まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙コンベンション講習・Tommyさんの「白鳥」をおさらい!

f:id:masanii_origami:20190817230218j:image

前回に引き続き、第25回折り紙探偵団コンベンションのレポでございます。
(全体編:2019/08/13)

masanii-origami.hatenablog.com


(机さんの「鯉」:2019/08/15)

masanii-origami.hatenablog.com


今日は日曜日・3コマ目の講習レポ。
Tommyさんの「白鳥」です。


恐ろしく高難度だった前回の「鯉」に比べて、こちらはとても折りやすく、折り紙らしい作品でした。

f:id:masanii_origami:20190817230357j:image


では、早速お送りしましょう。
SNSでの出会い
❷当日は「ヒナドリ」のおまけ付き
❸おさらいはファミリー仕立て


♦︎♦︎♦︎


SNSでの出会い
Twitterでは何かと交流があったTommyさん。


私が以前、♨️Abraham♨️さんの折り図をテストプレイさせていただいた際には、Tommyさんもご参加されていたようです。
(当時の記事:2019/04/22)

masanii-origami.hatenablog.com


そんな親近感のわくTommyさんが、今回のコンベンションで講習をされると聞いて、迷わず飛びついたのでした。


ぜひともお会いしてみたい!
当日、迷わず第一希望に「白鳥」を突っ込むと、しばらくして「白鳥・完売」の放送が。
あぶないあぶない。


❷当日は「ヒナドリ」のおまけ付き
生Tommyさんは、メガネの似合う端正な好青年でした。
今回が初めての講習とのことですが、とっても説明が上手。


配布された折り図に沿って、ゆっくり丁寧に進めてくれました。
年配の方も多く参加されていましたが、安心して作れたのではないでしょうか。

f:id:masanii_origami:20190817230551j:image


「ぐらい折り」のベストな角度を、絵に描いて説明してくれたのも良かったです。
なるべく正確に折りたい中・上級者には、こういう気配りが嬉しいんですよね。
こういう教え方、私も見習いたいです。


作品そのものも非常にシンプルで、トータル32工程、「鶴の基本形」を抜いたら22工程しかありませんでした。折りやすいハズです。

f:id:masanii_origami:20190817230632j:image


鶴の基本形からは色々な鳥が作れますが、新しいレパートリーが増えて感激です。
ウチの生徒さんにも教えてあげようっと。


余った時間で「白鳥のヒナ」をサクッと作って終了!

f:id:masanii_origami:20190817230521j:image


大満足の50分でした。ありがとうございました\(^o^)/


❸おさらいはファミリー仕立て
コンベンションの興奮冷めやらぬ翌週。
白鳥にぴったりの「白色」で、おさらいしてみました。


折り図をほとんど見ずに2個目を作れたのは、シンプルな構造だからこそ。

ヒナに至っては、完成品をちょっと引っ張るだけでコピーできました。
(魚の基本形がベースです)


紙のサイズは、親鳥が24cm、ヒナが7.5cm。

どちらも、コンベンション参加者に配布される折り紙です。

f:id:masanii_origami:20190817230448j:image


ヒナは15cmを4カットすればOKなので、4羽作ってファミリーにしました。

f:id:masanii_origami:20190817230741j:image


高難度の作品をゴリゴリ折るのも楽しいですが、やっぱりシンプルな作品をゆったり折るのも楽しいですね。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、コンベンション講習レポ・第2弾は「白鳥」でした!
Tommyさんは、ご自身でもブログでコンベンションの報告をされているので、ぜひ読んでみてください。

tommy03ori.hatenablog.com

tommy03ori.hatenablog.com

tommy03ori.hatenablog.com

twitter.com


次の作品レポは、どうしようかな。
おさらいできたものから、ぼちぼちご紹介いたしますね。