まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

【今日は黒の日】黒い折り紙を、上手に仕上げるコツはこれだ!

f:id:masanii_origami:20180906225306j:image

9月6日は「黒(くろ)の日」ということで、黒い作品をピックアップしてみました。


使ったのは、普通の教育折り紙。どれもサイズは15cm×15cmです。


ブラックローズ

f:id:masanii_origami:20180906225631j:image

川崎敏和氏の「バラ」。いわゆる川崎ローズです。


あじさい井桁・詰め(5×5)

f:id:masanii_origami:20180906225658j:image
複雑な作品が多いあじさい折りの中でも、とりわけ苦労した作品。
甲冑のようなゴツゴツ感が、たまりません。


ダイヤモンド

f:id:masanii_origami:20180906225733j:image
Twitterでおなじみ、Abrahamさんのオリジナル作品。
黒で折ると、まるで黒曜石やヘマタイトのようですね。


斜め折り四段ピラミッド

f:id:masanii_origami:20180906225717j:image
あじさい折りの中でも、一番好きな作品です。
慣れてくると、ここから色々なアレンジができます。
中心からブロックを1個ずつ組み立てていく過程も、楽しいんですよね。


♦︎♦︎♦︎


さて、そろそろコラムにまいりましょう。
今日は、黒い折り紙の特徴と、気をつけるポイントをまとめました。


❶しっかり強い、黒の紙!
❷独特の厚みを攻略しよう
❸染料がはげた時の対策
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶しっかり強い、黒の紙!
黒色の折り紙は、色の薄いものと比べて、染料が多く染み込んでいます。


紙を両手で持ってペラペラしてみると、しっかりした質感がわかると思います。


紫・緑・青など、色の濃いものも同じ。


ピンクや白色と比べると、柔らかさが違うので、ぜひ試してみてください。


❷独特の厚みを攻略しよう
黒い紙は、色の薄い紙と比べて、折りやすさも違います。


厚くてかたく、紙が開きやすい。
しっかり折ったつもりでも、時間を置くとかなり戻っています。


紙の繊維の全てつぶすほど強力にプレスするか、いっそのことノリに頼るのもアリ。


また、紙の厚みもネック。
複雑な作品は、終盤に苦労します。
いつもより時間をかけて、慎重に折りましょう。


可能なら、初めから大きいサイズを選ぶのがオススメです。


❸染料がはげた時の対策
紙を酷使すると、だんだん染料が落ちて白くなり、目立ってしまうんですよね。


皆さんも、経験があるんじゃないでしょうか。複雑な作品を折ると、だいたいこの問題に直面します。


根本的な解決は、紙を徹底的にいたわって折るしかない気がします。


そこで!
ちょっと邪道かもしれませんが…
白くなった部分をマジックで塗りつぶすと、意外と隠せます。


遠目に見ると、まったく分かりません。
プレゼント用はダメですが、幼稚園のカベなどに飾る場合はイケるかも!?


♦︎♦︎♦︎


はい。
というわけで、「黒の日」にちなんだ「黒い折り紙特集でございました。


今回のコラムは、教育折り紙のような洋紙を想定してます。


ちなみに和紙の折り紙なら、繊維そのものに色がついていることが多いので、色落ちの心配はありません。


洋紙とはまた違った、柔らかい雰囲気になります。


時間があればぜひ、試してみてくださいね^^

 

<素材紹介>

①トーヨー単色折り紙「黒」

②ショウワグリム 教育折り紙

ブラックならではのシブい質感は、クセになります。何を折っても、意外ときれいに仕上がるんですよね。黒光りしてかっこいいです。ぜひお試しあれ。