まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

ちなちゃん先生、大人たちに川崎ローズを仕込むの巻

f:id:masanii_origami:20180812221431j:image

ウチの定期講座に来てくれている、小学5年生のちなちゃん。


講座のメンバーが少しずつ増えていく中で、だんだん先輩になってきました。


作品のクオリティはもちろん、初心者にも丁寧に教える優しさや、自身の作品をみんなに配るサービス精神などもあり、すっかり講座の人気者になっています。


彼女が特に上手なのは、川崎敏和氏の「バラ」。いわゆる「川崎ローズ」としても有名な作品です。


さて。
この日はいつも以上に、ちなちゃんのバラが注目されていたみたいですよ。


❶自作のブーケが大人気!
❷宝石のような金のバラ
❸教えて、ちなちゃん先生!
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶自作のブーケが大人気!
居合わせたメンバーの視線を集めたのは、いくつものバラを束ねたブーケ。
f:id:masanii_origami:20180812221510j:image


パステルカラーのバラの花束が、ぱりっとしたフィルムに包まれていて、とっても上品です。


ちなちゃん曰く「外側は、バラよりも時間がかかった」とのこと。


うん、すごいよ、マジで。
そんなオシャレな発想、私には無理です。


そのまま展示会に出してもいいくらいのクオリティに、皆が驚いていました。


❷宝石のような金のバラ
この日は開始早々に、金ホイル紙で作ったバラを見せてくれました。
f:id:masanii_origami:20180812221527j:image


仕上がりの綺麗さにびっくり。
先月に折ってくれた銀色のバラも上手でしたが、さらに完成度が上がった気がします。


何より、曲線がうまい。
ふんわりした質感が、よりバラらしい仕上がりを演出しています。


デリケートなホイル紙を、ここまで自然に仕上げるのって、大人でもなかなかできないですよね。


❸教えて、ちなちゃん先生!
この日は、「ちなちゃんに、バラを教わりたい」というお母様方が続出。


急遽、2〜3人を相手に、バラ折り講座を引き受けることに。


立体的に組み上げる工程では、「先生、できません!」と、全員が苦戦していた模様。


しかし、ちなちゃんが実演しながら丁寧に解説してくれたおかげで、全員が無事に完成させることができました。


バラの難しさを身をもって知ったお母様方は、ちなちゃんの作った美しいバラの数々に、改めて驚いていました。


ちなちゃんのファンが、また増えそうですね。

f:id:masanii_origami:20180812221431j:image


♦︎♦︎♦︎


講座の中では、大人が子どもに折り紙を教わるシーンをよく見かけます。


お子さんの自信にもなるし、親御さんにとっても新しい発見になります。何より、お互いの表情がとってもキラキラしているんですよね。


また、私もそんな光景を見ていて、「こんな教え方があるのか」と勉強になることも多いです。


こんな風に、折り紙を通じた交流が、さまざまな形で広がっていくのは、とても嬉しいです。


これからも、色々な人たちに折り紙を楽しんでもらいたいと思います。

 

<テキスト紹介>

川崎敏和「折り紙夢WORLD」

今回のバラの出典はこちら。

他にも「巻き貝」「桜玉」など、名作ぞろいの一冊です。