まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙のクラゲと、生物部の思い出。

f:id:masanii_origami:20180911221931j:image

まつもとかずや「ミズクラゲ(Aurelia)」


うん、かわいい!

f:id:masanii_origami:20180911222527j:image
真上から見ると、おだんごみたいですね。

f:id:masanii_origami:20180911222538j:image
かわいい割には裏側がリアルだったり、透かすと生殖腺が見えたり、芸が細かい。

f:id:masanii_origami:20180911222548j:image
所々に、生き物好きの心をくすぐるポイントがあります。

f:id:masanii_origami:20180911222600j:image
折り紙のサイズは15cm×15cm。
爪楊枝と比べたら小さく見えますが、意外と素手でサクサク作れます。


出典は、まつもとかずや氏の「ちびおりシリーズ 現生/古生 海棲動物」という折り図。


いただきものなので、詳細は不明です。折り図をお見せしたいところですが…ここでは控えさせていただきます。ごめんね。


さて、今日は折り紙から寄り道。
この折り図をくれたのは、高校の生物部のメンバーです。
今日は当時の思い出を、ちょっとだけ振り返ってみました。


❶クラゲといえば合宿
❷同窓会は「磯集合」
❸まさにぃブログの原点
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶クラゲといえば合宿
生物部では、毎年夏に海で合宿をしていました。


そこでしょっちゅう出くわしていたのが、数々のクラゲたち。


タコクラゲの子供がピョコピョコ泳いでいるのがかわいくて、みんなで追いかけていた覚えがあります。


ミズクラゲは…プルプルした死骸がたくさん転がっていました。あれは異様な光景だったなぁ…


❷同窓会は「磯集合」
あの時一緒に過ごした面々は、卒業から10年以上経った今でも付き合いがあります。


普通の同窓会と違うのは、軍手とマリンシューズを持参して、昼前から磯で採集活動をするところ。


ヤドカリを眺める人、カニを追いかける人、きれいなウミウシを見つける人。


当時の顧問の先生まで、一緒に岩の下をガサガサ。


お酒が飲める年齢になったこと以外は、みんな当時とあまり変わらない気がします。


❸まさにぃブログの原点
この記事を書いていて、当時の「部誌」を思い出しました。


1日1回くらい、部員がノートに何かしら書き込んでいくやつ。


絵を描いたり、植物のマニアックな生態を説明したり、みんなやりたい放題やっていたのですが…


そういえば、私が誰かに向けて「記事」を発信するのは、あれが初めてだったんじゃないか?


このコラムの原点を意外なところで発見して、何だか感慨深くなりました。

 

【9/12追記・編集】

テキストが見つかりました。

「DL Market」というサイトで500円で売っています。データでダウンロードできるので便利です。

lesson.dlmarket.jp

<素材紹介>

いつも使っている折り紙素材をどうぞ^^