まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙のトビハゼと、ムツゴロウの話。

f:id:masanii_origami:20181013234710j:image

さくBさん( sakusaku858 )の「トビハゼ」を折ってみました。


すごくシンプルなのに、ちゃんとトビハゼに見えるのが凄いですよね。目の感じなんか、本当にそっくりです。


折り方は、ご本人のInstagramTwitterで公開されています。


とっても丁寧な折り図で、工程数も25と少なめなので、皆さんもぜひやってみてください。


沈め折りが1回出てくるくらいで、あとは初心者の方でもパキパキ進めていけると思います。


さて。
今日は折り紙の話からちょっとはずれて、トビハゼの解説をいたしましょう。


❶魚なのに水中で死ぬ
❷ムツゴロウと親戚
❸どちらも絶滅危惧種
では、どうぞ。

f:id:masanii_origami:20181013234732j:image
♦︎♦︎♦︎


❶魚なのに水中で死ぬ
トビハゼは、干潟(泥の湿地)に住むハゼの仲間です。


水中を泳ぐのではなく、泥の上をピョンピョン這い回るのが得意。


エラよりも皮膚呼吸が発達しているので、逆に水中に長くいると窒息死するそうです。


オマエ、本当に魚かいな。


❷ムツゴロウと親戚
同じハゼ科の魚として、ムツゴロウが有名です。


トビハゼは10cmほとですが、ムツゴロウは倍近くの大きさがあります。


ちなみに、どちらも肉食魚。
泥の中に潜むカニなどを食べて育ちます。


なお、動物王国のムツゴロウさんは違います。あれは人類です。


❸どちらも絶滅危惧種
トビハゼもムツゴロウも、実は環境省レッドリストに載っている絶滅危惧種です。


トビハゼは、絶滅のおそれがある「準絶滅危惧(NT)」に。


ムツゴロウは、さらに深刻な「絶滅危惧ⅠB(EN)」に指定されています。


埋め立てや環境汚染によって、彼らの生息地である「干潟」が減っているのが原因のひとつ。


泥中の豊富なミネラルを食べるカニや貝類、それ求めてくる鳥たちにとっても、干潟はいわば「楽園」です。


いつまでも彼らの住む場所が失われないよう、環境を守っていきたいですね。

 

<素材紹介>

トーヨー・ショウワグリム「教育折り紙」

コレを見てトビハゼを折りたくなったら、情熱が冷めないうちにどうぞ!

練習にも、本番にも使えます。