まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【救急の日】折り紙の救急車と、松葉杖でカラオケに行ったのが職場にバレた話

f:id:masanii_origami:20180909221823j:image

今日は「救急の日」ということで、救急車を折りました。


出典は、月刊おりがみ517号(9月号)。
考案者は青木良氏。


車体・土台とタイヤ・ランプで、折り紙のを3枚使います(ランプは4分の1サイズ)


車体の上下をドッキングさせるシーンは、まるでロボットアニメのようでワクワクします。


箱状に組み立てるシーンは、立体折り紙に慣れていないと少し苦労するかもしれません。


でも、焦らずゆっくりやれば大丈夫。
洗濯バサミやクリップなどの道具を使いながら、少しずつ組み立てていきましょう。


さて。
今日のコラムは、救急ネタ。
仕事で関わったイベントの設営中、ケガをした時の話です。
(折り紙と関係ありません)


❶松葉杖でカラオケに行った話
❷一瞬で職場にバレる
❸盛大なネタにされる
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶松葉杖でカラオケに行った話
数年前のこと。
イベント会場の設営中、おもりに使うコンクリを足に落としてしまいました。


救急車を呼ぶより早く、ワゴン車の荷台に乗せられて病院へ直行。そのまま帰らせてもらう事になりました。


家に彼女(今の妻)が来てくれて、色々とお世話をしてくれたのですが、足先以外は元気なので「カラオケに行こう」という話が浮上。


ケガした当日に松葉杖でカラオケとか、今考えるとめっちゃアホな発想なのですが…


当時の私はベストアイディアだと思い、足を引きずりながら駅前のカラオケ店に入りました。


❷一瞬で職場にバレる
「患部を心臓より高い位置に」とのことだったので、包帯だらけの足をソファにどっかり乗せて、ヘンな姿勢で歌っていました。


その時、上司(係長)から電話が。
ん?忘れ物でもしたかな?


係長「差し入れを持って家の前に来たんだけど、今どこにいる?」


私「カラオケです」


係長「」


家に帰ると、バナナやらパンなどの食料が、ドアに掛かっていました。係長すいません。


❸盛大なネタにされる
結局私は、「イベントでケガした当日にカラオケに行った奴」として、職場や関係者に知れ渡りました。


今でもイベント主催者や、得意先の社長さんに時々いじられます。


活躍して有名になるのならともかく、まさかこんな形で名が知られるとは…


それにしても、なぜあの日カラオケに行ったのか。あの頃の自分を問いただしたい…


♦︎♦︎♦︎


結局、1ヶ月くらいで歩けるようになったのですが、完治するのに1年6ヶ月かかりました。


ケガはしたくないものですね…
皆さんも、お気をつけてお過ごしください。

 

<テキスト紹介>

月刊おりがみ517号(2018年9月号)

今回の作品の出典はこちら。以前投稿した「バイク」など、乗り物折り紙が満載の一冊です。