まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙初心者でもOK! 登山シーズンを前に、かわいい富士山はいかが?

f:id:masanii_origami:20180720235453j:image

山梨明子「富士山」


出典は「端正な折り紙」。いっくんから借りていたテキストです。

f:id:masanii_origami:20180720235638j:image

手乗りでかわいい。


前回の講座で、彼から「ナットとボルトを折ってほしい」とのリクエストをいただいたので、四苦八苦しながら完成させたところ。
(詳しくは、7月10日の記事をご覧ください↓)

David Brill「ナットとボルト」 - まさにぃの折り紙コラム


せっかく良いテキストをお借りしているので、他にも何か折ってみようと物色していたら、コレを見つけました。


難度①だし、シンプルでかわいいし、何より普通サイズ(15cm×15cm)でもイケそう。


さて、今日は作品の解説と、しょーもない話をひとつ。


❶不安な人は、大きな紙で。
❷いろいろ応用できそう!
電気グルーヴの「富士山」を聴いてみた
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶不安な人は、大きな紙で。
難度①とはいえ、「端正な折り紙」そのものが中級〜上級者向けのテキスト。


テキストの解説は丁寧ですが、立体的な折り方が出てくるので、ちょっと難しく感じる方もいるかもしれません。


推奨は15cm×15cmとのことですが、不安な方はもう少し大きいサイズでやってみましょう。難度がグッと下がります。


❷いろいろ応用できそう!
この作品は、最後にてっぺんをボコっと沈ませて、噴火口を作っています。


もちろん、青系の色で作れば「富士山」。他にも、カラフルな絵柄で作って、小物入れとして使っている例もありました。


また、ある人は、沈め折りをせずに、白い部分に顔を描いて「小人」として紹介しています。


アイディア次第で、アレンジの幅が広がりそうですね^^

 

電気グルーヴの「富士山」を聴いてみた
妻に「富士山のネタって何かある?」と聞いてみました。


すると、電気グルーヴが「富士山」という曲を出しているとのこと。


早速YouTubeで探すと…


富士山!富士山!
高いぞ高いぞ富・士・山!!


と連呼したり、富士山の着ぐるみから煙が出てきたり、とってもクレイジーな曲でした。


しかし、さすがテクノ界の大御所、ビートはめちゃめちゃカッコいい。


みんな、ぜひ視てみてね。


♦︎♦︎♦︎


最後は折り紙と全然関係ありませんでしたね。今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。


これが載っていた「端正な折り紙」には、他にも面白い作品がたくさんありました。


いっくんに返す前に、いくつかチャレンジしてみようかな^^

 

<テキスト紹介>

山口真「端正な折り紙」

タイトルの通り、惚れ惚れする作品がズラリ。

世界中の作家たちが生み出した力作がたくさん載っています。

中~上級者向け。

 

兄弟作「秀麗な折り紙」もオススメ。