まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙ハムスターのかわいさが異常。

f:id:masanii_origami:20181009225014j:image

今日は、「第24回折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol24」より、勝田恭平氏の「ハムスター」をご紹介。

f:id:masanii_origami:20181009225152j:image
これを作りたい一心で3000円のテキストを買い、ヒマを見つけては量産しておりました。


妻のピアノの上に置いてあるんですけど、弾くたびに振動で「ギュッギュッ」と鳴くそうです。マジかよ。

f:id:masanii_origami:20181009225105j:image
かわいい!というかすげぇ。


ちなみに、来月の展示会にも出す予定。
規則的に並べようか、それともバスケットに詰めようか…
想像するだけでワクワクします。

f:id:masanii_origami:20181009225216j:image
さて、10個ほど折ったところで、私なりに作品の解説をいたします。


❶難しいけど、挑戦する価値あり!
❷どんな色でも結構イケる。
❸立ってよし、差してよし
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶難しいけど、挑戦する価値あり!
シンプルな見かけによらず、難度は高めです。


先週の定期講座で子供たちもチャレンジしたのですが、なかなかの強敵だったようです。
(10月2日の記事をご覧ください)

折り紙SNSで大人気の「ハムスター」に、子供たちがチャレンジ! - まさにぃの折り紙コラム


工程数は97。
複雑系にしては少なめですが、本屋で見かける一般的なテキストと比べると多いと思います。


シンプルにまとめるためには、やはりある程度複雑な工程は出てきてしまうのでしょう。


しかし、折り方そのものは正統派。
トリッキーな折り方は出てこないので、しっかり経験を積んだ方ならできるはずです。


「そろそろ上級者向けの作品をやりたいな」と思っている方には、エントリーモデルとしてもいいかもしれません。


❷どんな色でも結構イケる。
「ハムスターといえば茶系」と思っていましたが、意外と色んな色でもかわいくできます。


青色でもいい感じに仕上がったのは、私も意外でした。単色なら、どんな色でもイケそうですね。


なお、ハーモニーなどのグラデーション紙では、目の色と耳・手足が違う色になるので注意が必要です。


もちろん、裏表を逆にしてもOK。
Twitterを中心に、たくさんの方が色々なパターンを試しているので、参考にしてみてください。


❸立ってよし、差してよし
このハムスター、自分でしっかり立ってくれるのも嬉しいところ。


横から見ると「ト」の字のような構造なので、少し曲げるだけで簡単にバランスを調整できるんですよね。


また、後ろのヒダは、パソコンのキーボードにも差せます。


あまり使わないF9〜F10あたりのキーに差すのがオススメ。


仕事に集中できなくなるレベルでかわいいです。


なお、余談ですが、おしり側のカドをノリづけすると、紙が開かずにスッキリします。
そこだけどうしても、浮いちゃうんですよね。


♦︎♦︎♦︎


先日のこと。
職場の同期が、「窓口に飾る折り紙がほしい」と言ってきたので、ハムちゃんの写真を見せました。


すると、「何これ!かわいい!ほしい!!」と狂喜乱舞。


翌日そいつに折ってあげたら、嬉しそうにデスクへ持ち帰っていきました。


おい、窓口はどうした。

 

<素材紹介・ショウワグリム教育折り紙>

練習にも、本番にもどうぞ。ハーモニーカラーも入っています。