まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

夏の折り紙は昆虫が熱い。月刊おりがみ8月号は要チェック!

f:id:masanii_origami:20180813230746j:image

木村哲夫「クワガタとカブトムシ」


今日は、初めて講座に来てくれた男の子、ひかるくんの作品をご紹介。


年齢聞くの忘れちゃったけど…確かまだ幼稚園だった気がします。違ってたらごめんね。


ちなみに手前のカラフルなやつは、途中で来てくれた大人の方が折ったもの。


テーブルの木目ともマッチして、いい感じにリアリティが出ています。


出典は、月刊おりがみ8月号(516号)。
タイトルは「ハッピーサマー」


今回の作品のほかにも「コノハムシ」「バッタ」などの昆虫や、お子さんが喜びそうな「三葉虫」「ひまわり」など、夏の題材が盛りだくさんのテキストです。


ということで、今日のコラムでございます。


❶飛び入り参加の男の子。
❷恐竜よりも昆虫が熱い。
❸繋がる縁のありがたさ。
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶飛び入り参加の男の子。
私たちがいつも部屋を取っている施設には、ロビーにフリー折り紙スペースがあります。


私が定期講座の準備のため、早めに会場入りした時のこと。


ロビーで男の子が一人、折り紙をしていました。


お兄ちゃんは、隣のグランドでサッカーの試合、お母様はその引率。その子(ひかるくん)は、終わるまで留守番をするんだとか。


まだ時間もありそうだし、せっかくなので講座に誘ってみたところ、ちょっと緊張しながら会場に来てくれました。


❷恐竜よりも昆虫が熱い。
さて、まだ誰も来ていないし、何を折ろうか?
と考えていると…


ひかるくん、さっきからお母様のスマホでテレビを観ていると思ったら、夏休みの昆虫特番でした。


昆虫好きの少年が折り紙をしている…ということは!


はい、カブトムシ一択ですね。
恐竜の本も見せたけど、 やはり昆虫推しでございました。


昆虫というと、脚6本や細部まで表現したような複雑なものが多い気がしますが、今回の題材はサクサク作ることができました。


クワガタよりもカブトムシに苦戦していましたが、どちらも短時間で完成。


羽根が開くギミックがお気に入りで、とりわけ嬉しそうでした。


❸繋がる縁のありがたさ。
サッカーの試合が一段落したらしく、途中からお母様が顔を出してくれました。


なんでも、家で毎日折り紙をやっているそうです。


折り図の理解も早いし、手つきも慣れてるなーと思ったら、そういうわけだったんですね。


「壁に貼ったら部屋が夏っぽくなりますよ」
「段ボールの内側でジオラマが作れますよ」


などなど、色々アドバイスさせていただいたところ、興味深そうに聞いてくださいました。


お子さんが折り紙に熱中するのを、いつも優しく見守ってあげているのかな、という印象を受けました。温かいご家庭の様子が目に浮かびます。


今回は飛び入り参加でしたが、今後の活動にも興味を持ってくれたようです。


新しい繋がりが、また一つ増えて嬉しいです^^

 

<テキスト紹介>

月刊おりがみ516号

今回の「クワガタとカブトムシ」をはじめ、夏の題材が満載。

暑い日のインドア工作や、自由研究にいかがですか?