まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

通勤電車で折り紙してみた 〜迷惑にならない3つのポイント〜

f:id:masanii_origami:20190404200014j:image

実際コレで通勤しているわけではありません。


さぁ、新年度も今日で4日目。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。


私は今週から、電車通勤がスタート。
1時間の間、SNSや読書に没頭したり、うたた寝したり…
人の多さに酔うこともありますが、何とか時間を有効に使おうと画策中です。


皆さんも、体調に気をつけてお過ごしくださいね。


さて。
先日さっそく電車内で、勝田恭平さんの「ハムスター」を作りました。

f:id:masanii_origami:20190404200034j:image


電車通勤が始まって1週間も経っていませんが、いくつか気づいたポイントがあります。


コレに注意すれば、周りに白い目で見られることもない…はず!!


❶テキストを丸暗記
❷サイズは小さいものを
❸座れないときは「画像加工」
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶テキストを丸暗記
ハムスターの出典は、「第24回折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol24」。

https://www.origamihouse.jp/book/original/orizusyu24/orizusyu_24.html

A4で数センチある大きな本なので、持ち歩きには向きません。

 

ましてや、ラッシュ時の電車内で広げるのは、どう考えてもNGです。

チカン並みの悪行です。


しかし!
ハムスターは、「超」がつくほどお気に入りの作品。
すべての工程を丸暗記しています。


何回か折ったことがあり、テキストを見ずにできる作品なら、問題なくイケそうです。
今度は、あじさい折りもやってみようかな。


自信のない方は、難しいポイントだけ、テキストを撮影しておくと安心ですよ。
(外部に送っちゃダメです)


❷サイズは小さいものを
さすがに、15cmの折り紙を堂々と広げる勇気はありませんでした。


なので、ある程度工程を進めて、小さくした状態から始めることに。


手のひらに収まるサイズから、細部をパキパキ仕上げていきます。
これなら、周りの邪魔になりません。


「7.5cmなどのミニサイズを使う」というアドバイスも以前いただいたので、こちらも今度試してみようと思います。


❸座れないときは「画像加工」
混雑した車内で立ちっぱなしの場合は、さすがに折り紙は不可能です。


そんな時は、画像の加工をしています。
シャドウを薄くして、ブラックポイントでキュッと締める。
彩度をちょっと上げて、色のコントラストを下げて、最後にキャストで白さを調整。


iPhoneひとつで、ここまで加工できるんです。
ご存じない方、ぜひ一度やってみてください!


電車内で絵を描いている気分になり、とっても楽しく過ごせます。
折り紙をカサコソいじる必要もありません。


せっかく完璧に仕上がったのに、写真がイマイチで魅力が伝わらないのは、勿体ないですよね。


折って・撮って・加工して。
折った後もいろいろ工夫を凝らして、「オンリーワンの作品」を作りましょう(^o^)


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は「電車内でのオリガミライフ」でございました。


新米が何をエラそうに…
そんなことより、早く仕事覚えなさい!


というツッコミが入るのは承知のうえですが…
プライベートを少しでも豊かに過ごすことで、仕事にもハリが出ると信じています。


これからも、無理なくやっていこうと思います^^