まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

あじさい折りの発展、ついに3個目。 〜電車の中で得た教訓〜

f:id:masanii_origami:20190629234707j:image

「電車で折り紙」ばかりになってしまった今週、ついに3個目になってしまいました。

masanii-origami.hatenablog.com

masanii-origami.hatenablog.com


またまた「あじさい折りの発展」です。
生徒さんから貰った、珍しい絵柄を試してみました。

f:id:masanii_origami:20190629234651j:image


今回は、内側の花びらをたくさん作る事なく、シンプルな仕上がりに。


シンプルにしたのは、実は理由があるんです。
今回の作品で得た失敗と教訓、アドバイスをお届けいたします。
❶デリケートな素材に敗北
❷教訓:保管は「空間」で
❸いたわりながら折るコツ
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶デリケートな素材に敗北
今回の素材は、チョークのように粉っぽい染料で、パリッとした質感でした。


「基本形A」の状態まで作ったあと、手帳に挟んで放置していたら、染料が固着してしまいました。


帰りの電車で、再開しようと紙を広げたところ、「ベリッ」と嫌な音が!


湿度が高かったのも原因かと思いますが、こういう失敗もあるんですね…


頑張ってリカバリーしましたが、端の方が白くなり、所々に穴が空いてしまいました。
f:id:masanii_origami:20190629234445j:image


❷教訓:保管は「空間」で
自分に言い聞かせる意味でも、書いておきます。


デリケートな素材を使う際、作業を中断する時は、机の引き出しや、箱の中などの「空間」に保管するのがオススメです。


私は、過去に買った折り紙がプラケース付きだったので、よくそのスキマに突っ込んでいます。


もちろん、丈夫な素材で、ちゃんとプレスしたい時には、普通に手帳に挟んでも大丈夫です。


「これは危ないな」と思ったら、圧迫の少ないところで保管しましょう。


余談ですが…
私は横着なので、よくカバン中の一番上にポイッと乗せてしまいます。

複雑な作品は、途中で少しクシャッとなっても、完成品にあまり影響がないんですよねぇ。
(良い子はマネしちゃダメです)


❸いたわりながら折るコツ
今回のような、デリケートな素材を使うときに大切なこと。


折りながら、紙のダメージを軽減する方法をご紹介します。


①指の接触は「小さく・短く」
指をベッタリつけてしまうと、手汗がついてクタクタになります。
キュッと折って、次。
力を抜きすぎるとプレスが甘くなりますが、場数を踏むとベストバランスが見えてきます。
作品をつかむ時も、指先でそっと持つようにしましょう。


②折るスピードを上げる
折ることは、紙の繊維を変形させること。
繊維の「曲がり」が定着しないうちに、サッサと次のステップに進みましょう。
とはいえ、あせる必要はありません。
無理をせず、躊躇なく折れるシーンだけで大丈夫です。


③プレスの強弱
何回も酷使するところは、ちょっと弱めに。
重なった紙を一気に折るシーンは、全ての紙に折り筋がつくようにしっかり折る。
初チャレンジの作品では難しいかもしれませんが、だんだん慣れてくると、「力の抜きどころ」が分かってきます。
メリハリ(強弱)をつけて折ることができれば、クオリティを落とすことなく紙のダメージを抑えられます。


♦︎♦︎♦︎


はい。

偉そうな事をたくさん言いましたが、私もまだまだ「素材をいたわる力」が足りないようです。

時間がない中で「難しい作品を折ろう」と躍起になっていたのかもしれませんね。

f:id:masanii_origami:20190629234534j:image


結果的にキレイに仕上がった今回の作品を眺めていて、そんな事を思いました。

これからも無理せず、折り紙を楽しんでいきたいと思います。

 

<テキスト紹介>

プロジェクトF「あじさい折りおりがみ」

今回の作品の出典はこちら。この作品のベースとなる「基本形A」をはじめ、基礎から応用まで、あじさい折りのアレコレを幅広く学べる一冊です。