まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

アイロンがけは折り紙に通ず!? 〜まさにぃ、アイロン論を語る〜

f:id:masanii_origami:20180826210216j:image
今日は、ちなちゃんが折ってくれた「シャツ」をご紹介。


この題材は、私が昔から知っているもの。
ちなちゃんと一緒に折ったところ、彼女がアレンジして「たたんだシャツ」を作ってくれました。


完成したシャツの3方を折っただけなのに、別の作品みたいですね。


そのまま、小さなタンスにしまえそうです。このアイディアはなかったなぁ。

f:id:masanii_origami:20180826210236j:image


ところで。
私の平日の日課は、シャツのアイロンがけです。
アイロンがけって、折り紙に通じるものがあると思いませんか?


❶アイロンがけは、お好きですか?
❷女性ものは高難度
❸まさにぃの愛用機
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶アイロンがけは、お好きですか?
私は仕事でいつもワイシャツを着るのですが、前日の夜にアイロンをかけます。


朝からぱりっとした洋服を着るのは、気分が良いですよね。


「キッチリ縫い目どおりにシワを伸ばす」というのは、折り紙作品が完璧に仕上がった時の快感に似ています。


袖から襟から、パンツインする端の方まで徹底的にシワを伸ばして、買ったばかりの状態になったシャツをハンガーにかける。


そう、これですよ、これ!


❷女性ものは高難度
最近、妻の衣類もアイロンがけを頼まれるようになりました。


女性の衣類は、見た目の割に布が多く、生地が薄いので、男性のものより難しいです。


特に、ゆるっとしたスカートっぽいズボン。
アレは結構時間がかかります。


シワを1箇所やっつけたと思ったら、次から次へと新たなヒダが発見される。


しかし苦労したぶん、Before-Afterの違いは歴然。


妻がどこまでチェックしてるか不明ですが、なかなか達成感のある素材です。


❸まさにぃの愛用機
私は社会人になってから8年くらい、ずっとコードレスを愛用しています(現在のは2台目)。なおかつ、プレス面の前後が両方とも尖っているもの。

 

(探してみたら、まだ売ってました。私はコレの赤色を使っています。)


うっとうしいコードがなく、両方向に滑らせることができると、ストレスが全然違うんですよねー。


アイロン台は、腰までの高さがあるもの。立ったままできるので、座ってやるよりも手軽です。


♦︎♦︎♦︎


…よし、この辺でやめておこう。
だんだんビッ●カメラの回し者みたいになってきました。


「アイロンがけは折り紙に通ずる」とか言っといて、どんどん遠ざかってしまいました。すいません。


さて、明日は月曜日。
ワイシャツにアイロンかけよーっと。