まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙講座レポ 〜ママさん向けの題材と、子供への上手な教え方〜

f:id:masanii_origami:20181010214150j:image

本日は、0歳〜2歳までのお子さんがいるママさん向けの講座をやらせていただきました。


1歳にも満たないお子さんには、折り紙そのものがまだ早いかも…とも思いましたが、将来のことも考えて。


また、お母様自身にも折り紙を楽しんでもらうために、なるべく簡単で楽しい題材を用意しました。

f:id:masanii_origami:20181010214236j:image


「とても楽しかった」「子供と一緒にやりたい」などの感想をいただき、嬉しい限りです。
ご参加いただいた方、ありがとうございました。

f:id:masanii_origami:20181010214413j:image


さて、今日は講座のおさらい。


❶親子で折れる簡単なもの。
❷お子さんへの教え方。
トークは思わぬ方向へ。
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶親子で折れる簡単なもの。
やはり定番は、講師テキストの最初にも載っている「いぬ・ねこ・チューリップ」。


1つの折り方で3パターンの作品ができる、便利な題材です。


完成したら、お絵かきタイム。みんなで好きな顔を描いてもらいました。


それから、先日の講座で年配の方にも紹介した「シャツ」と「切り紙」も実践。


最後はユニット折り紙の「4枚手裏剣」で締めくくりました。
(折り方は、10月3日の記事をご覧ください)

あきとくんの手裏剣と、「紙の厚み」についてのコラム 〜折り紙は、ピッタリ過ぎてもNG?〜 - まさにぃの折り紙コラム


❷お子さんへの教え方。
慣れないお子さんには、やはり一緒にやってあげるのが一番だと思います。


ギリギリまで折ってあげて、お子さんにはプレスだけしてもらう。でも「できたね、すごい!」と褒めてあげる。


初めはこれで十分で、だんだん手を離してあげたらいいと思います。


小学生くらいになったら、同じものを同時進行で折ってあげるのもアリです。


とはいえ、お子さんの横でずっと手伝ってあげるのは、大変かもしれません。
ご無理のない範囲で、サポートしてあげてくださいね。


もし折り紙に興味を持ってくれれば、少しずつ自力で折れるようになると思います。


トークは思わぬ方向へ。
いつもは折り紙の時間を多めにして、トークは少なく抑えるのですが、この日は意外に盛り上がりました。


折り紙の歴史トークから、現代の折り紙事情の話に。


佐藤ローズのテキストの美しさや、神谷哲史氏の「アマガエル」などの複雑系作品に、思った以上に反応してくれました。


知られざる折り紙の世界を覗いてもらえた嬉しさに、つい喋り過ぎてしまいました。


まぁ、でも。
こういうのも、たまにはいいよね^^

f:id:masanii_origami:20181010214318j:image
♦︎♦︎♦︎


ここ最近は出張講座に呼んでいただく機会が多く、嬉しい限りです。


参加者の方のリクエストがあり、急遽、伝承作品の「ハト」「おしゃべりからす」を作ることになりました。


こうした要望にお応えできたのも、今日の嬉しかったこと。


予定していた流れが、こんな風に変わることもあるんですね。


これからも柔軟な気持ちで、講座に臨みたいものです。

 

<テキスト紹介>

今回の講座で皆さんみお見せした書籍です。

日本折紙協会「おりがみ4か国語テキスト100」

 誰もが見たことのある伝承作品や、基礎的な作品が勢揃い。

 教育折り紙も一緒にどうぞ。

◆佐藤直幹「1枚の紙から作るバラの折り紙」

 とりわけ人気の高かったテキストがコレ。

 難度高めですが、フルカラー写真とDVDまでついた豪華な一冊です。