まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

とっても簡単なクリスマスカードのケース! 〜月刊おりがみ520号のユニークなサンタさん〜

f:id:masanii_origami:20181209230719j:image

月刊おりがみ520号(2018年12月号)より
「陽気なサンタさんのグリーティングカード


秋もあっという間に過ぎ、一気に寒くなりました。


つい先日までハロウィンだったのに、すでに街はクリスマスムード全開。


SNSでも、クリスマスの折り紙をよく見かけるようなりました。早いものですね。


さて。
「簡単なクリスマスの折り紙」というと、おなじみのサンタか、単純なリースなど…出尽くした感があります。


今回の題材は、新ネタをお探しの方に、ぜひオススメしたい逸品です。


❶手紙やプレゼントが入ります
❷めちゃめちゃ簡単、そして楽しい
❸赤色じゃなくてもOK
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶手紙やプレゼントが入ります
見た目は、シンプルでかわいいサンタさん。


裏返すと、ちょこっと紙の端がはみ出ていて、引っ張るとポケットが開きます。

f:id:masanii_origami:20181209230739j:image
結構広いので、手紙はもちろん、小物などのプレゼントも入りそうです。


また、中はすべて白色なので、直接メッセージを書いてもいいですね。


クリスマスの折り紙は毎年たくさん生まれていますが、このアイディアは新鮮でした。


今度の講習ネタに採用しようっと!


❷めちゃめちゃ簡単、そして楽しい
使用するのは、折り紙2枚。
普通サイズと、その半分のサイズを用意しましょう。


小さい方で作る「頭」は8工程、大きい方で作る「体」は6工程しかありません。


頭と体は、途中まで工程が一緒なのも嬉しいところ。とても覚えやいです。


また、立体的な折り方はいっさい出てこないので、小さなお子さんでも大丈夫そうです。


頭と体をくっつける際は、「スポッ」と綺麗にはまります。


この瞬間が、気持ちいいんですよね。
一度戻して、また「スポッ」とはめたくなります。

f:id:masanii_origami:20181209230909j:image


❸赤色じゃなくてもOK
まず浮かんだのは、セリアのデザインペーパー「スノー」。


折ってみたら、想像以上にハマりました!
そのまま絵本の挿絵にできそうな、かわいい仕上がりになりました。

f:id:masanii_origami:20181209230852j:image


色の面が多いので、絵柄の魅力を存分に引き出せそうです。


「綺麗だから買ったけど、折るのが勿体ない」
という折り紙をお持ちの方、ぜひコレを折ってみてはいかがでしょうか?