まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【折り紙展示レポ】館長さんのあじさい折り「花折りピラミッド」が美しすぎる!

f:id:masanii_origami:20181102224210j:image

本日から始まった地域の展示会に、定期講座のメンバーが折り紙を出品しています。


今日ご紹介するのは、公民館の館長さん。
当コラムでは、8月20日以来、久しぶりのご登場です。

f:id:masanii_origami:20181102224400j:image


出品されたのは「花折りピラミッド」。
あじさい折りの中でも高難度で、上級者向けの作品です。


異なる色のグラデーション紙がバランス良く配置され、目の覚めるような美しい仕上がりに。


初見の華麗な印象はもちろん、細かな折り目の重なりが生み出す緻密な模様に、皆が見とれていました。

f:id:masanii_origami:20181102224602j:image


さて、今日のコラムは、館長さんの紹介もかねて、こんなお話。
❶館長さんについて
❷空き箱を使ったディスプレイ
❸包装紙の使い方も上手。
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶館長さんについて
久しぶりのご登場ということで、ちょっとおさらい。


近所の公民館の館長であるこの方は、ある縁で私の折り紙に興味を持ってくれました。


書道や竹細工など、もともと器用な方だったこともあり、みるみるうちに上達。


お会いするたびに、作品が高度になっていきます。


このままトップスプレイヤーの道を突き進んでくれたら嬉しいのですが…


「他の趣味に支障が出るから、あじさい折り以外はやらない」とのこと。


しかし。


館長あじさい折りは、終盤にカドが白くなっちゃうんだよね」


「折り筋の交点を酷使すると染料が取れてくるので、仕込みの際に折る強さを調節するといいですよ」


館長「なるほど」


というやりとりをするほど、既にマニアックな領域に来ています。


会うたびに、質問の内容が鋭くなっている気がします。


あじさい折りだけ」とはいえ、これなら良しとしましょう^^


❷空き箱を使ったディスプレイ
館長さんは、折り紙のスキルはもちろん、箱の使い方がとても上手。


今回の作品も、黒い箱を使うことで、作品全体をシックに仕上げています。
サイズもピッタリ!


色々な空き箱をお持ちで、展示の際は、いつもちょうどいい箱を用意してくれるんですよね。


昨年の展示会では、私もアドバイスをいただきました。


箱を単体で使うだけでなく、下に色紙を敷いたりして、色々な工夫ができるんですね。


❸包装紙の使い方も上手。
空き箱に限らず、館長さんは作品を美しく見せるための工夫がとても上手です。


最近よくお見かけするのは、包装紙。
8月20日に紹介した作品にも使われています。

masanii-origami.hatenablog.com


包装紙は正方形にカットすれば、結構いい素材になります。


大きいので折りやすいし、丈夫なのでガシガシ折っていけるんですよね。


お菓子などの箱や包装紙を捨てずにとっておくと、こういう所で使えるんですね。勉強になります。


なお、正方形カットについては、10月26日の記事でも少し触れています。

良かったら後ほどご覧ください。

masanii-origami.hatenablog.com


♦︎♦︎♦︎


というわけで、展示会初日のレポートでございました!


明日以降には、他の方の作品もご紹介したいと思います。


続報をお楽しみに\(^o^)/

 

<テキスト紹介>

プロジェクトF「あじさい折りおりがみ」

今回の作品「花折りピラミッド」の出典はこちら。

前述の通り年度は高めですが、フルカラーの美しい作品たちを見ると、挑戦せずにはいられません。

基本形から順番に覚えていきましょう。

また、今回使ったグラデーションの折り紙の情報も載せておきます。

今回のもの以外にも、いろいろな絵柄があるので、ぜひ試してみてください。