご注目ください。

右側が一番外側の花びら、左側が二番目の花びらになります。

全体をまとめる時は、この部分を酷使しないように気をつけましょう。


余らせる幅は、小さ過ぎると工程41で伸ばす際に破れるし、大きく過ぎると伸ばせません。

私も試行錯誤の最中ですが、何回かやってみると、ベストバランスが見えてくると思います。


❸見えない「内側の星」
ガーデンローズは、工程20あたりで綺麗な星形が現れます。

五角形の中心を沈め折り(opensink)してできる構造で、ハイブリッドティーローズやニューモダンローズにはない特徴です。

f:id:masanii_origami:20190918083606j:image


完成品をひっくり返すと見えますが、ガクを付けると隠れてしまいます。


バラに限らず、高難度の作品には、途中工程に美しい構造がしばしばあるんですよね。
思わず、手を止めて写真を撮りたくなります。


このような一瞬を切り取れるのはプレイヤーの特権で、折り紙の醍醐味でもあります。


♦︎♦︎♦︎


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
まだまだ作り始めたばかりなので、もっと研究を重ねて、綺麗に作れるようになりたいものです。

f:id:masanii_origami:20190918083716j:image
今後の検証も、皆さんの参考になれば幸いです。


それから、さっき試しに「ガク」を作ってみたのですが…
上手くハマりません\(^o^)/
どなたかコツを教えてくだされ…