まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙プレイヤー・たいせいくん。ヤバイ作品の数々に衝撃!

f:id:masanii_origami:20180731004856j:image

「折り紙教室 in 図書館」の作品紹介。


第4弾は、小学5年生のたいせいくん。
お母様と妹さんの3人で来てくれました。


私が定期的にやっている講座のメンバー、うさこさんの紹介とのこと。


なんでも、私のInstagramを見て「これ僕も折れる!」と宣言していたらしい。こりゃあ期待が膨らみます。


この日をとても楽しみにしていてくれたそうで、渾身の力作をたくさん持ってきてくれました。


ということで、今日はそんな彼らにフォーカスしてみましょう。


❶一つ一つがヤバイ。
❷いっくん・ちなちゃんもビビる。
❸新たな出会い


では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶一つ一つがヤバイ。
たいせいくんが紙袋に詰め込んで持ってきたのは、大人もビビる大作の数々。


◯宮島登「死神」

f:id:masanii_origami:20180731004722j:image

(出典:端正な折り紙)


◯宮本宙也「トライホーン・ドラゴン」

f:id:masanii_origami:20180731004736j:image

(出典:端正な折り紙)


◯吉野一生「ティラノサウルス全身骨格」

f:id:masanii_origami:20180731004755j:image

(出典:秀麗な折り紙)


◯福井久男「リス」

f:id:masanii_origami:20180731004807j:image

(出典:リアル折り紙 陸を歩くいきもの編)
※これは、当日に妹さんが作ったもの。


いやぁ、すごい!
「死神」は私も未経験ですが、めちゃめちゃ難しいと聞いています。たいせいくんに、先を越されてしまいました。


そして、「リス」を折ってくれた妹さん。
そもそも「リアル折り紙」というテキストは、普通の小学生は開始10分で挫折するレベルです。


会場に居合わせた大人も含めて、この2人だけ明らかに別次元でした。


❷いっくん・ちなちゃんもビビる。
私が月に数回やっている定期講座では、小学5年生のいっくん・ちなちゃんがツートップ。 


たいせいくんも同じ5年生ですが、2人とも彼が持ってきた作品に衝撃を受けていました。


いっくんは、あじさい折り「斜め折り四段ピラミッド」の名手。


一方で、ちなちゃんも「バラ」や「ダリア」など、高難度のレパートリーをいくつも持っています。


でも、ウチの講座には、ここまで本格的な複雑系プレイヤーはいなかったもんね。


いっくん・ちなちゃんにとって、新たなライバルの出現となりました。


❸新たな出会い
たいせいくんは、いっくんが得意としている「あじさい折り」を知らなかったようです。


そして何より、折り紙好きな同級生と出会えたことが、大きな収穫だったのではないでしょうか。


この日は3人にとって、とても良い刺激になったと思います。がっつり話をする機会はありませんでしたが、今後も交流を深めていってほしいですね。


♦︎♦︎♦︎


たいせいくん・いっくん・ちなちゃんの3人を見ていて、私が小学5年生の頃を思い出していました。


当時、唯一のライバルだった兄をのぞいて、周りに折り紙仲間は一人もいなかった気がします。
(兄の話は、4月3日のコラムで少し触れています)

松野幸彦「ハイヒール」と、兄の話。 - まさにぃの折り紙コラム


こんなに早くから仲間に恵まれた彼らは、この先どんな未来が待っているのでしょうか。

楽しみでなりません。

 

<テキスト紹介>

「端正な折り紙」

死神、トライホーン・ドラゴンの出典はこちら。

「秀麗な折り紙」

ティラノサウルス全身骨格の出典はこちら。

「リアル折り紙 陸を歩くいきもの編」

リスの出典はこちら。