まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【講座レポ】科学館で折り紙コーナーのレポ。&「中割り折り」は専門用語?

f:id:masanii_origami:20190502224714j:image

GWに科学館で折り紙ブースを出すのが、ここ数年の恒例となりました。


参加・退席自由のフリー形式。
お陰様でたくさんの方に来ていただき、感謝しきりです。
サポートしてくれた科学館の職員さんも、ありがとうございました。


さて、久しぶりの出張講座。
感想も交えて、この日の様子をお送りいたします。


❶ともは君の「かぶとコレクション」
❷このはさんの「純白巻貝」
❸【反省】「専門用語」の課題
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶ともは君の「かぶとコレクション」
小学3年生、ともはくんの「かぶと」をご紹介。

f:id:masanii_origami:20190502224704j:image
(お顔の掲載許可をいただきました)


皆さん、「かぶと」には3種類あるのをご存知でしたか?


普通の形に加えて、ツノが大きなもの、頭が尖ったものがあります。
彼が見事、コンプリートしてくれました!


いずれも「おりがみ4か国語テキスト100」の掲載作品です。

「カブトは飽きた」と渋るお子さんも、意外と興味を持ってくれます。

子どもの日も近いことですし、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください^^


❷このはさんの「純白巻貝」
「巻き貝」を折ってくれたのは、このはさん(中1)。

f:id:masanii_origami:20190502224758j:image


回転させながら中心をつぶすシーンや、かぶせ折りでカドをねじり、螺旋を作っていく過程には、かなり苦労した様子。

それでも最後まで諦めず、完成させる事ができました!


貝殻のふくらみも、螺旋の仕上げ方も綺麗にできています。
あえて白色を選んだのもステキですね。


今回一番のハイレベル作品。
このはさん、手伝ってくれたお母様、お疲れ様でした!


P.S.
その場で出典を説明するのを失念していましたので、改めてご紹介いたします。

川崎敏和「折り紙夢WORLD」
バラ折り紙の代名詞「川崎ローズ」も載っています。
ユニークな作品が満載の良書です。


❸【反省】「専門用語」の課題
あるご夫妻が、私の数少ないオリジナル作品「イノシシ」を折ってくれました。
(昨年11月30日に公開)

masanii-origami.hatenablog.com


お二人とも完成できたのですが、私の力不足を感じた一幕も。


まず、白黒コピー。
写真を並べて文字を入れただけの折り図は、カラーじゃなきゃダメですね…

 

そして、「中割り折り」「かぶせ折り」などの専門用語。
知らない方にとっては「何のこっちゃ?」ですよね。


目の前で実演できれば良かったのですが、ワンオペで他の子も見ていたので対応できず。

「開いて、中心を凹ませて、折り目を逆にして、たたみ直す」というプロセスを盛り込むと、工程が長くなります。

もちろん用語を覚えるのが一番なんですけど、サクッとやって「できた!」と喜んで帰ってもらいたい。


この悩み、折り紙を教えたことのある方なら分かってもらえますでしょうか?

教え方に正解がない中、ケースバイケースで対応する日々です。

皆さんが教える際の「ちょっとした工夫」がありましたら、ぜひ教えてください。


♦︎♦︎♦︎


というわけで、反省点もありましたが、とっても楽しい1日でした!


折った作品を嬉しそうに持ち帰るお子さんの笑顔を見ると、幸せな気分になります。

作品をポケットに無理矢理突っ込むのは、いつもの光景。微笑ましいですね^^


ご参加いただいた方には、重ねて感謝申し上げます。

これからも皆さんに楽しんでもらえるよう、精進してまいります。