まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

松野幸彦「ハイヒール」と、兄の話。

f:id:masanii_origami:20180403214650j:image

先日届いた「月刊おりがみ513号」をパラパラとめくっていたら、イイものが見つかったので折ってみました。サイズは15cm×15cm。

 

後ろに写っているのは、友人から貰ったウイスキーです。うまかった。

 

足の甲の柄は、ある程度アレンジできます。縁のところの厚みとか、足のラインに合わせた曲線とか、よくできてます。これはイイ。

f:id:masanii_origami:20180403214701j:image

 

私が折り紙の世界に足を踏み入れた背景としては、実家に折り紙の本がたくさんあったのが大きいです。その中には、私が生まれる前の「月刊おりがみ」もありました。

 

講師資格の取得をきっかけに購読を始めましたが、513号ってことは創刊から40年以上も続いてるんですね。毎月毎月、新しい作品が紹介されています。

 

 

小さい頃、私と兄で難しい題材を探しては、競うように折っていたのが懐かしいです。そしていつの間にか兄は折り紙から離れ、私は続けました。

 

…と、思ったら。
今ヤツは高校教師なのですが、キャンプの引率中に山小屋とてつもなく暇だった時、YouTubeを見ながらカブトムシを折ったそうです。なんだ健在じゃん。

 

皆が折った作品は破棄されたそうですが、カブトムシだけは生き残ったんだとか。それガチなやつじゃん。

 

さらに、先日久しぶりに兄と会った際、ヤツは私が箸袋で折ったものを一瞬でコピーしていました。

 

折り紙の沼は、やはり深かったようです。

どこかで彼の作品も紹介できるといいですね。