まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

クリスマス飾りにどうぞ! 〜月刊おりがみ519号「手まり」のポイント解説〜

f:id:masanii_origami:20181217201958j:image

以前からずっと折ってみたかった「手まり」にチャレンジ。

 

同じパーツを6個つなぐ「ユニット折り紙」。
複数の紙にまたがる白い帯が印象的な作品です。

f:id:masanii_origami:20181217202106j:image

 

それぞれのパーツは全く同じですが、つなぐ向きを変えることで、 2つの大きな輪になるのが面白いですね。

 

最初は余っていた4分の1サイズの紙で作ったのですが、 白い帯が目立たなくなってしまいました。

 

ちなみに、使った紙は12月9日に紹介した「 陽気なサンタさんのグリーティングカード」で使ったものです。

masanii-origami.hatenablog.com

こっちは良かったんですけどね…

 

ということで、15cm×15cmでで再チャレンジ。

セリアの冬柄でリベンジしたら、いい感じに仕上がりました。

f:id:masanii_origami:20181217202043j:image


さて。
この作品は、1つのパーツが31工程と、比較的長め。
難しいところもあったので、ポイントをまとめてみました。

 

❶工程20を写真で解説!

❷白い帯を美しく仕上げるコツ

❸上手に組み立てるには?

では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶工程20を写真で解説!

作品そのものは、中級者向けといった印象です。


仕込みも8等分と細かいし、立体的な折り方も出てきます。
不安な方は、慣れた人と一緒にやりましょう。

 

一番の難関と思われるのが、工程20「色のついた部分をひっくり返す」というシーン。

 

解説写真はあるものの、白黒だし1枚だし、立体感は分かりません。

要は紙をまるごと裏返せばいいのですが、いくつかコツがあります。

 

写真解説を作りましたので、良かったら参考にしてみてください。

f:id:masanii_origami:20181217202142j:imagef:id:masanii_origami:20181217202149j:image

 

なお、紙を開く前に、折り筋をしっかり付け直すと、より折りやすくなります。

いつもより、強めにプレスしましょう。

 

❷白い帯を美しく仕上げるコツ

ポイントは2つあります。

f:id:masanii_origami:20181217202227j:image

 

1つ目。

白い帯が中心でパックリ割れないように、工程29のところで中心だけノリ付けするのがオススメ。

 

他の箇所もベッタリ接着したくなりますが、そのままの方が少し浮いて立体感が出ます。

ほどけることはないので、安心してください。

 

2つ目。

工程30で、後ろに折って細くするシーン。

 

ここは、完全に直線に折らず、うっすらとカーブさせると良いです。

具体的には、中心を両端よりやや深めに折ります。

 

すると、マックのアップルパイのような、立体感のある曲線が生まれます。

 

あくまでも、さりげなく。ほんの少しだけ。

深く折り過ぎて、両端に負荷がかからないようにしましょう。

 

なお、折る前に紙を揉み込むと、重なった紙がなじみむので、 まとめて折りやすくなります。

 

❸上手に組み立てるには?

パーツの接合部は、ギッチリ隙間なく差し込むので、特に後半の方は苦労すると思います。

 

特に最後は、2箇所を同時に差し込むので、中々うまくいかないんですよね。

 

やりづらいと思ったら、カドを少しだけ斜めに折ると良いでしょう。

あくまでも、差し込んだら見えなくなる部分だけ。

ちなみに私は、最後だけやりました。

 

接合部のノリ付けは、コレをやる場合も、やらない場合もした方が安心かと思います。

 

なお、スキマから鉛筆を突っ込んでコロコロと圧迫すると、良い感じにノリが馴染みます。

 

ノリ付けしなくても十分に頑丈なのですが、ロック機構がないので抜けやすいです。

 

お子さんがコロコロした時に、「スポッ」っと抜けてしまったら、せっかくの苦労が水のアワですから…

 

♦︎♦︎♦︎

 

というわけで、本日は月刊おりがみ519号より「手まり」の解説でした。

秋に届いたテキストですが、絵柄を上手く使えばクリスマスっぽくなるんですね。

 

皆さんも、季節外れのテキストを眺めてみてはいかがでしょうか。

 

また、お仕事帰りなどに、文具店や100円ショップをちょっと覗いてみてください。

 

クリスマス柄だけでなく、実に多くのバリエーションが揃っています。

 

色々な題材・素材を組み合わせて、年末を彩りましょう。