まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

小学3年生の新星、たけるくんの昆虫折り紙!

今日紹介するのは、小学3年生のたけるくん。


作ってくれたのは、こちらの2つ。


土戸英二「コノハムシ」

f:id:masanii_origami:20180817230058j:image
(出典:月刊おりがみ8月号)
私が購読しているテキスト。


桃谷好英「ゲンゴロウ

f:id:masanii_origami:20180817230111j:image
(出典:誠文堂新光社「虫のおりがみ」)
たけるくんが、図書館から借りてきたもの。

f:id:masanii_origami:20180817230124j:image


彼はもともと自宅でよく折り紙をやっていたそうで、とっても上手にできています。


さて、今日のコラムは、彼との出会いについて。


❶お母様からの電話
❷1番のサポーターは、ご両親。
❸新しい仲間との出会い
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶お母様からの電話
彼と出会ったのは、今年の2月。


昨年の夏、とあるローカルメディアで私のことを紹介してもらったのですが、たけるくんのお母様が、その記事を見て私に連絡をくれたのがきっかけです。


それから、単発の講座に何回か来てくれたのですが、連絡先を聞くのを忘れてしまい、定期講座にお誘いできませんでした。


しばらく時間が空いてしまって申し訳なかったのですが、先月、図書館のイベントで再会することができました。


こうしてまたお会いできて、とっても嬉しいです。これからも、よろしね。


❷1番のサポーターは、ご両親。
たけるくんのお母様は、いつも隣に座って、彼の頑張りを見守っています。


彼が迷った時には一緒に考えてあげたり、上手くできた時には、褒めてあげたり。


お父様とも一度お会いしたことがありますが、同じように彼のことを応援しているようでした。


お二人とも、全面的に彼のことを認めてあげている、というのが、一瞬で伝わってきます。見ていて、幸せな気持ちになるくらい。


たけるくんは初めて会った時から上手でしたし、新しいこともスルスルと吸収していきます。


ご両親の温かいエールが、彼の背中を押しているのでしょう。


❸新しい仲間との出会い
たけるくんは、今後もウチの定期講座に参加してくれるとのこと。ありがとうございます。


講座には、彼の2つ上(5年生)の先輩が来ています。いっくんと、ちなちゃんです。


どちらも、学校でトップクラスの実力者。たけるくんにとって、良き先輩・よきライバルとなるでしょう。


2人と同じ小学5年生になるころ、たけるくんがどのように変わっているか、今から楽しみです。


♦︎♦︎♦︎


ということで、今後の活躍が楽しみな、たけるくんの話題でした。


あと、そういえば。
彼はずっと一人で折り紙をやっていたそうですが、最近、同じクラスに折り紙友達ができたそうです。


本当に良かったね、たけるくん。
これからも、素敵な折り紙ライフを!

 

<テキスト紹介>

月刊おりがみ516号(8月号)

「コノハムシ」の出典はこちら。

昆虫がたくさん載っています。夏の代名詞「ひまわり」なども収録。

桃谷好英「虫のおりがみ」

ゲンゴロウの出典はこちら。

少し古い本です。折り図にクセがありますが、ユニークな仕上がりの作品も多く、一見の価値あり。