まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

「あじさい折り・蝶の群れ」を立方体に仕上げました!

f:id:masanii_origami:20190209232237j:image

前回の予告どおり、「あじさい折り・蝶の群れ」を6面体にしました!

下に敷いているのは、妻がいつも使っているIKEAのランチョンマット。


花畑で遊んでいるようです。

 

(前回の記事はこちら)

masanii-origami.hatenablog.com

 

f:id:masanii_origami:20190209232256j:image


前々回の「ポメラニアン」も共演。

手まりで遊ぶワンちゃんの構図が萌えます^^

 

ポメラニアンの記事はこちら)

masanii-origami.hatenablog.com


もちろん単体でも綺麗!

f:id:masanii_origami:20190209231535j:image
予想と少し違う仕上がりになりましたが、これはこれで満足です。

f:id:masanii_origami:20190209231527j:image


さて、今日のコラムです。
❶「くす玉」はカンタンに作れる!
❷接着の際のコツ
❸「蝶の群れ」のひと工夫
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶「くす玉」はカンタンに作れる!
今回の「蝶の群れ」に限らず、ほとんどの四角形の作品は、6個用意すれば立方体にできます。


組み方はとっても簡単で、カドをノリで接着するだけ。


この方法は結構ポピュラーで、折紙講師の参考書「おりがみ4か国語テキスト100」でも紹介されています。


ここでは、伝承作品「くんしょう」を組み合わせています。

f:id:masanii_origami:20190209232008j:image

(これは2年前の写真)


気軽に「くす玉」が作れるので、ぜひやってみてください。


❷接着の際のコツ
通常のユニット折り紙のくす玉は「差し込み口」がありますが、今回の方法は、ただくっつけるだけ。


ロック機構もなく、接着面も小さいので、しっかりノリ付けしましょう。


コツは、時間をかけること。


接着面は12箇所。
一気に仕上げようとすると、最初の接着面から取れてきます。


あっちを付けるとコッチが取れ…
あの「ペンッ」という効果音は、なんとも言えないイライラ感です。


最初のパーツの4箇所をつけたら、しばらく放置。


次に側面の4箇所をつけて、また放置。
カチカチに固まってから、最後の4箇所をつけましょう。


❸「蝶の群れ」のひと工夫
今回の「蝶の群れ」で立方体を作るときのコツをご紹介。


ふっくら丸みを出すためには、外側を山折りすると良いです。
f:id:masanii_origami:20190209231605j:image


こうすると、サイコロっぽいカクカクした感じになりません。


ちなみに私は、全て接着したあとコレに気付きました。
くっついたまま山折りしようとしたら…


「ペンッ」
と、あのイヤな効果音が。


結局、半分くらいノリ付けをやり直すハメに!


このタイムロスは授業料だと思って、今後の教訓にしよう…


♦︎♦︎♦︎


というわけで、今日は「蝶の群れ・6面体」のご紹介でした!


蝶の群れは集中すれば15分で作れるのですが、6個作ると90分。


なかなか時間のかかる作業ですが、完成品のクオリティには大満足!
あじさい折りは、やっぱり楽しいですね。


いい絵柄があったら、またやってみようかな^^

 

<テキスト紹介>

プロジェクトF「あじさい折りおりがみ」

「蝶の群れ」の出典はこちら。

山口真「至高のおりがみ」

ポメラニアン」の出典はこちら。

昨年12月に出たばかりの最新テキストです。

今をときめく若手作家さんの名作が満載。