まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【至高のおりがみ】ふんわり感がたまらない!ポメラニアンを折ってみた

f:id:masanii_origami:20190206221822j:image

至高のおりがみ、7個目のチャレンジは、勝田恭平さんのポメラニアンです!


ご覧ください、この丸っこいフォルム。

f:id:masanii_origami:20190206221933j:image
めちゃかわ!!


こんな形も表現できるんですねぇ。
折り紙の奥深さを、しみじみと感じます。


工程数は129。
先日(2月4日)の「ドードー」と同じくらいの長さです。

masanii-origami.hatenablog.com


さて、今日のコラムをお送りいたします。


インサイド・アウトの魔術
❷ノリを大量投入
❸ハムスターもオススメ
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


インサイド・アウトの魔術
紙の端をめくって、あっちにペロン、こっちにペロン。


テキストどおり、言われるままに折っているうちに、いつの間にかポメラニアンの顔がひょっこり現れます。


この動作をすることで、どんな形になるのかな?
あれこれ想像を膨らませて、ワクワクしながら進めることができました。

f:id:masanii_origami:20190206222115j:image


折り紙の大きなウマミである「色」を隠して、「目」にだけ色を出す大胆さ。


勝田さんの作品には、こうした大胆な色の使い方をする作品が多く見られます。
とっても素敵です!ファンです!!


ちなみに同テキストの「グリフォン」も、勝田さんの作品。
(1月30日に紹介しています)

masanii-origami.hatenablog.com


❷ノリを大量投入
テキストどおりに完成したはいいものの、私は整形に手こずりました。


普通の教育折り紙(25cm)を使ったこともあり、ふっくらとした質感に仕上げるのにはコツが要ります。


紙を折り込んでロックさせるシーンは所々にあるのですが、紙が開いてしまって、なかなか上手くいきません。


ここは思い切って、全面的にノリに頼ることに。
目元、口元、首まわりのヒダ、前足…
背中もパックリ割れてしまうので、左右の端を重ねて接着しました。


シッポは、うすーくノリを付けてからクルンとさせ、そのまま固定。


かなりの箇所を接着した気がしますが、しっかり形が決まったので、良しとしましょう!

f:id:masanii_origami:20190206222223j:image


❸ハムスターもオススメ
同じ勝田恭平さんの作品としては、「ハムスター」もオススメ。


こちらも強烈にかわいいです。


昨年、SNSで大ブームが巻き起こったので、ご存知の方も多いはず。


当コラムでも何度か紹介していますが、いくつ作っても飽きないんですよね。
(昨年10月9日など)

masanii-origami.hatenablog.com


プレゼントとしても大変喜ばれるので、我が家のハムスター在庫は常に品薄です。


ちなみに、ポメラニアンの工程51〜61は、ハムスターのおしりの折り方と一緒です。


技術的にも参考になるシーンが多いので、こちらもぜひチェックしてみてください。


テキストは、「第24回折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol24」。


Amazonで買えないのが残念ですが、ブログに公式サイトへのリンクを貼っておきますね。

www.origamihouse.jp


(現金書留・郵便振替・paypalのみ対応)


♦︎♦︎♦︎


というわけで、「至高のおりがみ」より「ポメラニアン」のご紹介でした!

(テキストのリンクはこちら。)


帰宅して、リビングにたたずむコイツを見ると、思わず笑顔になってしまいます。
どこから見てもかわいい。


ちょっと難しいけれど、挑戦の価値アリアリです!!