まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙作家・佐藤直幹さんの「ハチドリ」にチャレンジ!

f:id:masanii_origami:20180930210640j:image

佐藤ローズでおなじみ、佐藤直幹さんが考案された「ハチドリ」を折ってみました。


以前に折った「初代五角バラ」も添えて、カラフルな花畑を演出。

f:id:masanii_origami:20180930211144j:image
偶然にも、同じ方がデザインした作品が再会する形となりました。
佐藤ローズ×佐藤ハチドリの共演です。

(バラに関しては、9月14日のコラムをご覧ください)

バラ折り紙の代名詞「佐藤ローズ」に、遅ればせながら初挑戦! - まさにぃの折り紙コラム


ハチドリの折り方は、佐藤さんのTwitter(Naomikisato)で公開されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
解説も丁寧で、とっても分かりやすいです。


さて、解説はご本人のツイートが一番分かりやすいですが、私なりの観点でも書いてみました。


❶ベースは鶴の基本形
❷ハーモニーカラーが人気
❸慣れてきたら、小さなサイズで
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶ベースは鶴の基本形
折り鶴の工程の中間地点、♦︎(菱形)のかたちを「鶴の基本形」といいます。


この形はとっても優秀で、さまざまなパターンの鳥を作ることができるんです。


今回のハチドリも、4つのカドで「頭・羽根・尾羽」の4つをデザインする、とてもポピュラーな形です。


クチバシや尾羽は、カドを潰して細く。
羽根は、曲線の折り目をつけて丸みを帯びさせています。


同じ基本形から、こんなに違う鳥が生まれるのは、折り紙の奥が深いところですね。


❷ハーモニーカラーが人気
ハチドリはカラフルな鳥なので、華やかな絵柄がオススメ。


今回使ったのは、ラインハーモニー。
うるさすぎない、自然な仕上がりが気に入りました。
SNSで見かけたものも、ほとんどの方がグラデーション系の絵柄を使っていました。


ちなみに、佐藤さんご本人は、英国旗柄でも折っていました。とってもオシャレ!


完全するまでどんな仕上がりになるかわからないので、色々と試してみましょう^^


❸慣れてきたら、小さなサイズで
15cmで折れたなら、もう少し小さなサイズに挑戦してみましょう。


11.7cmで折ったら、より本物らしいサイズになりました。
f:id:masanii_origami:20180930211059j:image


ハチドリは、世界で最も小さな鳥。
10cm以下の種がほとんどなので、これでもちょっと大きめかな…?


15cmの半分、7.5cmでもかわいくできます。
f:id:masanii_origami:20180930211626j:image
ちょっと細かくなるので難しいかも?


慣れてきたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


♦︎♦︎♦︎


余談ですが、これを初めて折ったのは、ファミレスの席待ちの時間。
f:id:masanii_origami:20180930211640j:image


作業中、隣のファミリーがずーっと見ていたので、完成品をプレゼントしたらとっても喜ばれました。


席待ちの時間の退屈を、過ごして和らげることができて良かったです^^

 

<素材紹介>

自然なグラデーションが美しいハーモニーカラー。

今回使ったのはラインハーモニーですが、ソフトハーモニーもいい感じに仕上がりそうです。